• TOP
  • 渡邉恒雄

渡邉恒雄一覧

【渡邉恒雄】に関するニュースを集めたページです。

渡辺恒雄氏は御年93歳(共同通信社)

読売・渡辺恒雄氏 入社式で「我が社の経営は盤石」の根拠

「経営があまり安定していない社もありますが(中略)あなた方は読売新聞に入った以上、一生苦労はしません」 新入社員76人を前に熱弁を振…

2020.05.23 07:00  週刊ポスト

週刊ポスト 2020年6月5日号目次

週刊ポスト 2020年6月5日号目次

週刊ポスト 2020年6月5日号目次安倍の「コロナ禍火事場泥棒」すべて書く・どさくさまぎれの「年金75歳支給」を撃つ!・安倍官邸「反政府ニ…

2020.05.22 07:00  週刊ポスト

投手としてだけでなく、打者としても活躍した関根潤三さん(写真:時事通信フォト)

近鉄パールス消滅の危機を救った関根潤三さんの打者転向

 戦後の混乱期にプロ野球選手となり、近鉄で投手、打者として活躍した関根潤三さんが4月9日、老衰のため逝去した。93歳だった。 大谷翔平…

2020.04.13 16:00  NEWSポストセブン

猛虎戦士にも触手?(時事通信フォト)

巨人・阿部監督路線進むも「松井秀喜監督」を諦めない理由

 クライマックスシリーズ(CS)、その先の日本シリーズを見据える巨人。復帰1年目から「日本一」を狙う原辰徳監督の名声は高まるばかりだが…

2019.10.08 07:00  週刊ポスト

巨人、将来の「阿部監督」に備え内海や長野の再獲得視野か

巨人、将来の「阿部監督」に備え内海や長野の再獲得視野か

「日本一になって、嬉し涙で終えられたら」。今季限りでの現役引退を表明したプロ野球・巨人の阿部慎之助(40)は、リーグ優勝の祝賀会でそ…

2019.10.07 16:00  週刊ポスト

首相もむげにはできない(共同通信社)

読売会長(73)がスイス大使に、パーティ出席等で月収200…

 季節外れに異例の人事である。安倍内閣は8月30日の閣議で、読売新聞グループ本社の白石興二郎会長(73)をスイス大使に充てる人事を決定し…

2019.09.11 07:00  週刊ポスト

福田との連立協議(AFP=時事)

幻の自民・民主大連立構想 仲介者は渡辺恒雄氏だった

 激動の平成政界史の中に、「幻の自民・民主大連立構想」がある。小泉純一郎氏が総裁任期満了で首相の座から退陣すると、第1次安倍晋三内閣…

2019.05.16 07:00  週刊ポスト

渡辺恒雄氏 なぜ一介の番記者から総理動かす政治力持ったか

渡辺恒雄氏 なぜ一介の番記者から総理動かす政治力持っ…

 この人物の“長き不在”が永田町に大きな波紋を広げている。「ナベツネ」こと渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆(92)だ。 言…

2018.11.26 07:00  週刊ポスト

安倍首相 メディア幹部と積極会食し巧妙に操縦、その参加者

安倍首相 メディア幹部と積極会食し巧妙に操縦、その参…

 安倍晋三・首相は再登板以来、メディアの幹部と積極的に会食し、懐柔の手段としてきた。新聞・テレビの論説委員クラスや政治評論家には、…

2018.09.06 07:00  週刊ポスト

巨人次期監督候補に浮上、中畑清氏と原辰徳氏 37年間の因縁

巨人次期監督候補に浮上、中畑清氏と原辰徳氏 37年間の…

 日本シリーズ出場の可能性を残してはいるものの、ひどい負け方が続く読売巨人軍。高橋由伸・監督(43)の責任論に火がつき、次は誰か……名…

2018.09.05 16:00  週刊ポスト

巨人・中畑監督誕生なら松井氏を招聘できるこれだけの根拠

巨人・中畑監督誕生なら松井氏を招聘できるこれだけの根拠

「おいヨシノブ! 長嶋さんが悲しんでるぞ」──東京ドームに辛辣なヤジが響く。入院中の長嶋茂雄氏を元気づけるにはほど遠い惨状に、ファン…

2018.09.03 16:00  週刊ポスト

病床の長嶋氏が熱望すれば巨人・松井監督誕生の可能性も

病床の長嶋氏が熱望すれば巨人・松井監督誕生の可能性も

 都内にある大学病院の上層階の一室に、今も“ミスター”こと長嶋茂雄氏(82)の姿はある。入院生活は、すでに1か月超──。 その容態を詳しく…

2018.08.22 07:00  週刊ポスト

巨人賭博問題 球界復帰困難な3選手と高木京介の運命の落差

巨人賭博問題 球界復帰困難な3選手と高木京介の運命の落差

 SNSでの全裸乱痴気騒ぎの動画公開や同僚の野球用具の窃盗など、6月以降に相次いで発覚した不祥事によって、読売巨人軍の7代目オーナー・老…

2018.07.26 07:00  週刊ポスト

巨人の待遇格差 原、由伸らスターの不祥事には寛大な歴史

巨人の待遇格差 原、由伸らスターの不祥事には寛大な歴史

 読売巨人軍のスキャンダルを振り返ると、そこには「ドラ1エリート」は守られ、「二軍選手」は斬り捨てる歴史が繰り返されてきた。「選手待…

2018.07.25 07:00  週刊ポスト

巨人二軍選手の不祥事背景に「どうせ一軍に上がれない」環境も

巨人二軍選手の不祥事背景に「どうせ一軍に上がれない」…

 巨人軍には、スター選手に関する不祥事ほど寛大に接する「伝統」がある。巨額の借金も肩代わりするし、破廉恥事件も穏便に済ます。そんな…

2018.07.24 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス