ライフ

食品添加物「ガムベース」や「イーストフード」とは一体何?

pH調整剤は市販のおにぎりのほとんどで使われている(イラスト/飛鳥幸子)

 国が安全性を認めているものしか使用できない「食品添加物」だが、摂取し続けることのリスクを指摘する専門家も少なくない。さらに、食品の「原材料表示」において、食品添加物の一部は“一括名”での表示が認められている。つまり、表示だけを見ても具体的にどんな添加物が含まれているかわからないこともあるというわけだ。

◆「保存料不使用」であっても、大量の物質が添加されている!?

 加工食品の原材料表示は、食品表示法に基づく食品表示基準により、使用した原材料をすべて重量順に、そのあと添加物を重量順に表示するのが原則とされている。しかし、複数の添加物を組み合わせることで効果を発揮する添加物も存在し、その場合は、詳細を明らかにせずに一括で表示できてしまう。食品ジャーナリストの郡司和夫さんはこう話す。

「最近は保存料を避ける消費者も多いことから、『保存料不使用』を打ち出す一方で、『pH調整剤』という添加物が使われることが増えました。保存料のように細菌の細胞膜を破壊したり、変質させたりするのではなく、食品のpH(水素イオン指数)を中性に保つことで腐敗菌などの増殖を抑え、保存効果を高める『日持向上剤』として使われています」

 問題は、あまりにも多くの食品で使われていること。

「pH調整剤は特定の物質を指すのではなく、グリシン、クエン酸、フマル酸、リン酸など複数の添加物を組み合わせて作られており、あらゆる雑菌の増殖を防ぎます。ソルビン酸と違って、使用限度も設けられていません。pH調整剤を摂りすぎると、腸の中の善玉菌など、体内の常在菌の働きを阻害する恐れがあるのではないかという指摘もあります」(郡司さん)

◆大量摂取で嘔吐や昏睡も「イーストフード」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン