ビジネス

東京モーターショーの落日 注目度ダダ下がりの2つの要因

来場者数が全盛期の半分以下になってしまった東京モーターショー(時事通信フォト)

来場者数が全盛期の半分以下になってしまった東京モーターショー(時事通信フォト)

 今年は2年に一度となる東京モーターショーの開催年であり、10月24日~11月4日にかけて46回目の開催が予定されている。しかし、その東京モーターショーは、かつての輝きを失いつつある。それには、いくつかの要因があった。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

 * * *
 かつての東京モーターショーは“世界5大ショー”と呼ばれ、非常に高い注目度を誇っていた。昭和の終わりから平成初期にかけては、毎回の来場者数が100万人を超えており、平成3年には過去最高の201万8500人の来場者を記録している。

 ところがリーマンショックを経た2009年以降、その来場者数は激減。近年はだいたい70~90万人というところ。往年と比べると、なんとも悲しい状況に陥ってしまった。まさに落日の様相を呈している。

 では、いったい、なぜ東京モーターショーは、そんな状況になってしまったのか。それには、2つの大きな理由があると言えるだろう。

 最初の理由は、世界市場における日本の地位低下だ。昭和の時代から平成の初期にかけて、日本の自動車市場は、北米に次ぎ、欧州と肩を並べる大きな存在感を放っていた。ところが平成になって中国市場が爆発的に拡大して北米を抜いてしまった。

 他にも、アセアンなどの新しい市場も着実に成長してきた。そうした新興市場でもモーターショーは当然のように開催されるため、新たなライバルが登場したことで相対的に東京モーターショーの注目度が下がってしまったのだ。

 2つ目の理由は、モーターショー自体の存在意義の低下だ。インターネットが普及する前は、各国で開催されるモーターショーは、世界各地のメディアが一堂に介する場であった。そこで新型車を発表すれば、効率的に世界中に情報を伝達できる。

 しかし、インターネットの登場ですっかり様子は変わってしまった。新型車の発表をインターネットで世界同時中継することも可能となったのだ。そのため、わざわざモーターショーで、何かを発表する意味合いは低下してしまった。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン