ライフ

自律神経が整い代謝も良くなる…横隔膜刺激の多数の効果

息を吸うと、肋骨の裏表にある肋間筋が伸縮し、肺が横に広がる(写真/アフロ)

 運動の秋──。スポーツを楽しむのに最適な時期になりました。でも最近、「運動をしても汗をかきにくい」なんてことはないだろうか? これは肺がしっかり膨らまず、充分な酸素を体内に取り込めていないせい。酸欠でエネルギー源となる栄養素を燃やせないと汗は出ないんです! そこで、たくさんの酸素が吸える“肺の鍛え方”をビューティースペシャリストの夜久ルミ子さんに教えてもらった。1回1分やるだけで“燃える人間”になれるかも。

◆横隔膜を使役すると肺が膨らむように

「きちんと食べて運動もしているのに汗が出ず、やせにくいという人は、酸素が足りていない可能性があります」と、夜久さんは言う(「」内、以下同)。

 3大熱量素と呼ばれる、たんぱく質(アミノ酸)、炭水化物(ブドウ糖)、脂肪は、酸素によって燃やされ、エネルギーとなって二酸化炭素と水に分解される。この水が主に汗となる。汗が出にくいというのは、体内に酸素が足りず、エネルギーをきちんと燃やせていない証拠だという。

「体内にたくさんの酸素を取り込むには、肺を大きく膨らまさなくてはなりません。しかし、肺はただの“袋”。自力で動かない器官なので鍛えられません。肺は、肋骨の表と裏にある内肋間筋、外肋間筋、そして肋骨の下部に張りついている横隔膜という主に3つの筋肉で呼吸運動をしています。横隔膜と2つの肋間筋は連動しているため、横隔膜が伸縮すれば、自然と肋間筋も動いて鍛えられ、肺を大きく膨らませられるようになります」

 息を吸うと、肋骨の表裏にある肋間筋が伸縮し、肺が横に広がる。同時に横隔膜が縮んで下がるため、肺は広がり、酸素を取り込みやすくなる。一方、息を吐く(二酸化炭素を排出する)時は横隔膜が伸びて肺が押し上げられる。

 つまり、横隔膜を伸縮しやすくすると、体内に酸素を取り入れやすくなるというわけだ。しかし、悪い姿勢を続けるなどして血流が滞ると横隔膜も硬くなり、伸縮しにくくなる。横隔膜はこまめに刺激し、ゆるめる必要がある。

「横隔膜をゆるめるには、肋骨の裏側を触るイメージで、肋骨のへりに沿って指を差し込みます。血流が悪いと、指が入りにくいかもしれません。それこそ、横隔膜も伸縮しにくい状態。毎日続ければ、ほぐれて指が入りやすくなりますよ」

 豊富な酸素で体内が満たされれば、脂肪などが燃えやすくなって代謝と血流がよくなり、やせやすい体になるほか、肌がきれいになり、肩こりや腰痛も改善するという。

◆肺が膨らむと自律神経も整う

 さらに、肺を大きく膨らませることは、自律神経の調整にもつながる。

「緊張したりストレスを感じた時、深呼吸をするとリラックスしませんか? これは肺を大きく膨らませることによって副交感神経が優位に働くため。副交感神経には体の緊張をゆるめる機能があります。深く呼吸をすれば、リラックス効果が高まり、不眠の解消にもつながります」

 息をきちんと吸う──。これだけでさまざまな不調に対応できるのだ。

※女性セブン2019年10月10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン