• TOP
  • 国内
  • 関電3億円還流事件 表に出ない「元助役」が頼った元身内

国内

2019.10.23 16:00  週刊ポスト

関電3億円還流事件 表に出ない「元助役」が頼った元身内

記者会見で頭を下げる関西電力の八木誠会長ら(時事通信フォト)

 高浜原発のある福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(2019年3月死去)から関西電力経営幹部が総額3億2000万円相当の金品を受け取っていた問題で、同社の八木誠会長の辞任が発表された(10月9日)。

 これまで、森山氏が過去に地元で力を持つ人権団体に籍を置いていたことや、関電内で「Mさん」と呼ばれ、原発誘致の際に地元のまとめ役を担っていたこと等が報じられてきたが、金銭受領の流れや、彼が関電に食い込んだ経緯を含めて、いまだ謎は多い。

「森山氏の後ろ盾となっていた黒幕に誰も迫っていないからです。この人物を掘り下げない限り、3億円還流の深層は見えてこない」

 そう語るのは、長年関電の原発誘致に関する取材を続けてきたジャーナリストの齊藤真氏だ。

「関電の元副社長、内藤千百里氏(2018年1月死去)です。1962年から芦原義重社長(当時)の秘書を務め、政財界に深いパイプを築いた内藤氏は、『関電最後のフィクサー』とも言われ、同社の政界工作を一手に担ってきた。

 関電が美浜、大飯、高浜と原発を作っていく過程で、内藤氏が目を付けたのが、地元に影響力を持つ森山氏だった。やがて2人は蜜月になり、内藤氏が政界工作をする傍ら、森山氏はその右腕として地元工作を担った。内藤氏の自宅に森山氏が頻繁に出入りしていたという証言もある。森山氏はこの内藤氏を後ろ盾に、関電本体に対しても影響力を強めていったのです」

 内藤氏は2014年に朝日新聞で、1972年から18年間にわたり、歴代首相に対して「毎年盆暮れに1000万円ずつ献金してきた」と告白し、波紋を呼んだ人物でもある。

「関電にとって森山氏の問題は、その背後にいた“元身内”に通じる頭の痛い問題です。だからこそ、このまま沈静化することを願っているのではないか」(齊藤氏)

 関電に内藤氏と森山氏の関係について聞くと、「両者の関係は承知していない」との回答だった。

※週刊ポスト2019年11月1日号

関連記事

トピックス