国際情報

「1分間で10万字読破」を謳う「量子速読」が中国で話題に

情報化社会の行く末は?

 インターネットにより情報へのアクセスは容易になった。だがその選別となるとまた別の話なのかもしれない。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 ある種の懐かしささえ覚えてしまうニュース映像である。画面の中では同じ色のスポーツシャツに身を包んだ小学生たちが、一列に並んで本のページをめくっている。

 こんな風に書けば、ごくありふれた小学校の授業風景の一つと思われるかもしれない。だが、そうではない。その児童たちの横にはそれぞれ同じ姿勢で子供たちを見守っている大人たちがいる。そして最も大きな違和感は、分厚い本のページをめくっている子供たちの異様なスピードなのだ。

 10月16日付『人民日報』のネットニュースに上がった記事では、〈1分間に10万字の本を読破? “量子速読”って誰が簡単に信じられるのか!〉とのタイトルがつけられていた。

 とにかく子供たちが分厚い本を読むスピードが尋常ではない。まるで、本に挟んでおいた紙きれでも探すような手際でめくってゆくのである。映像からも本のページが翻ることで風が起きていることも分かるのだ。『人民日報』がこれをニュースとして取り上げたのは、これがいまネットで大きな話題となっているからだ。

 6歳から10歳までの児童を対象にした速読法で、その名も「量子速読」である。

 タイトルからして同紙が怪しんでいることが伝わるのだが、記事中でも、「速くページをめくればめくるほど、あなたと宇宙との距離が縮まる」とか、「この方法は単に速読が可能ということにとどまらず、極めれば目を閉じていても本の内容が伝わるようになる」など、にわかには信じがたい売り文句がいくつも紹介されている。

 子供に少しでもアドバンテージを与えたいのは親心だが、何でも「量子」を付ければよいという話でもないだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト