ライフ

認知症の初期症状 「面倒くさい」「別にいい」等の口癖増加

その口癖が危ない(Getty Images)

 人生100年時代においてもはや認知症は“新たな国民病”といえるだろう。厚生労働省の推計によれば、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、全国の認知症患者が700万人にのぼり、65歳以上の5人に1人が認知症患者になるとみられている。予備群を含めると1000万人を超える日も遠くないとされる。認知症に詳しい蔵前協立診療所所長の原田文植医師が語る。

「現在、認知症の治療薬は存在せず、明確な予防法も確立されていません。ただ、認知症はある日、突然発症するのではなく、日々の暮らしのなかで少しずつ症状が顕在化していきます。患者さんに接していると、性格や生活習慣、日々の行動と症状の進行がリンクしていると感じることが多い」

 特定の言動のパターンがある人は、症状の進行が早くなる傾向がみられるという指摘である。原田医師が続ける。

「なかでも、わかりやすいサインのひとつが“口癖”です。自分の脳は、自分の発言を一番よく聞いている。たとえば、1日に何度も『物忘れがひどくて』という人は、『物忘れがひどい自分』を認め、どんどん症状が悪くなることを自ら容認しているわけです。口癖は自分の状況を“指さし確認”しているようなもので、繰り返し口にするほど、そちらに誘導されてしまう」

 2016年には世界80か国以上の研究者らで構成される「国際アルツハイマー病協会会議」が「軽度行動障害(MBI)」という指標を発表している。そこでは認知症の初期症状として「面倒くさい」「別にいい」などの口癖が増えることが挙げられている。おくむらメモリークリニック院長の奥村歩医師はこんな表現をする。

「私はよく『言葉は脳の状態を映す鏡』だといっています。認知症に進んでいく人は、早い段階から“悪い口癖”を言っていることが多い。逆に、いい口癖を身につけることで、進行を遅らせることも期待できます」

※週刊ポスト2019年11月22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
国葬当日も行われた反対デモ(時事通信フォト)
フィフィ、“国葬反対”デモ隊に違和感を表明「セレモニーで静かに送り出すのは全世界共通の道徳」
NEWSポストセブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン