テレビで映画を放送しない理由は、やはり前述したように「視聴率にかなりの落ち込みが見られる」から。かつて各局が映画専門の放送枠を持った時代がありましたが、現在では完全に消滅。「金曜ロードSHOW!」も「土曜プレミアム」も、映画だけでなく単発のスペシャルドラマやバラエティも放送される特番枠に変わるなど、映画のプライオリティは明らかに落ちているのです。

 視聴率が取れなくなった理由は、「視聴者を取り巻く環境が変わり、テレビと映画の親和性が崩れた」から。もともと映画はドラマと並んで「録画してじっくり見る」タイプのコンテンツであり、リアルタイムで見ることが前提の情報番組、バラエティ、スポーツ中継よりも不利な立場でした。その状況が録画機器の発達で、さらに進行したのです。

 また、映画専門の放送枠があるころはレンタル店のみがライバルでしたが、CSやBSでも多くの作品が見られるようになり、近年はネットの動画配信サービスで見る人が増えました。映画が好きな人ほど「テレビの地上波以外で見る」ように変わったのです。

 好みのジャンルが分かれるなど嗜好性の高いコンテンツである映画は、「見たいときに、見たいものを、見たい場所で」というユーザビリティの高さが重要。その点でテレビは動画配信サービスよりも圧倒的に不利であり、映画フリークたちの支持を得られていません。一方、一般の視聴者も「テレビではジブリなどの名作をイージーウォッチングするくらいでいい」と思っている人が多く、「話題作の地上波初放送ですら視聴率が取れない」というケースが多発しています。

 もう1つ、映画のテレビ放送が減っている理由として挙げておきたいのは、不便さとクレーム対策。テレビ局には番組表があり、前後の番組を踏まえて編成する上で、作品によって長さの異なる映画への対応は難しいものがあります。それに加えて近年は、「放送するならノーカットで」と求める視聴者の声が大きくなり、「なぜあのシーンをカットした?」「なぜここでCMを入れた?」などのクレームが少なくありません。

 分岐点の1つと言えるのが、2017年3月4日にフジテレビが放送した『アナと雪の女王』(今年11月15日の日本テレビ放送は3回目)。本編はノーカットで放送したものの、エンドロールを早送りにしつつ、その分を一般人、タレント、アナウンサーに歌わせ、別の映画をPRする演出も入れたことに批判が殺到したのです。視聴率19.7%を獲得してなお、大きな批判を受けたことで、各局はこれまで以上に慎重な姿勢を求められることになりました。

◆いまだキラーコンテンツを抱える日本テレビ

関連記事

トピックス

大学内のコンビニで買い物をされることもあるという(10月、東京・港区。写真/JMPA)
卒論提出間近の愛子さま、皇族の悲恋を描く『源氏物語』に夢中 不安定な登場人物に「親近感がある」と告白
女性セブン
永野の登場に泣き出すファンも多かった
永野芽郁の武道館イベント、坂口健太郎や斎藤工らがお忍び観覧 ビデオメッセージでは呼び捨て、兄妹みたいな“めいたろう”コンビ
女性セブン
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
《騒動拡大》『24時間テレビ』募金着服に怒りが広がる理由 視聴者が抱いていた「番組のあり方への疑問」に再点火も
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン