• TOP
  • 国内
  • 新宿ホスト殺人未遂裁判・詳報2 「風俗店で稼いで通った」

国内

2019.12.05 07:02  NEWSポストセブン

新宿ホスト殺人未遂裁判・詳報2 「風俗店で稼いで通った」

被害者の琉月さん

被害者の琉月さん

 12月3日、東京地裁でガールズバーの元店長・高岡由佳被告(21)の初公判が開かれた。被害者は、20歳のホスト男性・琉月(るな)さん。【詳報1】に続き、午後の公判の様子を詳報する。

 午後1時15分からの公判では、証人として高岡被告の母親が出廷した。高岡被告は中国人の母親と日本人の父との間に生まれたという。2歳で来日。帰化して日本人となった。母親は介護福祉士。母親の証言では、高岡被告は10月9日に保釈されており、10月28日から介護職員初任者研修を受講。資格を取得したことが明かされた。

 そののちに、「被告人質問」が行われた。まずは弁護人とのやりとりだ。

──出身は?
 中国です。2歳のときに日本に来ました。
──国籍は?
 日本です。
──家族構成は?
 父、私、母の3人です。3人で実家に住んでいます。
──学歴は?
 (略)帝京大学現代コミュニケーション部保育学科に入学し、平成29年3月に退学しました。学業が自分自身にあわないと感じたのと早く仕事がしたかったからです。
──職歴は?
 2017年10月から学習塾の受付。2018年~2019年4月まで○○(ガールズバーの店名)で店長をしていました。
──渋谷のデリバリーヘルスで働いてましたね。それはなぜですか?
(被害者の実名)さんが働いているお店に行くためです。
──このデリヘルには今も在籍していますか?
 していません。
──(被害者の実名)との出会いは?
 2018年10月です。私が勤めていたガールズバーでお客さんとしてきました。
──お店に通うようになるのは?
 2019年3月です。
──それからお店に通うようになるまで時間があいているけど、どうしてお店に通うようになった?
(被害者の実名)さんのほうからツイッターのダイレクトメールに来て、3月から週に2~3回のペースで通ってた。
──なぜ3月だった?
 偶然飲みにいったら店に被害者の方がいた。被害者の方が働いていたバーだった。
──なぜ頻繁に店に通った?
 被害者の方が好きだったからです。すべてが好きだった。
──あなたと(被害者の実名)さんの関係は?
 ホストと客です。
──すべてが好きだという気持ちは伝えていた?
 4月頃から「好きだよ」と伝えていました。
──それに対して(被害者の実名)さんは?
「自分も好きだよ」と言ってくれて、「将来結婚しよう」と言ってくれた。「9月にはホストをやめて一緒に住む」と言ってくれた。
──肉体関係を結んだのは?
 4月上旬です。
──誘ったのはどちらから?
 彼からで、ホストクラブで初めてシャンパンを下ろした日にホテルに誘われました。
──肉体関係の頻度は?
 週に2~3回でした。

関連記事

トピックス