芸能

佐藤二朗主演ドラマ 関係者が自殺し、放送が無期延期

佐藤二朗が異色テーマで挑んだドラマで悲劇が

 俳優・佐藤二朗(50才)の主演ドラマが、関係者が自殺したことで放送が無期延期になっていたことがわかった。

「押忍!」「押忍!」。愛知県の小牧工業高校のマーチングバンド部は、その異色の演奏スタイルで知られている。マーチングバンドとは、金管楽器(ラッパ)や打楽器(パーカッション)を演奏しながら、息を合わせて隊列(フォーメーション)を変化させ、観客の耳も目も楽しませる吹奏楽の演奏スタイルだ。

 華やかな音楽隊のはずなのに、小牧工業高校のバンドはどこか“汗臭い”。ユニフォームは高校の制服ではなく、作業服と黄色いヘルメット。練習をするのは音楽室ではなく、武道場。返事は「押忍!」。ステージの冒頭では、30人余りの部員たちが息を合わせて腕立て伏せを披露してから楽器の演奏に入る――。

 工業高校らしい“ド迫力”のマーチングバンドのスタイルが評判を呼び、今や全国区の人気だ。

「地元の有名マーチングバンドを、中京テレビ(名古屋市)が開局50周年記念作品としてドラマ化しました。主演は佐藤二朗さん。彼のモデルは、部活動を率いるスキンヘッドの名物顧問のS先生でした。

 すでに撮影はクランクアップしていて、放送予定は12月7日だった。しかし、ある“事件”が起きて、放送は無期延期になったんです」(テレビ局関係者)

 11月25日日曜日の深夜のことだった。夜が明ければ、いつものように生徒が登校してくる。そんな高校の職員室で、1人の男性が倒れていた。

 翌日、地元紙「中日新聞」夕刊はこう伝えた。

《25日午前2時10分ごろ、愛知県小牧市の小牧工業高校の職員室で『男性が大量に出血して倒れている』と119番があった。(中略)男性は同校の50代の教諭で、その場で死亡が確認された。県警小牧署は現場の状況から自殺とみている》

 亡くなったのは、マーチングバンド部の3人の顧問のうちの1人であるA教諭だった。地元教育関係者によると「冗談をよく言う優しい先生で、生徒から慕われていた。S先生ほか顧問の先生たちは本当に仲がよかった」という。亡くなる1週間前には、A教諭ほか顧問と部員が小牧市役所に招かれ、市長から部の活動を表彰されたばかりだった。

“現場”となってしまった小牧工業高校

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン