ライフ

家族がインフルエンザに発病したら誰がどうやって看病する?

インフルエンザにかかってしまったら?

 家族にインフルエンザ患者が出たら、別室に隔離すべきだとはよく知られている。とはいえ、食事の世話をはじめ、家族が看病しなければならない場面は少なくない。そんなとき、どうすればよいのか。

 日本感染症学会インフルエンザ委員会委員で東京病院統括診療部長を務める永井英明医師が解説する。

「看病するのは家族の1人に絞り、部屋に入る際は必ずお互いにマスクを着用するべきです。飛沫感染を防ぐために、会話時には1.5m以上の距離を取るのが望ましい」

 何だか病人に冷たいようにも思えるが、家族が交替で世話をするのは、かえってリスクになるのだ。

 インフルエンザウイルスは発病前日から最大で1週間ほど潜伏し、患者の鼻やのどからウイルスが排出される。感染拡大を防ぐには、排出されたウイルスを除去しなければならない。

「ウイルスは手や指を介して接触感染します。患者が触ったドアノブ、リモコン類などをアルコール消毒し、家族も手洗いや消毒をすることが大切です。

 平熱に下がって元気になっても、リビングには出ず、2日程度はできるだけ別室で過ごしたほうが良いでしょう。学校保健安全法では発病から5日、解熱から2日が経ってから登校するよう定めていますが、家庭内でも同様です」(永井医師)

◆職場や子供の学級で流行したら?

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン