芸能

TOKIO長瀬智也、ついに音楽活動“再開” 極秘DJデビュー

TOKIO長瀬、ついに音楽活動を再開!?(写真はイメージ、写真/アフロ)

 リズミカルに体を動かしながら、華麗にDJプレーする1人の男性。黒いキャップの上に青いパーカのフードをかぶっているが、サングラスなどの変装は一切なし。

 11月27日の東京・渋谷。有名ホテルのイベントスペースで、熱気にあふれる会場を盛り上げていたこのDJは、TOKIOの長瀬智也(41才)だった。

「その日のイベントはファッションブランドの主催でした。スペシャルゲストDJの登場が予告されていましたが、当日まで秘密。イベントの開始時刻は夜の8時で、突然フロアが騒ぎ始めたのは10時頃だったかな。“長瀬だ!”“かっこよすぎる!”という声が響くと、一部の観客がDJスペースの前に押し寄せ、スマホのカメラレンズを彼に向けて大パニックに。

 長瀬くんはそんな状況を気にすることなく、笑顔でDJを続けていました」(居合わせた客の1人)

 ゲストDJが長瀬だったと事前に知っていた観客はほとんどいなかったというが、この日の彼の登場に、芸能関係者も驚きを隠せない。

 TOKIOの音楽活動は、2018年5月に山口達也(47才)が脱退して以来、1年半以上、休止の状態が続いている。活動再開を望む長瀬が、状況が変わらなければTOKIOの脱退もあり得る、と報じられたこともある。

「長瀬さんはTOKIOの曲の作詞や作曲も手がけ、音楽プロデューサーとしての役割も担っています。音楽活動への思い入れは人一倍強い。しかし、TOKIOのベースは山口さん以外には考えられないとも思っていて、葛藤を抱えていました。特に2019年はTOKIO結成25周年の節目の年。何もできないもどかしさを感じていました。

 どんな形でもいいから音楽の仕事がしたいと周囲にも相談していました。そんな彼が、DJとして音楽活動を“再開”したことに“なんらかのアピールか?”と捉えている関係者もいるようです」(芸能関係者)

 長瀬に、極秘DJデビューの“場所”を提供したのは、旧友だった。

 2011年、長瀬は趣味のバイクを通じて親しくなった仲間とバンド「THE SISSY BARS」を結成。2015年には渋谷のクラブでライブを行った。

「アイマスクをつけて顔を隠していましたが、声ですぐに長瀬さんだとわかりました。ポリス風の衣装も似合っていましたね」(音楽関係者)

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト