TOKIO一覧

【TOKIO】に関するニュースを集めたページです。

クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
 土ぼこりひとつ付いていない車体が、彼のバイク愛を物語っていた。カスタムが施された1980年代製のハーレーダビッドソンの横に立ち、カメラをまっすぐ見つめるのは元TOKIOの長瀬智也(43才)だ。 12ページにわたり、彼の愛車が紹介されたのは、英国のバイク誌「グレイシーカルチャーマガジン」の最新号だ。ページに登場したのは「ショベルヘッド」というタイプのエンジンを搭載したカスタムバイク。これは彼の友人であるバイクショップオーナーが作り上げたもので、30年以上かけて探し出したパーツも組み込まれているという。日本のバイク誌編集者は異例の掲載だと話す。「長瀬さんが登場したのは世界中でファンを持ち、マニアもうなるようなバイクカスタムが特集される雑誌です。芸能人が取材されることはほとんどなく、本当にこだわりのあるバイカーしか載ることができない。長瀬さんのカスタムが世界レベルで認められたということでしょう」 長瀬といえば、2021年3月末にTOKIOを脱退後、テレビや映画への出演はない。いま、彼の軸足は芸能界ではなく趣味の世界にあるようだ。 たとえばバス釣り。日本のバス釣り誌「Basser」6月号では、釣り道具や工具が所せましと並んだ自宅のガレージを公開。神奈川・芦ノ湖での撮影では大型のマスを釣り上げ、釣り歴25年の手腕を見せつけた。そして16才から乗り始めたというバイク。冒頭の雑誌だけでなく、6月30日に発売される日本のバイク誌「RISER」創刊号でも、彼の特集が組まれる予定だ。 悠々自適ともいえる長瀬の暮らしを、大御所タレントの生き様と重ねる人も少なくない。ファンの間では「所ジョージ(67才)化している」という声も上がっている。実際に2人はプライベートでも親交があるようだ。「長瀬さん自ら、遊びに行きたいと申し出て、所さんの『世田谷ベース』を訪れたそうです。到着するなり、長瀬さんは部屋に並んだギターを褒めまくり、気をよくした所さんは譲ってしまったのだとか(笑い)」(芸能関係者) ジャニーズ事務所退所に際し、長瀬は「裏方としてゼロから新しい仕事の形をつくり上げていく」と語った。ファンは彼の“生存報告”を喜びつつも、作品への出演も心待ちにしている。再び、芸能界に舞い戻る可能性はあるのだろうか。「長瀬さんはいま、相手の知名度やギャラではなく、フィーリングを重視して仕事を選んでいるそうです。オファーが彼が表現したいものと合致すれば、それが映画などでも出演するのではないでしょうか」(長瀬の知人) 芸能活動の“そこんトコロ”は出会い次第のようだ。※女性セブン2022年7月7・14日号
2022.06.29 07:00
女性セブン
長瀬智也がラジオで久々の肉声 唯一無二の親友・堂本光一との“以心伝心”
長瀬智也がラジオで久々の肉声 唯一無二の親友・堂本光一との“以心伝心”
 インスタグラムにバイクや釣り、ギターの写真をアップ。仕事をしたかと思えば、それも趣味のバイクや釣りの雑誌のモデルだった──。TOKIO脱退と芸能界引退から1年。「表現者」として悠々自適な生活を送る長瀬智也(43才)の肉声が、久々に世間を騒がせている。4月21日深夜放送のラジオ番組『TOKYO M.A.A.D SPIN』(J-WAVE)に長瀬が出演し、ファンを喜ばせた。「プライベートで交流のあるDJの番組に呼ばれました。話題はバイク、ファッション、音楽など“男の趣味”といえるものばかり(笑い)。共通の友人の話題が出るなど、まるでプライベートな感じでした。久々の表舞台でのトークでしたが、現役さながらにさえてましたね」(テレビ局関係者) 放送を聴いたファンは「1年ぶりにがっつり生声を聞けてうれしかった」「マニアックすぎて内容はよくわからなかったけど、めちゃくちゃ楽しそうだった」と歓喜の声を上げていた。 時を同じくして、親友が長瀬について語っていた。18日深夜に放送されたKinKi Kidsの堂本光一(43才)がパーソナリティーを務めるラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)でのことだ。その日、番組には、息子がひとり暮らしをすることになり、寂しさを覚えるというシングルマザーからメッセージが送られていた。 光一は中学1年生でジャニーズ事務所に入所し、中学3年生から合宿所生活を始めている。それでもホームシックにならずに済んだのは「長瀬の存在は大きかったかな」と突然、その名を挙げ、長瀬が光一の部屋に何度も寝泊まりして親睦を深めたことなど、しみじみと語り始めたのだ。「王子様風の光一さんとワイルドな雰囲気の長瀬さんとでは、キャラが違うと思われますが、唯一無二の親友であることはファンの間で有名です。車から宇宙の話まで、幅広く趣味が合うんですよ(笑い)。光一さんは、“長瀬がいなければ、ぼくは芸能界にはいなかった”とまで語っているほどです」(芸能関係者) 長瀬はTOKIOとして、光一はKinKi Kidsとしてデビューし、お互い忙しくなっても歩いて行ける範囲に自宅を構え、交流は続いた。それがいまでは、長瀬はTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所も退所。この1年、ほかの誰とも違う“次の道”を模索し続けてきた。 昨年8月、長瀬は本誌・女性セブンの取材で、今後の活動についてこう語っていた。「俺がやりたいと思っていることは、日本でやっているやつがいないから。説明してもみんなわからない」 自由な発想でやりたいことを見出し、取り組んでいく長瀬──その姿を親友は、温かく見守っているのだろう。「光一さんは以前、退所する長瀬さんについて“これからが楽しみ”とコメントしていました。このタイミングで、長瀬さんのことを話したのも“いつも気にしているよ”“忘れていないよ”と、光一さん流の公開メッセージだったのではないでしょうか。2人ともほぼ“同時期”にラジオに出るあたりも、異常なほどの強い友情を感じますね」(前出・テレビ局関係者) まさに以心伝心。※女性セブン2022年5月12・19日号
2022.04.29 19:00
女性セブン
岡田圭右
城島茂も「だからBSってすばらしい」 珍回答連続で仰天のクイズ番組
 民放BS5局が局の垣根を超えて年に一度共同制作する特別企画で今年は、TOKIOのメンバーが人気番組に出演。コラムニストのペリー荻野さんが注目したのは、城島茂が参戦したBSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』だ。「BSの可能性を感じた」というその内容とは? ペリーさんが解説する。 * * *「民放BS5局×TOKIO みんなでBSをつくろう!」を合言葉に放送された「2021年度の民放BS5局の共同制作番組」の数々。「年度」という言葉が、堅苦しい感じだが、今年はTOKIOの三人が、各局のいろいろな番組とコラボした。国分太一はBSテレ東『突撃!隣のスゴイ家』でアンガールズとこだわりの家をチェック、松岡昌宏はBS-TBSの『町中華で飲ろうぜ』で玉ちゃんと三軒の店をはしごして「ラー油キクラゲ」などで飲みまくるなど、各番組とも特別感があったが、中でも衝撃的だったのは、城島茂が出演したBSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』だった。 40代から80代のベテラン芸能人が、脳の衰えを食い止めるべく、さまざまなクイズに挑戦するというこの番組。「まさかこの問題にこの回答!?」という珍回答の破壊力と、進行してるんだかスベり続けてるんだかわからないMCの岡田圭右の姿に、ふだんから違う意味で脳が刺激される番組だと思っていたが、城島をゲストに迎えた超拡大スペシャルになり、制作陣の気合はただならぬものとなっていた。 まず、城島とともにパネラー席に並んだのが、梶原しげる、斉木しげる、泉谷しげるで「しげる尽くし」。出題者が昔のヒット曲を鼻歌で歌うのを聴いて曲名を当てるクイズには、84歳の「こまどり姉妹」が登場。「ああああん、あああ」などとふたりが鼻歌を歌っても、とても曲名までたどりつけない。 結局、「85年のヒット曲」「三人組」などのヒントで少年隊の『仮面舞踏会』と判明したが、鼻歌はいったいなんだったのか…。ちなみにこまどり姉妹は、城島について、「TOKIOだったころ、私たちは忙しくて」名前がわからないという。「だったころ」と言われても、まあ、いいかと思えるのが、こまどり姉妹。さすがだ。 しげるたちの回答ぶりもなかなか。写真のブドウ(シャインマスカット)の名前を問われて、「毎日食べていた」という斉木しげるだが、肝心の名前が出てこず、「最初の一文字さえわかれば」と頭を抱える。最初の文字は「シ」とヒントをもらい、出てきた答えが、「シラトンホテル」。「知らないと掛けた」って、ふつうに答えている。 そして、ついに「五人目のしげる」が登場。歌いながら現れたのは、もちろん松崎しげる!『愛のメモリー』の歌詞の一言が問題になったが、いっしょにステージに立ったことがある泉谷しげるだけが不正解。「人の曲は意外に聞いてない」。そうですか…。 自由。この自由さ、解放感はすごい。それこそが、この番組の真髄といえるが、そこに放り込まれた城島は、放送後の岡田とのトークでぐったりしていた。やっぱり中身が濃すぎたのね。 城島は「だからBSって、すばらしい」と言っていたが、シニア層から若者層まで知名度抜群の彼らとのコラボは、幅広い世代が未知の番組と出会うきっかけにもなったはず。個人的には、「しげる尽くし」リターンマッチをしてほしい。なにしろ、城島は、番組名物のすごろくであっさり敗退。ゲストに花を持たせるとか、気を遣うところがないのも素晴らしい。城島の「なんでやねん!」の声がまた聞きたい。
2022.03.22 16:00
NEWSポストセブン
日本中がワクワクした『夜ヒット』の沢田研二 ド派手パラシュート衣装の秘話
日本中がワクワクした『夜ヒット』の沢田研二 ド派手パラシュート衣装の秘話
 1968年11月から1990年10月まで22年にわたり放送された歌番組『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)。毎回、生放送で多くの歌手が楽曲を披露する『夜ヒット』では、テレビ史に刻まれるべき、衝撃的な“衣装”も登場した。なかでも、数々のインパクトのある衣装で登場したのが、ジュリーこと沢田研二だ。 ジュリーの衣装担当のデザイナーの早川タケジさんは、これまで手掛けた「会心作」として、『カサブランカ・ダンディ』や『サムライ』の衣装とともに『TOKIO』のパラシュート衣装を挙げている。番組の立ち上げから参加し、1977〜1987年にプロデューサー兼総合演出を担当した疋田拓さんは、こう話す。「出演が決まった歌手には、スタッフが必ず話を聞きに行き、近況などの情報を得てから構成を決めます。どのような衣装か、歌詞も曲のイメージもしっかり聞いたうえで、どんなセットにし、どんな演出にするのかをテレビ局側が決めます。歌手からの要望をそのまま受け入れることはありませんでしたが、曲をより魅力的に視聴者に届けるために私たちが誠心誠意考えて作り上げるセットは、歌手からの信頼を得ていて、本番当日に見るのを楽しみにしてもらっていました」(テレビプロデューサー・疋田拓さん・以下同) そんなスタッフ陣が驚いたのがこの衣装。横幅にして約12m、高さ約7m、奥行きが約6mは必要となるパラシュートは、衣装というよりセットといってもいいものだった。「これほど巨大なものを持ち込んだのは、沢田さんが最初で最後だったと思います(笑い)。これを生かしながらどのように演出するのかを考えるのは、難しいけれど楽しかった」 夜ヒットでは同曲を4回披露しているが、ドライアイスを床に這わせて雲に見立て、その上を浮遊しているように見せたり、パラシュートの電飾が目立つよう、照明を落として暗闇にするなど、毎回工夫を凝らしたという。 この時代のジュリーは、「声、容姿、表現力、歌唱力、そのすべてが時代を引き連れていた。沢田研二を中心に歌謡界が回っていた」と言うのは、小説家の小路幸也さんだ。「彼は希代のパフォーマーであり、エンターテイナー。当時の一流の作詞家・作曲家が彼のために作った歌を、彼しか表現できない世界観で歌い上げ、多くの人を魅了したんです。数多くのヒット曲がありますが、『TOKIO』の衣装と仕掛けに度肝を抜かれました。 それまでも、『サムライ』には短編映画を観たような感覚を覚えたし、『カサブランカ・ダンディ』でジーンズのボタンを外してはくセンスなどなど、彼の魅力を挙げたら切りがない。日本中が彼の新しい曲に、衣装に、パフォーマンスにワクワクしていた。その最たるものが『夜のヒットスタジオ』だったと思います」(小路さん・以下同) さらに、ジュリーの曲は、「聴く」だけでなく「映像を観る」ことでこそ真価がわかると力説する。作りこまれたミュージックビデオではなく、一度限りのセットのもと、生バンドの演奏でのパフォーマンスには、独特の緊張感があるからだ。「沢田研二は、ビジュアル的にかっこよく、セクシーで中性的な魅力もある。本当に美しく、アーティストとしての実力も備えた、別格のスーパースター。映像では、その時代の空気感も味わうことができます。画面に映っていないスタッフたちの熱量までもが伝わってきます。だから、『沢田研二を観ろ』と言いたい」 いまから40年ほど前のパフォーマンスながら、日本のテレビ界・歌謡界が元気だった時代のジュリーは、色あせるどころか、輝いている。懐かしむだけでなく、若い世代にもぜひとも見てほしい。【プロフィール】小説家・小路幸也さん/学生時代に仲間とバンドを組んでミュージシャンを目指すが、広告制作会社勤務を経て小説家に。著書に『東京バンドワゴン』シリーズ(集英社)などがある。最新刊は『花咲小路二丁目の寫眞館』(ポプラ社)。テレビプロデューサー・疋田拓さん/『夜ヒット』の立ち上げから番組に参加し、1977〜1987年にプロデューサーを務めた“ミスター夜ヒット”。令和3年度文化庁長官表彰。現在は番組制作会社『プロデュース&ディレクション』代表。取材・文/山下和恵 イラスト/諏岸 撮影/浅野剛 写真/女性セブン写真部※女性セブン2022年2月17・24日号
2022.02.12 07:00
女性セブン
沢田研二、写真集でトラブル ホームページから突然告知が消え、発売延期
沢田研二、写真集でトラブル ホームページから突然告知が消え、発売延期
 一世を風靡したバンド「ザ・タイガース」を1971年に解散後、ソロ活動を始めた沢田研二(73才)。センセーショナルな衣装を用意し彼の人気をサポートしたのが、盟友である画家だった。今春、伝説のショットを収めた写真集を彼が発売するというが、ファンは複雑な思いを抱えている。 その告知がこつ然と消えたのは、昨年12月中旬のことだった。沢田研二のオフィシャルホームページから、写真集の発売に関する情報が、突然削除されたのだ。『JULIE by TAKEJI HAYAKAWA─早川タケジによる沢田研二』──当初は、2021年中に発売される予定だったこの書籍は、長年にわたり沢田の衣装やアートディレクションを担当し、画家としても注目を集める早川タケジ氏(74才)の作品をまとめたものだ。 出版元の「株式会社スローガン」のホームページでは、仮予約が始まっているものの、「掲載内容とページ数の大幅な追加に伴い、発売日/価格の確定にもう少々お時間をいただかねばならない状況」と説明されている。1970年代から沢田を応援しつづけてきたという女性ファンは、困惑した表情で語る。「昨年の秋にジュリーのホームページに告知が載ったときは、約20年ぶりの写真集発売に歓喜しました。でも、その後、告知が消えたことで私たちファンは騒然としています。いまに至るまでジュリーサイドからは何の説明もありません。このまま発売されないという最悪の事態まで想像してしまって……」 ファンが待ち望むのも無理はない。早川氏は、スター・沢田研二の世界観を作り上げた唯一無二の人物だからだ。 沢田は1967年に「ザ・タイガース」のボーカルとしてデビュー。1971年にバンドを解散すると、ソロ活動を始動した。その後、1973年に首にかけたファーを揺らしながら歌う『危険なふたり』で、初のオリコン1位を獲得。その衣装を手がけた人物こそ早川氏だった。この曲で沢田は幅広い年齢層の女性を虜にした。 ドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年)では、樹木希林さん(享年75)が演じるおばあちゃんが沢田のポスターに向かって、「ジュリ〜!」と身をよじって叫ぶシーンも登場。このポスタービジュアルを手がけたのも早川氏だ。 彼は一躍、スタイリストとしてカリスマ的存在に。沢田のほか、キャンディーズや山本リンダ(70才)、荻野目洋子(53才)など人気歌手のスタイリングを次々と担当した。 沢田の衣装では、ラメやスパンコールのあしらわれたシースルーのコスチュームにドイツの軍服風の衣装を合わせた『サムライ』(1978年)や、電飾をちりばめたミリタリールックにパラシュートを背負った『TOKIO』(1980年)など、度肝を抜く衣装を考案。沢田の中性的なルックスと、早川氏の前衛的な衣装で作り出される世界観に多くの人が魅了された。 過去には、沢田の写真も多く収録された作品集『Paradis,Paradis』も発売されているが、現在は絶版となっており、中古品の価格は10万円を超える。長年、ファンは彼らの作品を見たくても見ることができない状況だったのだ。 さらに、今回の写真集には、別冊という形で早川氏が沢田との関係について綴った文章も収められるという。「沢田さんと早川さんは特別な信頼関係で結ばれていた」と語るのは、当時を知る関係者だ。「沢田さんがカリスマ的存在になったのは、彼の魅力を最大限に引き出す早川さんの天才的なスタイリングがあったからこそ。沢田さんも早川さんのセンスを高く評価していて、衣装合わせが長時間に及んでも、文句を言うようなことはありませんでした。 連れ立って飲み歩くことはほとんどないようでしたが、2人の間には、多くを語らずとも理解し合えるような信頼関係があったのだと思います。沢田さんは早川さんの描くイメージ絵画を見るだけで、どんな衣装で、自分がどんな魅せ方をすればいいか、一瞬で理解しているようでした」(当時を知る関係者) 「遅れている理由、全然わかりません」 信頼関係で結ばれている2人の作品で、なぜ頓挫が囁かれるのだろうか。芸能関係者はこう語る。「沢田さんの気持ちが変わって、中止となった前例があるからでしょう。2018年10月のコンサートでは開演1時間前になって、客席が埋まっていないことを理由に急遽、公演が中止になりました。ファンが出版中止の可能性を考えてしまうのも無理はありませんよ」 さらに、コロナ禍での決断も、ファンが不安視する要因に。「2020年末、ジュリーはファンクラブを閉鎖したんです。ホームページに突然、新型コロナの収束が見えないとして『令和2年12月26日をもってファンクラブを解散する』と書かれた文章が発表されて……。50年近くにわたって、彼の応援が心の支えだったので呆然としました」(前出・ファン) さらに、昨年3月には個人事務所「株式会社ココロ」を閉鎖。テレビ制作関係者や前事務所社長との間で、連絡がとれない状況であることが報じられた。「ホームページから写真集の情報を削除するというのはただ事ではありません。編集作業の進行について“勝手にしやがって!”と言われかねないトラブルがあったとしか思えない」(前出・芸能関係者) 制作にかかわる関係者もいまだ詳細を把握できておらず、出版間際という段階ではないようだ。ホームページで公開されている表紙候補の写真を撮影したカメラマンの横木安良夫氏はこう説明した。「出版時期や、遅れている理由は全然わかりません。使用許可の連絡もまだ来ていないんですよ」 肝心の早川氏に進行状況を聞いたが、険しい表情を浮かべて多くを語らず、事務所のドアをピシャリと閉めた。沢田をはじめ、関係者は写真集の進行について沈黙をつらぬいている。このまま写真集は幻となってしまうのだろうか。書籍の編集を担当するスローガン代表の熊谷朋哉氏に話を聞いたところ、発売日の変更はあくまで「掲載内容とページ数の大幅な追加」が理由だとし、「発売はする」と断言。横木氏への連絡はすでにしているとし、内容についても自信をのぞかせた。「沢田さんと早川さんの作り上げた表現は、100年でも200年でも歴史に残るものだと思っています。2か月、3か月、遅れてしまうかもしれませんが、最高のものを早川さんも私も目指しています」 今年は、沢田にとってデビュー55周年にあたる記念すべき年。写真集のページをめくりながら「待ったかいがあった」と思える日が来ることを、ファンは心から待ち望んでいる。※女性セブン2022年2月3日号
2022.01.21 07:00
女性セブン
ジャニーズグループの活躍が続く
オカン役がハマる城島茂 いずれ「意地悪ばあさん」をやってほしい
 10月にスタートしたTOKIO城島茂主演の連続ドラマ『サムライカアサン』(日本テレビ系)。もこもこパーマに割ぽう着姿の城島のオカンっぷりは、ハマり役と評判は上々だ。コラムニストのペリー荻野さんが“オカン城島”について解説する。  * * * 城島茂50歳にして連ドラ初主演作となった『サムライカアサン』。  思春期の息子たけし(大西風雅)と夫ジョージ(有野晋哉)に熱烈愛情を注ぐ(というより、ぶつけまくる)オカン(城島)の日常を描くコメディだ。「伊佐木よい子」とダジャレ的名前のオカンは、もこもこパーマに割ぽう着、ヒョウ柄をはじめ、濃いめの色柄もの上下など、関西のおばちゃんコーディネートが定番のスタイル。もちろん言語は関西弁だ。 オカンのパワーはものすごい。「愛情たっぷり弁当」を届けなければとたけしの高校に突進、ガールフレンドが訪ねてくると部屋をのぞきたくてたまらない、バイト先のバーガー店には毎日こんにちは! 母をウザいと嫌な顔をする息子と「たけしのこと好き好き病じゃ」と言い切るオカンの悲喜こもごもは、大げさにも見えるが、結構「あるある」なのである。 ひとつ興味深いのは、ほら貝。ある朝、オカンは寝坊するたけしの枕元に立って、ブオホー~!!とほら貝を吹きまくる。変った音色で起こしたろうと思ったとうれしそうなオカン。タイトルに「サムライ」がついているからか、ほら貝を吹いてもあんまり違和感がないのにびっくりだ。 また、ここで思い出したのは、ドラマ『義母と娘のブルース』の主人公・亜希子(綾瀬はるか)だった。亜希子はいつでもどこでも白いシャツに黒いタイトスカート、ひっつめ髪に眼鏡のきっちりスタイルで、血縁のない娘の健康維持を「ベースミッションです」と位置づけるなど、生活も仕事モードっぽいが、ここ一番、娘のために奮闘する際にはほら貝と太鼓が鳴り響いていた。よい子と亜希子のスタイルはまったく違うが、思春期のこどもと母との衝突、エンジンがかかった母の暴走場面とほら貝は、笑いにつながる。相性がいいのである。 もうひとつ興味深いのは、城島の役作り。YouTubeの「シンドラ公式チャンネル」の「よい子の部屋」では、城島、大西、有野、ガールフレンド役の井頭愛海、友人役のリョウ(カイドウ)がトークをする。その際の城島とよい子になりきった城島と、ほとんど違いが感じられないのである。つまり素の城島はよい子に近いってこと!? 本人はオカン役にまったく抵抗がなかったという。TOKIOでは、リーダーとしてある意味、オカン的存在だったとも言える。決定的なのは、原作マンガの作者・板羽皆さんも「オカンの姿がとても似合いそう」と深く納得したとコメントしていること。「深く」というところがいい。 50歳からオカン路線で才能を開花させたのだと思うと、これからキャリアを積んで演じてほしい役といえば、ひとつしかない。『意地悪ばあさん』。『サザエさん』で知られる長谷川町子のもうひとつの名シリーズで、昭和のころには、後に東京都知事にもなった青島幸男、古今亭しん馬、高松しげおらがドラマで演じてきた。平成期には、市原悦子が演じて「家政婦からいじわるばあさんに」と注目も集めた。ただの腹黒でなく、世間に物申す愛すべきばあさんに、いつかなってほしい。
2021.12.03 07:00
NEWSポストセブン
インスタグラムでデビューを発表したshotaro
山口達也の長男・Shotaroが初告白「自分にとって最高の父親です」
 TOKIOの元メンバー・山口達也の長男であるShotaro (笑大郎)が日本時間11月21日、ハワイ発の6人組ボーイズグループ・CROSSING RAINのメンバーとしてデビューコンサートを行った。 CROSSING RAINは、“世界中の人々をアロハの精神で癒し、愛と希望のメッセージを音楽とダンスを通じて発信するハワイ初のボーイズグループ”。Shotaroはダンサー/ボーカルとしてグループに参加している。TOKIOという超人気グループのメンバーだった父親を持つShotaroだが、決して“なるべくしてアイドルになった”わけではない。 整ったルックスこそ父親譲りとはいえ、デビューコンサートを終えて更新したInstagramでは〈このグループに入った時、ダンスはハワイに来てから始めたので2年位のキャリアしかありませんでした。歌も歌ったことがなくて声変わり中で本当に不安でした〉と心境を吐露しており、Shotaroはデビューに際して大きな不安を抱えていたようだ。 まだ13歳ながら、歩んできた人生も波乱万丈そのものだった。Shotaroが3歳のときに父親である山口達也が無免許運転で書類送検。2016年に両親が離婚し母親であるA子さんと暮らしていたところ、2018年に山口が自宅に呼び出した女子高生にキスを迫るなどのわいせつな行為を働いたとして書類送検された(後に起訴猶予処分)。これが原因で日常生活に支障をきたすようになったA子さんとShotaroの母子はハワイへ移住する。しかし、南国で平和に暮らせるかと思った矢先、今度は金銭トラブルに巻き込まれてしまう。「ハワイに移住後、A子さんは詐欺被害に遭い、貯金の8割が消えてしまったそうなんです。彼女は離婚の慰謝料は拒否していたし、養育費も山口さんの事件後は支払われていたかどうか……異国の地で経済的に苦しい中、女手一つで子供を育てていくことになったのです」(ハワイ在住のA子さんの知人) さらにA子さんは胸に腫瘍ができ切除手術を受けるなど、体調のトラブルもあった。そんな母親を支えていたのがShotaroだったのだ。山口達也とShotaroの「絆」 一方、山口にとってもShotaroは支えとなっていた。2019年8月、山口は「女性セブン」の独占インタビューに応じ、「私の数少ない話し相手が子供なんです」と語っている。「もう3年も会えていませんから……会える時間があればうれしいですけど、いますぐとは考えていません。彼らの母親が私のやったことをちゃんと説明してくれていて、子供たちも自分の父親が何をやったかよく理解しています。私と違って頭がいいんです。2人とも自慢の子なんです。いまは声だけ聞かせてもらって、彼らが元気に育っているのがわかれば充分です」(山口のインタビューより) これまで大きな過ちを犯してきた父親ではあるが、Shotaroにとってはいまだにあこがれの存在だ。「笑大郎くんは、ハワイで山口さんのTOKIO時代の映像を見ていたそうです。TOKIOが多くの人に夢や希望を与えるアイドルグループだったことを笑大郎くんは知っている。彼の中で、お父さんはかっこいいTOKIOの山口達也のままなんですよ」(前出・ハワイ在住の知人) 11月16日にハワイのローカルテレビのニュース番組『Living808』にCROSSING RAINが出演した際、Shotaro自身が父親についてこのように語っている。「僕のソーシャルメディアのアカウントを見ると日本人のファンが多いんですが、それは僕の父によるものなんですよね。父は僕にめちゃくちゃ多くの影響を与えましたし、実際に父もかつてはボーイズグループにいました。それにとても有名で、日本で『TOKIO』というグループに所属していました。彼はいつまでも自分にとって最高の父親です!」 父親と同じく、ボーイズグループのメンバーとして芸能界に飛び込んだShotaro。父親と直接対面する機会は少なくとも、ステージの上から成長ぶりを今後伝えていくのだろう。
2021.11.22 18:00
NEWSポストセブン
現在の笑大郎。筋の通った鼻や唇などは父親と似ている
山口達也の息子・米国デビュー 背景に「母の手術」と「家族の愛」
 TOKIOの元メンバー・山口達也の長男であるShotaroが米ハワイのボーイズグループに加入し、デビューを果たした。日本の多くのメディアが同デビューを報じるなか、現地在住の山口の元妻・Aさんも、自身のインスタグラムでその経緯を詳しく報告。そのインスタでは、「皆さまへ この度、長男、笑大郎が【CROSSING RAIN】というグループのメンバーに加入することになりました」「元々彼には自分の人生に1番の目的とする大きなテーマがありました。それがまさにこのグループの目指すビジョンと一致したため、彼は自分自身で決断し、このグループに所属したい意思を私に告げました」と綴り、最愛の息子にエールを送っていた。「Shotaroさんは現在13歳。今年の2月にオファーを受け、グループ結成となったようです。『CROSSING RAIN』は、“世界中の人々をアロハの精神で癒し、愛と希望のメッセージを音楽とダンスを通じて発信するハワイ初のボーイズグループ”とのことです」(スポーツ紙記者) 彼はまだ13歳だが、歩んできた人生は波瀾万丈だった。「3歳のときに父である山口さんが無免許運転で書類送検。さらに小学生になるころには山口さんが躁うつ病に。これがきっかけでAさんとの離婚話が浮上したそうです」(芸能事務所関係者) しかし、悪いことばかりではない。TOKIOとしての活動が少なくなってからも父の仕事は順調だった。「山口さんは2016年2月に、新宿からほど近い高級住宅街の一角の敷地100坪に豪邸を建築。地下1階、地上2階の“大豪邸”と言っていいレベルです。これまでの貯蓄額もそれなりにあったようですから、家族そろって都心の高級レストランで外食するなど、豊かな暮らしぶりでした」(同前) そんな豪邸建設のわずか半年後、山口とAさんは離婚に至る。山口は離婚会見で「親権は母親に。養育費だったり、子どもに関わるすべてのことは私が持つ」とも語っていたが、離婚後、山口の強制わいせつ事件が発覚し、Aさんは子どもたちを守るためにハワイに移住していた。 そんなAさんが、ハワイで詐欺トラブルに遭って多くの貯金を失っていたことを女性セブン(2021年11月11日発売号)が報じた。異国の地で、女手ひとつで子どもを育てる苦労──それを支えてきたのが、笑大郎だったようだ。実は、同誌で報じられた詐欺トラブル以外にも、彼が母親を支えたかった理由がある。Aさんの知人が語る。「日本を離れたAさんは心機一転、現地で子どもたちを養うためにいろんなビジネスをしていました。加圧スペシャリスト、トレーナー、顔だちや表情から、その人の性格などを“視る” 観相学士、ブレインアナリスト協会公認プロ、ファスティングカウンセラー……。本当に頑張っていたと思います。しかし、移住早々に詐欺被害に遭ってしまい、貯金の多くを失ってしまった。 それでも基本的には家族3人で幸せに暮らしていたのですが、さらなる試練がありました。2021年春ごろから、Aさんは左胸に痛みを感じるようになっていたようです」 子どもをより良い環境で育てようと、これだけの仕事、資格の取得などに奔走していたから、体にも負担がかかっていたのかもしれない。「結果、Aさんは自身のインスタグラムアカウントで今年の夏ごろに手術を受け、胸の腫瘍を切除したことを報告していました。経過は良好で、今は元気に過ごしていますよ」(同前) 笑大郎が若くしてデビューした背景には、そんな自分を育てるのに苦労した母への恩返しの意味があるのだろう。そして、事件を起こしながらも反省し、変わらぬ愛を注いでくれた父への思い──。 母は前述のインスタグラムで「まだまだ息子には、これから先の未来、様々な経験が待っていると思いますが、どうぞ皆様、温かく見守っていただけましたらありがたい思いです」と愛息への思いを綴り、笑大郎はグループの公式サイトでお気に入りのエンターテイナーとして「tatsuya yamaguchi(my dad!)」と、父の名前を挙げている。 離れて暮らしながらも、支え合う家族。父を彷彿させるルックスを持ち、母からの多大なる愛情を受けて育った息子は、同じ“グループアイドル”として、父を超えられる存在になるか。
2021.11.11 11:00
NEWSポストセブン
1年4か月ぶりに激白した山口達也その6
山口達也、デビュー決定の長男は「自慢の子」 涙で語っていた愛と懺悔
 その父子は5年以上、顔を合わせていない。世間を騒がせ、多くの仲間、家族を裏切ってきた父は、子供に合わせる顔がなかったのだ。それでも息子は彼を恨んではいなかった。いや、むしろ「愛情」を示し続けていた──。「こんにちは、ショウタロウです! この旅を始めることにとても興奮しています」 健康的に日焼けした肌に強い意志を秘めた眼差し──父親譲りの端正な顔立ちだ。 11月2日、元TOKIOの山口達也(49才)の長男・笑大郎(13才)がShotaroとして、芸能界デビューすることを自身のインスタグラムで明かした。「ハワイ発のボーイズグループ『Crossing Rain』のメンバーとしてデビューすることが決まりました。ボーカル、ラッパー、ダンサーなどの6人構成。“K-POPスタイルのグループ”と公式プロフィールに書かれていますので、韓国のBTSのような世界に通じるアイドルグループを目指すということでしょう。笑大郎くんはダンサー兼ボーカルを務めるようですね」(芸能関係者) 父の背中を追うようにアイドルグループに所属──笑大郎のこの選択を周囲は驚きを持って受け止めていた。彼と父の関係は、決して良好なものだとは思えない、という声があるからだ。だが、笑大郎は、公式ホームページのプロフィールの「好きなアーティスト」欄に英語でこう綴った。《山口達也(ぼくのお父さん!)》 父と子の絆は、密かにそして確実に育まれていた。 山口が5才下の元モデル・A子さんと結婚したのは2008年。その後、2人の息子に恵まれたが、幸せな時間は長くは続かず、2016年に離婚を発表した。「平日は仕事仲間と飲み歩き、休日も趣味のサーフィンに出かけたりと、山口さんは全く家庭を顧みなかったんです。そんな彼にA子さんが愛想を尽かしたことが離婚の原因でした。親権はA子さんでしたが、養育費や生活費は山口さんが見て、笑大郎くんと次男には“365日、24時間会える”という、円満離婚ではありました」(芸能リポーター) 離婚直前に建てた総額3.5億円の豪邸にA子さんは子供と住み、ネイルサロンや美容事業を開始。山口は近くに引っ越し、好きなときに子供たちと会えるという生活で、離婚後、曲がりなりにも家族は“平穏”を取り戻したように見えた。が、彼らの人生を一変する出来事が起こる。 2018年2月、山口は自宅に呼び出した女子高生に、キスを迫るなどのわいせつな行為を働いたとして書類送検(後に起訴猶予処分)され、5月にジャニーズ事務所を退所。この事件は家族にも暗い影を落とした。「当時、小学4年生だった笑大郎くんへの影響が大きかった。離婚していたとはいえ、彼が山口さんの息子であることは知られていたので、学校で好奇の目にさらされ、日常生活が送れない事態になったんです」(A子さんの知人) 子供たちの将来を考え、A子さんはハワイへ移住することを決断。「学校で友達も多く、人気者だった笑大郎くんが突然ハワイに引っ越すと聞いて、同級生たちはショックを受けていました。最後の日、別れを惜しむ友達が泣く中、笑大郎くんは泣かなかった。必死に涙を堪えていたそうです」(前出・A子さんの知人) 父親の不祥事で日本を追われる形になった母子。悪いことは続くもので、移住先でもトラブルに見舞われていた。「2人とも自慢の子なんです」 東京から6200kmも遠く離れたハワイ・オアフ島。周囲の雑音をシャットアウトし、新生活は始まった。「都内の豪邸は5億円で売却されたそうです。実際は山口さんの違約金などの問題もあり、そこまでの大金がA子さんに渡ったわけではないと思います。ただ、当分の生活には困らない程度の蓄えはあったはずです」(前出・A子さんの知人) 南国で悠々自適に暮らしている──という声もあったが、実際はそうではなかった。「ハワイに移住後、A子さんは詐欺被害に遭い、貯金の8割が消えてしまったそうなんです。彼女は離婚の慰謝料は拒否していたし、養育費も山口さんの事件後は支払われていたかどうか……異国の地で経済的に苦しい中、女手一つで子供を育てていくことになったのです」(ハワイ在住のA子さんの知人) その間、家族を支えてきたのが笑大郎だった。「当初、英語が喋れず学校にもなじめなかった笑大郎くんでしたが、父親不在の中でA子さんや弟を支えていかなければという思いで、勉強だけでなく家庭のことも率先してやり始めたそうです。 A子さんは笑大郎くんの成長を実感しながらも、仕事や詐欺被害の裁判など怒涛の日々を送っていました」(前出・ハワイ在住の知人) 本来なら、自分たち家族を困難に陥れた父を憎んでも仕方がない立場だ。しかし、母と2人の息子は父親を憎むどころか、積極的に連絡を取り合ってきたという。 山口自身も、家族が拠りどころだと語っていた。 2018年の事件から1年半が過ぎようとしていた2019年8月、山口は本誌の独占インタビューに応じ、子供についてこう語っていた。「私の数少ない話し相手が子供なんです。電話で他愛もない話をしています。“パパ、今日スケートやったよ。これからサーフィンするんだ”とか。“今日はこんなご飯食べたよ”とか、定期的に連絡は取っています」 会いたいですか? と聞くと、それまで饒舌だった山口が急に言葉に詰まった。そして涙を浮かべ、こう呟いた。「もう3年も会えていませんから……会える時間があればうれしいですけど、いますぐとは考えていません。彼らの母親が私のやったことをちゃんと説明してくれていて、子供たちも自分の父親が何をやったかよく理解しています。私と違って頭がいいんです。2人とも自慢の子なんです。 いまは声だけ聞かせてもらって、彼らが元気に育っているのがわかれば充分です」 彼の言動からは子供たちへの愛情と、自身が犯した罪の後悔がにじみ出ていた。 だが、山口はこのインタビューから1年後、今度は酒気帯び運転で逮捕され、再びメディアを賑わせてしまった。「当時、住んでいたワンルームマンションは事故後に引き払っています。いまは親族やサポートしてくれる人たちのお世話になりながら、社会復帰を目指していると聞いています」(山口の知人) 父子はもう5年以上も直接会ってはいない。その間、父は家族に多くの迷惑をかけた。それでも息子は「父が好き」だと笑う。「A子さんは山口さんの魅力をいっぱい子供たちに伝えていました。優しくて運動神経がよく、陽気で少し天然なところも。TOKIOの曲をかけて家族で踊ることもあった。 笑大郎くんは、ハワイで山口さんのTOKIO時代の映像を見ていたそうです。TOKIOが多くの人に夢や希望を与えるアイドルグループだったことを笑大郎くんは知っている。彼の中で、お父さんはかっこいいTOKIOの山口達也のままなんですよ」(前出・ハワイ在住の知人) 息子が父親の背中を追った理由はそこにあるのだろう。※女性セブン2021年11月25日号
2021.11.11 07:00
女性セブン
King&Princeメンバーが語ってくれた
V6のラストライブ ジャニーズタレント集結の中、ジャニーさんとメリーさんの席も
 V6が1日、全国ツアーのファイナルを迎えた。デビュー26年目となったこの日、グループとしての活動に終止符を打った。このファイナルを取材した放送作家の山田美保子さんが、取材席で見た秘話を綴る。 * * * TOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏。KinKi Kidsの堂本光一、堂本剛。嵐の松本潤、二宮和也、櫻井翔。NEWSの加藤シゲアキ。関ジャニ∞の横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、大倉忠義。KAT-TUNの亀梨和也。Sexy Zoneの佐藤勝利、菊池風磨、松島聡。Kis-My-Ft2の千賀健永。ジャニーズWESTの重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濱田崇裕、小瀧望。なにわ男子の道枝駿佑、長尾謙杜、大橋和也。そして、長谷川純、岡本圭人。Travis Japanの宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、吉澤閑也……。 この名前がSNSやネットニュースに上がるやいなや、「まるでカウコン」「推しが行けてよかった」などと他グループのファンもおおいに沸いたのが11月1日、幕張イベントホールで行われたV6の全国ツアー『LIVE TOUR V6 groove』ファイナルの“見学者”情報だった。 記者や関係者が並ぶ席のほぼ中央に位置したボックス2つ分が彼らの席。実は私はそのボックスの最後列に某アイドル誌で長年編集長を務めてきたA氏と共に並んでいた。 開演時刻が近づくのに、その2ブロックのみが全く埋まらないため、「ここには誰か来るのかもしれませんね」と氏と話していたら予想的中。冒頭に記したメンバーが次々と席についたのは、開演約2分前のことだった。 これまで、ジャニーズ事務所所属のアーティストのライブで何度も目にしてきた“見学者”だが、ベテランからJr.まで、こんなにも大人数が揃ったという記憶が私にはない。 会場にもよるが、たいていは、記者席や音響スタッフ席の後方にパイプ椅子が並べられ、メインアーティストに縁のあるグループのメンバー何人かが並ぶのがこれまでの“パターン”だった。その2席は最後まであいたままだった あるいは、「お勉強させていただく」のを目的に、ジャニー(喜多川)さん(享年87)がJr.を引率し、見学させていたのだ。 1日の幕張イベントホールには、そのジャニーさんと、(藤島)メリー(泰子)さん(享年93)のための2席が用意されていた。それは私とA氏が並んだ席の横2つだった。 実は冒頭の見学者の中には、後から着席する者も居たのだが、私とA氏の並びの2席に誰かが座ることは最後までなかったのである。 V6の千穐楽を、ジャニーさんもメリーさんも着席して見守ってください…という事務所幹部の想いを目の当たりにし、胸が熱くなった。 見学者席のエピソードとしては、他にも思い浮かぶことがある。通常のコンサートだと、「誰が見に来ているか」は、最大とは言わないまでもファンにとって大きな関心事。メインのアーティストそっちのけで(!)、見学者情報をSNSにアップするためにメモをとるファンの姿を見かけたこともある。 だが、1日は、V6の最後の姿を一瞬たりとも見逃したくないファンとマスコミが100%だったため、“カウコン並み”の豪華さを誇る見学者席を凝視したり、振り返って見たりする者は皆無だったのである。 繰り返しになるが、私の場合は、すぐ目の前がその豪華見学者席。ステージのV6 に目をやると、大きなリアクションをとるTOKIOの松岡や、ノリノリでリズムを取り続けるKinKi Kidsの堂本剛、完璧に振りマネするTravis Japanの姿が目に入ってきた。ちなみに、グループで来ていた者たちはみな並んで座っており、そうした情報を耳にした当該グループのファンは喜びを隠さなかった。“推し”にV6のファイナルステージを観て、学んでほしい…という想いは、後輩グループのファンなら当たり前の感情だろう。 26年間、誰一人欠けることなく活動を続け、全員がオーバー40になってもなお、オリジナルの振り付けを完璧に揃えてみせるV6 。改めて、26年前の曲や、カミセン、トニセンそれぞれのナンバー、シングル曲のカップリング曲などを聴かせてもらったが、全員の歌唱力が実に高い。しかも、MCでは、それぞれがファンの心に刺さるワードを放ち続けるのだ。26年間、積み上げたものを崩さぬよう大切にし続け、美しい仕舞い方をも見せてくれたうえ、自分たちの“明日”も約束してくれたV6。本当に偉大なるグループだ。 
2021.11.03 16:00
NEWSポストセブン
ジャニーズグループの活躍が続く
城島茂、開催に賛否あった『24時間テレビ』でも高い支持を集めた理由
 日本テレビのチャリティー番組『24時間テレビ』が8月21日から22日にかけて放送され、TOKIOの城島茂(50才)が「100kmマラソン」の最終走者を務めた。コロナ禍での開催、真夏にマラソンを走る意味、チャリティーをエンタメ化することの是非など、同番組には批判の声も少なくないが、城島の登場に際して送られたネットの声は概ね好意的だった。なぜ“リーダー”はここまで支持されるのか? 毎年、「誰が100km走るのか」が大きな話題となる『24時間テレビ』のマラソン企画。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、私有地の5kmのコースを1周走るごとに10万円を募金する企画が行われたが、今年は城島のほか、アスリートが勢ぞろい。五郎丸歩、田中理恵、荒川静香ら10人がタスキを繋ぐ方式で行われた。キー局関係者はいう。「『24時間テレビ』は昨年、“こんな時にやるの?”という声が多数寄せられましたが、スタッフの数を絞り、徹底した感染対策を実施。マラソン企画は公道を走れないため、自動車メーカーのテストコースを借り切って行いました。昨年8月の段階では、あれほど大規模なイベントはほとんど行われていなかったため、他の局も内心では“日テレが先陣を切ってくれた”と思っていたはず。 今年も、開催に賛否はありましたが、日本テレビにとっては、44年の歴史があり、しかも24時間にわたって高視聴率が見込める超ドル箱番組。感染状況は昨年より一層悪くなっていますが、中止という選択肢はなかったでしょう」ジャニーズらしからぬ姿が好感度UP? 今年のマラソンは「復興への想いをつなぐ募金リレー」と題され、福島県楢葉町の『Jヴィレッジ』を10人のランナーが走った。最終ランナーの城島は、2014年に100kmマラソンを走っており、これで2度目の大役。城島が最終ランナーとして登場すると、ネットには、「城島くん! 頑張れぇぇぇぇぇ」「城島茂さん、ファイト!! ラストスパートです!!頑張れ!!」「城島茂~笑顔で走っててステキ!!!!」「マラソン リーダー頑張っていらっしゃいましたね」 といったコメントが寄せられた。なぜここまで愛されているのか? ネットユーザーの動向に詳しいネットニュース編集者はいう。「ジャニーズのメンバーはみな、歌やダンスを華麗にこなし、ドラマや映画では二枚目役が多いですが、TOKIOは『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)で農作業をしたり、無人島を開拓したりと、ジャニーズという枠を外れた顔を見せており、それが好感度を押し上げているのは間違いありません。中でも城島は、ネットで『職業:農家』とイジられるほど農作業姿が板に付いており、飾らない姿と、にじみ出る“いい人感”が愛されるポイントです。 一方で、『ザ!鉄腕!DASH!!』と通じて縁ができた福島に対しては一貫して支援を行っており、今春には福島県庁に、TOKIOとともにプロジェクトを行う『TOKIO課』が新設されました。震災から10年以上が経過し、少しずつ記憶が風化するなかで、ブレずに支援を続ける姿勢は評価されてしかるべきでしょう」『ザ!鉄腕!DASH!!』は今年で放送26年だが、安定して高視聴率を記録しており、その勢いは衰えていない。そこで見せるコミカルな姿も城島の人気の要因だが、卓越したリーダーシップも見逃せない。ベテラン芸能記者の石田春男氏はこう指摘する。「TOKIOはこれまで『紅白歌合戦』に20回以上出場し、『ザ!鉄腕!DASH!!』も長寿番組として確固たるポジションを確保。極めて順調にキャリアを重ねてきたように見えますが、2018年に山口達也が不祥事でグループを去り、今年春には長瀬智也も活動に一区切りを付けました。それでもグループが崩壊しなかったのは、ひとえに城島のリーダーシップがあってこそでしょう。 城島はグループ最年長でリーダーと呼ばれていますが、グループ内では完全にイジられ役で、オヤジギャグを繰り出すこともしばしば。グイグイとメンバーを引っ張るタイプではなく、自分がツッコまれ役になることでメンバー内の調和を図るやり方が、1つのあるべきリーダー像として評価されているのだと思います。 また、独身であることも散々イジられてきましたが、2019年についに結婚し、翌年には男児も誕生。苦労の末についに幸せを掴んだことで、一段と温かい目で見られるようにもなりました。本来ならば“大御所”と言える年齢なのに、良い意味で若いので、若手とも壁が生まれないのも強み。『24時間テレビ』でメインパーソナリティを担当したKing & Princeも学ぶことは多かったんじゃないですか」 晴れてコロナが収束した折には、3度目のマラソン登場もあるのかもしれない。
2021.08.24 16:00
NEWSポストセブン
長瀬智也、インスタフォロワー激増に戸惑い「悲しく思うことがある」
長瀬智也、インスタフォロワー激増に戸惑い「悲しく思うことがある」
 昨年3月末をもってTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所も退所した長瀬智也(42才)。最後の主演ドラマ『俺の家の話』(TBS系)の放送が3月に終了し、表舞台から姿を消したが、いま、彼のファンにとっては“逆転現象”が起きている。長瀬は4月にインスタグラムを開設。友人とバイクでツーリングしたり、釣りを楽しんだり、ギターを弾き語ったりとプライベートの姿が次々と公開されているのだ。「TOKIOとして活動していた頃よりも、ファンは長瀬さんを身近に感じ、さらに彼に注目が集まっていますよ。昨年、退所を発表したときは“裏方としてゼロから新しい仕事の形を作り上げていく”とされていましたが、現在の彼は何者なのか? いい表現が見つからない(笑い)。ファンにとってはうれしい誤算かもしれませんが」(芸能関係者) 長瀬の“露出”はインスタグラムに留まらない。この7月上旬、セレクトショップの折り込みチラシにモデルとして登場。久々に表舞台に登場し、話題を呼んだ。さらに8月末に発売されるバイク雑誌の表紙も務める。彼の職業はいったい何なのだろうか──昨年、TOKIOの3人が『女性セブン』(2020年8月13日号)のインタビューに応じ、松岡昌宏(44才)はこう代弁していた。「(長瀬の今後については)われわれの口からは何とも言えないのですが……本人曰くですよ、何かをするということではなく、いままで培ってきたものを表現したいと。それが何なのか彼の中で決まっていないそうです」 いま、長瀬のインスタグラムのプロフィール欄には「表現者」と綴られている。彼はこれからどこへ向かおうとしているのか──。 長瀬は6月に雑誌『日経エンタテインメント!』が発表した「タレントパワーランキング2021」で15位になっている。表舞台から去っても、いまだにその人気は絶大だ。だが、その“タレントパワー”を使うことには否定的だ。日本各地を豪雨が襲った8月中旬の昼過ぎ、都内のある施設から姿を現した長瀬を直撃した。「俺は、芸能プロダクト的な考えはもう一切ない。いままでは事務所にいたから、ジャニーさんのやり方でやらせていただいていたけど、30年間いさせてもらって、いろんなことを勉強させてもらったからね。できることをやっていけたらな、っていう話です」 インスタグラムでは最近、バイクレースに参戦したことを報告。長瀬が描く「未来」は、バイクやスケボー映画など、彼が触れてきたものを、より世間に広めていく活動にあるのかもしれない。しかも、いわゆる芸能ビジネスとは一線を画すやり方で。一方で、いまだに長瀬には多くのファンがいるのも事実。ありがたい半面、ジレンマに感じることもあるという。「俺のインスタグラム、いまとなっては、すごいフォロワー数になってしまったけど正直、個人的にやってたつもりだったんですよ……。 でも、世間の皆さんがそういうふうに受け取ってないから。ご覧の通り、ありがたいことだけど。フォロワーがすごい増えてきちゃって。個人的なインスタグラムじゃなくなってきてしまったのね。その辺は、もちろん、わきまえているつもりですけど。でも、悲しく思うことがやっぱりあるんですよ」──本当はもっと、ひっそりやりたい?「ひっそりというか、俺みたいな人が辞めるって言ったのに、こういうふうに“辞めていない”ことになっているなって俺は思っている。俺は、辞めた、辞めないってことは正直どうでもいいんだけど。第三者になったときに、俺じゃなくて、ほかの芸能人が誰か辞めたってなったときに、同じことが起きるのは悲しいよね……」 引退したのに、周囲がほっとかない。そんな複雑さを感じているようだ。「でも、こういう状況は少なからず、気に掛けてくれている人がいるってことだし、そこには感謝してるんで」 そう言うと、記者の目を見つめ小さく頷いた。「ずっと応援しています!」 思わずこぼれた記者の本音に、長瀬は「ははは。ありがとう!」と微笑んで去って行った。※女性セブン2021年9月2日号
2021.08.20 19:00
女性セブン
設立した会社では
TOKIOの3人「福島の喫茶店で秘密の会議」知られざる経営者としての顔
 株式会社TOKIO発足から3か月。芸能人であり経営者でもあるという“二足のわらじ”を履く3人は今、どんな日々を送っているのか。 5月下旬の夜、都内の新国立劇場で主演舞台「東京ゴッドファーザーズ」を終えた松岡昌宏(44才)は、疲れも見せずに軽快な足取りで車に向かった。 今年3月をもって元メンバーの長瀬智也(42才)が脱退。表舞台から去り、残った松岡と城島茂(50才)、国分太一(46才)の3人のメンバーは、4月1日付でジャニーズグループの関連会社「株式会社TOKIO」を設立。“ジャニーズ内独立”を果たして、新しい一歩を踏み出している。 社長には城島、そして副社長・企画担当に国分、副社長・広報担当に松岡が就いた。今も、テレビ冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)と「TOKIOカケル」(フジテレビ系)は継続中で、今回の舞台出演のように、芸能活動はこれまで通り続けている。一方で、新会社での事業も早速動き出していた。 4月21日には、同社とうどんチェーン店の丸亀製麺社が、共創型パートナーシップを締結して、「うどんで日本を元気にプロジェクト」を旗揚げした。 また、「ザ!鉄腕!DASH!!」のDASH村があった縁で、2011年の東日本大震災後からは県産の農林水産物のPR活動に携わっていたのは福島県。4月1日からは、その福島県庁企画調整部企画調査課内に「TOKIO課」というバーチャル組織も立ち上がった。内堀雅雄福島県知事(56才)は「福島のありのままの姿を発信していただきたい。県産の農産物も引き続きぜひPRしてほしいし、地域活性化につながるプロジェクトにも期待したい」と話している。「あまり知られていませんが、彼らは福島県に出向いて、県関係者らと会議を続けているんです。先日も福島の喫茶店で秘密の会議を行っていたようです」 と明かすのは、ある芸能リポーター。実際、5月26日放送の「TOKIOカケル」でも、城島が「福島の駅で3人で会議した時は、僕がコーヒー代全部払ったもん」と、3人での会社業務についてのエピソードを明かした。 この放送では、松岡も3人での打ち合わせについて、「もう冗談じゃないってくらい、もういいだろうってぐらい(3人で)会ってる。前は1か月以上会わないときもあったのに、オフィスとかで多いときは週3。もう、ちょっと嫌になってます」と“愚痴”をこぼしていた。「しかも太一は、コーヒーや茶1杯も入れてくれない。会社なんか作るんじゃなかった。メンバーの時の方が優しかった」とジョークを飛ばし笑いを誘った。 前出の芸能リポーターは「もちろん、それらはテレビバラエティーでのリップサービス。株式会社TOKIOが福島でプロジェクトを成功させることは、彼ら3人にとって最大の目標です。結成から約30年たった今でも、毎日のように一緒に仕事をして、ギャラも分け合う関係なんて、本当に珍しく、どんなグループよりも絆が深い。かっこいい大人のお手本ですね」と解説する。 ちなみに、城島と国分はすでに妻子持ち。仕事では“城持ち”にまでなっただけに、独身貴族、松岡の今後のプライベートも余計に気になるところだ。
2021.06.22 07:00
NEWSポストセブン
藤井聡太、常盤貴子、TOKIO、香川照之…聖火ランナーを辞退した人達
藤井聡太、常盤貴子、TOKIO、香川照之…聖火ランナーを辞退した人達
 オリンピックのシンボル「聖火」を運ぶ聖火リレーが福島県を皮切りにスタート! しかし森前会長の“問題発言”など、さまざまな理由から辞退者が続出。果たして都庁前まで聖火を届けることができるのか……。辞退した著名人を紹介しよう(名前横の記載は走る予定だった市や町)。●藤井聡太二冠(18才)愛知県瀬戸市 将棋界のニュースターが走る姿はお蔵入りに。五輪が延期になり先の見通しも立たないことが理由だそう。●ロンドンブーツ1号2号・田村淳(47才)愛知県犬山市 大会組織委員会の元会長・森喜朗氏の発言を理由に辞退。これを皮切りに、ほかの著名人の辞退が相次いだ。●五木ひろし(73才)福井県高浜町 福井県PRランナーの1人だったが、スケジュールの都合で辞退。代わりに選ばれたのは、バレーボール元全日本男子代表の荻野正二氏。●玉城ティナ(23才)沖縄県浦添市「仕事の都合がつかなくなった」という理由で辞退。後任ランナーは現在も調整中だとか。●常盤貴子(48才)石川県七尾市 石川県の走者として選ばれたが、やはり仕事の都合で辞退。後任は、同じく女優の若村麻由美にバトンタッチ。●斎藤工(39才)福島県南相馬市 福島県南相馬市を走るとして地元のファンも心待ちにしていたが、スケジュールの都合で辞退。●窪田正孝(32才)福島県福島市 朝ドラ『エール』(NHK)で福島市出身の作曲家、古関裕而を演じPRランナーとして走る予定だった。●国分太一(46才)松岡昌宏(44才)長瀬智也(42才)城島茂(50才) 長瀬脱退で節目を迎えるTOKIOが初日のゴール地点を4人揃って迎えるはずだっただけに、ファンからは悲しみの声も。●香川照之(55才)福島県楢葉町・広野町 香川は初日の第4走者としてJヴィレッジを走る予定だったが、これまた辞退。撮影/小彼英一、平野哲郎、矢口和也※女性セブン2021年4月8日号
2021.03.26 19:00
女性セブン
“男気”なはからいか
退所近づく長瀬智也 封印していた歌披露の奇跡、西田敏行も絶賛
 このままマイクを握ることなく、芸能界から去っていくのか。そう誰もが諦めかけていた。山口達也の事件以来、TOKIOは音楽番組のみならず、デビュー25周年ライブさえやらなかった。“活動期限”があと1か月に迫ったとき、奇跡が起きた──。 青や黄色、シルバーのポンポンやうちわを振りながら声援を送るファンたち。その視線を一身に浴び、白いスーツに身を包んだ男性4人組がステージ前方へと歩み出た。観客は100人に満たない小さなイベントステージ。彼がこれまで音楽を奏でてきた東京ドーム、日本武道館といった会場とは規模がまったく違う。しかし、たしかにステージに立った。 長瀬智也(42才)だ。立ち位置は右端。ギターは持たず、リードボーカルはほかのメンバーに譲っている。流れているメロディーはいつものロックではなく、ムード歌謡。1分以上コーラスを務めると、ボーカル魂を抑えきれなくなったのか、最後にはスタンドからマイクをもぎ取り、長い足でスタンドを勢いよく蹴飛ばす。そして、長瀬は「恋はブリザーード!!」とシャウトして、ポーズを決める。長瀬が、ついに歌った。ドラマ『俺の家の話』(TBS系、2月26日放送)の第6話でのことだ。「長瀬さんが能の人間国宝の長男で、元プロレスラーという役を演じる話題のホームドラマです。社会問題である介護や伝統芸能の存続、遺産相続などの問題に切り込んでいて注目されています」(芸能関係者) 劇中で長瀬がステージに立ったのは、久しぶりに家族全員で出かけた福島旅行でのこと。阿部サダヲ(50才)率いる、純烈ならぬ『潤 沢』というムード歌謡グループの臨時メンバーの1人として登場した。ドラマ関係者が明かす。「家族旅行の撮影は2月5、6日と8、9日の4日間にかけて、福島県いわき市のリゾート施設『スパリゾートハワイアンズ』で行われました。出演者はハワイアンズに宿泊しながらロケを行い、撮影の合間はかなりリラックスして過ごしていましたね」 冒頭の歌唱シーンが撮影されたのは、ロケ最終日の9日の昼頃だったという。「スタッフはもちろん、一緒にステージに立った桐谷健太さん(41才)、永山絢斗さん(32才)も長瀬さんの久しぶりの歌声を楽しみにしていました」(前出・ドラマ関係者) その期待に、長瀬は堂々と応えた。「長瀬さんが緊張しているそぶりは一切、ありませんでした。今作でプロレスラー役を演じるために10kg以上体重を重くした分、“音域が広がったんだ”と言っていましたね。 TOKIOは踊りませんが、ムード歌謡に合わせて脚本の宮藤官九郎さん(50才)の奥さんが振り付けたオリジナルダンスを、長瀬さんはすぐに覚えていました。なかなかダンスを覚えられなかった永山さんに長瀬さんが“こうやるんだよ”とドラマさながらの野太い声で“指導”していましたよ」(前出・ドラマ関係者) 長瀬が歌ったのは番組オリジナル曲の『秘すれば花』。歌詞には「こんなマスクじゃ隠せない」「ホテルとオフィスのディスタンス」といった時事ワードが盛り込まれたコメディー感あふれる楽曲だ。 しかも、面白くてキャッチーなだけではない。楽曲には長瀬、そしてTOKIOに対するリスペクトが込められていた。ドラマでの設定では、その曲の作詞は「なかにし札」、作曲は「筒美洋平」という人物とされた。「これは作詞家の故・なかにし礼さん、作曲家の故・筒美京平さんをオマージュしたものでしょう。このコンビは、TOKIOの代表曲である『AMBITIOUS JAPAN!』を作っているんです。細かい演出に長瀬さんへの愛が感じられます」(テレビ局関係者) そうした計らいに気づいたファンも多く、ドラマの長瀬のパフォーマンスに大興奮。「さすが、華があった」「歌声最高!」「この回は永久保存版だ」など、SNSは大きく盛り上がった。 実際、共演者も長瀬のパフォーマンスに魅了されたようだ。長瀬の父親役を演じる西田敏行(73才)に当日の歌唱シーンについて聞くと、「あれは最高だったよ!」と、わが子の久々の活躍を喜んでいるかのようだった。長瀬が意気に感じたクドカンの熱意 長瀬の歌がここまで注目される理由──それは、約3年間にもおよんだ長い封印が解かれたからだ。「2018年の山口達也さん(49才)の強制わいせつ事件以来、長瀬さんは公の場で歌っていません。長瀬さんは、自分はTOKIOというバンドのメンバーであるという思いを強く持っている。長瀬さんにとって、メンバーが欠けた状態での音楽活動は考えられないのです。それが、最後の最後で歌う姿を見せるなんて……奇跡としかいいようがありません」(音楽業界関係者) 長瀬はこの3月をもってジャニーズ事務所を退所する。昨年7月、ファンクラブサイトに発表したコメントで、《来年の3月をもって芸能界から次の場所へ向かいたいと思います》と将来についての考えを明かした通り、事実上の芸能界の“引退”であり、裏方に回るとされている。「退所後は、芸能活動とは別に、ファッションブランドを立ち上げ、その分野で世界進出を目指すという報道もあります。今作が最後のドラマ出演となり、公の場で歌う姿を見るのはこれが最後になるかもしれません」(前出・テレビ局関係者) 脚本家の宮藤は長瀬の“最後の花道”を周到に用意していたのだ。「長瀬さんが3年ぶりに歌ったのは、宮藤さんの熱い情熱があったからです。『秘すれば花』の作詞・作曲家の名前をTOKIOに関連させた人物にしたり、ロケ場所をTOKIOが3.11の震災後にずっとボランティアで支え続けてきた福島にするなどの設定を長瀬さんは粋に感じていました。その熱意に押され、喜んで歌ったそうです」(前出・ドラマ関係者) 長瀬の心を動かしたのは宮藤だけではない。共演者も長瀬の最後の作品に熱意を持って臨んでいる。「このドラマの構想は5年。長瀬さんと宮藤さん、プロデューサーが何度も打ち合わせしながらストーリーを考え、共演者を選んできました」(前出・ドラマ関係者) その1人が父親役を演じる西田で、今回のオファーを二つ返事で引き受けた。西田に話を聞いた。「長瀬くんが事務所を退所するにあたって、(今回が)最後の作品になるのではないかという話は聞いていました。以前も父親役(2010年放送のTBS系ドラマ『うぬぼれ刑事』)を演じていたので、お願いされたということですね。歌唱シーンは本当に最高だったよ」 前出のドラマ関係者が続ける。「長瀬さんと西田さんは最後の共演になるかもしれないと考え、気合を入れて撮影に臨んでいます。2人のやりとりはアドリブが多く、相乗効果で現場は盛り上がっています。西田さんも第6話で久しぶりに歌ったのですが、長瀬さんは“西田さんに負けていられない”という思いもあったそうですよ」 最後の作品作りは現在も続いている。「撮影は最終回ギリギリ、長瀬さんの退所の直前である3月中旬まで続き、連日、朝から行われています。関東近郊での地方ロケもまだ残っていて、最後までスタッフ、キャストが一丸となっていい作品にしようと頑張っています」(前出・ドラマ関係者) 長瀬のラストシーンにはどんなサプライズがあるのか、待ち遠しい。※女性セブン2021年3月25日号
2021.03.12 07:00
女性セブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト