ライフ

オバ記者 包丁出して「憎いなら殺れ」と母親に迫った過去

アラカン記者・オバ記者が「体罰」「しつけ」について考えを語る(写真/アフロ)

 体当たり企画などでもおなじみの『女性セブン』の名物ライター“オバ記者”こと野原広子(62才)が、世の中で話題になっていることに、自由な意見をぶつける。今回のテーマは「役所が定めようとする“体罰”は、世間とかなりズレている」だ。

 * * *
 ホント、役所のやることにはピント外れが多いけど、今回の厚生労働省もそう。

「しつけ」と称した虐待が相次いだのを受けて、「改正児童虐待防止法」が2020年4月から施行されるんだけど、それに先立って示された「体罰」のガイドラインの内容がなんともヘン!

「体罰」のガイドライン(厚生労働省の指針案より)
【1】注意しても聞かないので頬を叩く。
【2】いたずらをしたので長時間正座させる。
【3】友達を殴ったので同じように殴る。
【4】他人の物を盗んだ罰で尻を叩く。
【5】宿題をしないので夕ご飯を与えない。

 この5項目のほかにも、「お前なんか生まれてこなければよかった」と冗談で言ったり、きょうだいを引き合いに出してダメ出しするのもアウトなんだって。でも、この程度のことは、子育ての過程でどこの家でも少なからずあると思う。ガイドラインを作った人たちは、子供と身近に接したことが果たしてあるんだろうか?

 *

 私は自分の子供はいないけど、小学3年生の頃から子守りをする機会が実に多かったんだよね。弟、従妹から近所の子まで、背中におんぶひもをくくりつけてあやしてきた。背中の乳児は寝るとますます重くなるけれど、万が一この子にけがをさせたりしたら私もタダでは済まないんだなと思った。

 そう思いながらも、正直言って、子供に手を上げたことが何度かあるんだわ。

「感情に任せて手を上げたら体罰。冷静に叩いたら体罰ではない」と言う人もいるけれど、感情を高ぶらせずに手を上げるかね!? 「この野郎! ふざけんなっ」と拳を握った瞬間、頭にカーッと血がのぼっているわよ。それでも大事に至らないのは、とっさに手加減しているから…なのよね。

 時と場合によって、子供相手に手を出すこともアリだと私は思っているけど、その一方で、後悔していることも2つほどあるの。

 1つは、私が風邪をひいて寝ていて、その枕元を親戚の子供2人が走り出した時。

「やめて」と布団をかぶると、「ヒャハハ」と甲高い声。「お願いだから、ゴホゴホ、寝かせて」「や~だよ、ヒャハハハ」。

 悪ふざけでテンションが上がった子は(私の生まれ育った茨城県では“箱を背負った(しょった)”というんだけどね)、“狂気”を帯びている。兄、妹で交互に私の枕元をスレスレに走ったり、布団の上にドスンと体を投げ出したり―気づくと私は布団を跳ねのけて、8才の男児の腕をつかんで、頭を平手で思い切りひっぱたいていた。彼は泣きべそをかきながら、2才下の妹の手を引っ張って部屋から出て行った。あの時の殺意に近い感情は、30年以上たった今も鮮明に覚えている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン