ライフ

水素水、コラーゲン、酵素、ざくろは本当に体にいいの?

更年期障害にいいといわれるざくろだが、効果はほとんど期待できないという(写真/アフロ)

 インフルエンザの蔓延や冷え性、節々の痛みなどが気になる季節になってきた。健康への意識が高まっている昨今は、病原菌はマスクで完全防御。家に帰ったらうがいをして、歯磨きは厳選したお気に入りの歯磨き剤でしっかり行う。サプリメントを欠かさずのみ、水素水のペットボトルを持ち歩く…。そんな習慣を持っている人も少なくないのでは?

 しかし、もしかしたらあなたのその“健康習慣”は気休めだったかも…?

 運動に比べ、最も手軽に始められるのが「食べるだけで効果がある」健康食品やサプリメントなどを摂る健康法だろう。決して安くないが、意味のないものもあるようだ。

◆ざくろ

 更年期障害に悩む年頃の女性には、「ざくろ」がいいと聞いたことがないだろうか。ほてりなどの症状に悩み、積極的に摂っている人もいる。管理栄養士の望月理恵子さんが説明する。

「たしかに、ざくろは俗に更年期障害や婦人病にいい、とされています。女性ホルモン作用のある植物エストロゲンが含まれているものの、残念ながらその成分はかなり微量で、ほとんど効果は期待できません」

◆ゴジベリー

 中国では漢方にも用いられる、くこの実は「ゴジベリー」という名前で再び注目されている。抗酸化作用や滋養強壮、そして眼精疲労にいい「スーパーフード」として熱い視線を浴びているのだ。

「これもビタミンC、ミネラル、たんぱく質、βカロテンなどが豊富だといわれていますが、実際に食べられる分量に含まれるそれは非常にわずか。1日20粒が適量とされますが、それだけ食べても1日に摂取することが推奨されているビタミンCの100分の1しか摂れない」(望月さん)

◆コラーゲン

 コラーゲンを積極的に摂ることで肌のハリを保てると考えられがちだが、口から摂取したコラーゲンは、浸透しづらい。新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんはこう言う。

「私も学生とのコンパでコラーゲン鍋を囲むことがありますが、やはり残念ながら口からコラーゲンを入れても消化液で分解されてしまい、肌に浸透するわけではない。食べた次の日に肌がツヤツヤしているように感じるのも、実は脂のテカリです」

 肌にいいことをしたつもりが、油脂分の摂りすぎになっているのかもしれない。

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB