• TOP
  • ライフ
  • 【井上章一氏書評】ナポレオンの器の小ささも見逃さぬ拘り

ライフ

2019.12.18 16:00  週刊ポスト

【井上章一氏書評】ナポレオンの器の小ささも見逃さぬ拘り

『ナポレオン』1台頭篇/2野望篇/3転落篇 佐藤賢一著

【書評】『ナポレオン』1台頭篇・2野望篇・3転落篇/佐藤賢一・著/集英社/各2200円+税
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 ナポレオンの伝記、評伝は、昔からたくさん書かれてきた。小説の形にまとめた読みものも、いっぱいある。マンガになったものも、少なくない。日本におけるフランス史の人気を、マリー・アントワネットとともにささえ、二分する人物だと言える。

 私は、そのどちらに関する書物も、けっこう読んでいる。こういうものに目をとおすと、書き手ごとのちがいもたのしめる。菊池寛には菊池寛のナポレオンがあり、城山三郎にも彼なりのナポレオンがある。そういう違いが、けっこう味わい深かったりする。

 スタンダード・ナンバーの演奏ぶりで、ミュージシャンごとの個性を堪能する。枯葉でビル・エヴァンスとキース・ジャレットを聴きくらべる。あれと同じ娯楽に、読書をとおしてひたることができるのだ。

 さて、佐藤賢一のナポレオンである。類書とくらべれば、あまり英雄的ではない部分に光があたっているなと、私はうけとめた。人として、男として器の小さいところも、見すごさないようにした小説だと思う。

関連記事

トピックス