芸能

氷川きよし 本家QUEENが公式カバーを認めた3つのポイント

最近は“きよし子”“きーちゃん”という愛称で親しまれている

 演歌歌手の氷川きよし(42才)が『氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜Vol.19~』で、世界的ロックバンド・QUEENの『ボヘミアン・ラプソディ』の日本語バージョンを初披露すると、ファンのボルテージは一気に上がったという。

 伸びのある歌声に、SNS上には、

《心を打たれた。いや、撃ち抜かれた…》
《あの『何でもあり』な曲を日本で歌いこなせるのは演歌もロックもお手の物な、キヨたんが筆頭格かも》

 といった絶賛の書き込みが相次いでいる。

 氷川が歌ったのは、QUEEN側の認可を受けた初の公式日本語バージョン。氷川だけがQUEENに「公式に認められた」ということだ。

 数多いるロック歌手をさしおいて、なぜ演歌歌手の氷川に白羽の矢が立ったのか。

「音楽評論家でQUEENのメンバーとも交流のある湯川れい子さんが、数か月前に氷川さんと食事をしている時に、“唯一、やっていないジャンルは洋楽のカバーよね”という話で盛り上がった。その際、氷川さんが映画を見て心酔していた『ボヘミアン・ラプソディ』を歌ってみたいと申し出たそうです。

 湯川さんはQUEEN側に自ら連絡し、氷川さんをアピール。“歌がうまい”“2019年で20周年”“自分が責任を持って訳詞する”の3点をアピールして許諾を得たそうです」(レコード会社関係者)

『ボヘミアン・ラプソディ』といえば、約6分もの長さに加え、ハードロックやバラード、オペラの要素を融合したQUEENの代表曲。これを氷川はQUEEN側の期待に応え、見事に歌いきった。

 2017年にビジュアル系の衣装とメイクで踊り歌う『限界突破×サバイバー』をYouTubeで公開したのをはじめ、近年の氷川は“中性的な魅力”が開花。2019年11月に開設したインスタグラムの公式アカウントでも、その“美貌”に注目が集まっている。

「氷川さんは子供の頃から女の子っぽくて、“オンナ!”“オカマ!”などとイジメられ、演歌歌手になってからも“男らしく”していなければならないことに息苦しさを感じてきたそうです。

 勇気を持って自らのイメージを打ち壊し、自分らしく正直な生き方をする氷川さんに、共感する女性たちが増えているんです」(音楽関係者)

 QUEENのボーカル、フレディ・マーキュリーも自分自身のあり方に悩んだ末、ありのままに生きることを選んだ。SNS上には《フレディ・マーキュリーもきっと納得の歌声》《きーちゃんこそ、フレディだ》という書き込みもあった。氷川もありのままに生きる道を進み始めたようだ。

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン