ボヘミアン・ラプソディ一覧

【ボヘミアン・ラプソディ】に関するニュースを集めたページです。

氷川きよしが活動休止しジェンダーを超えた動きを見せるのか
氷川きよしが活動休止 ジェンダーを超えて自分らしく変わるために必要な決断か
 氷川きよし(44才)を追っかけ続けてきたファンにとって、その発表はショックだけでなく、大いに違和感を抱かせるものだった。1月21日、氷川が所属事務所及び、レコード会社の公式ホームページで、今年いっぱいをもって歌手活動を休止することを突然発表した。 理由は《自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたいという本人の意向》だが、具体性に欠け、休止期間も明確にされていない。これから年末までに行われるライブなどを通じて、本人からメッセージが出されるというが、なぜそのような重大な決断の発表に、本人コメントさえ出さず、事務所に任せきりにしたのか。 そして、そもそも、なぜ休止しなければならないのか。この数年の氷川の姿は、「自分らしさを表現できている」という充実感で満ちていたように見えていた。だからこそ、突然の活動休止には違和感が拭えない。「氷川さんは3年前の2019年にデビュー20周年を迎えました。それまでは、“自分を育ててくれた事務所に恩返しをしたい”とがむしゃらに走ってきた。プライベートの自分と、ステージ上やカメラの前に立つ『演歌歌手の氷川きよし』に、大きな隔たりがあることを感じながらも、がまんを重ねてきたようです。 しかし、20周年を迎えたとき、ホッと胸をなで下ろしたのでしょう。これで、事務所にもファンにも恩返しができたのではないかと。だからこそ、これからは“自分らしく、ありのままに生きる”と決意し、その後はその言葉を繰り返し公言してきました」(レコード会社関係者) 20周年記念シングルの発売記念イベントでは、氷川自身、こう語っている。「自分のなかで20年間やったなと。“氷川きよし業”を務めて、“氷川きよし”という作品を作ってきた」「これからはアーティストとして、なりたい自分になることが自分の人生。ますます自分らしく、自分に素直に」 氷川にとっての“ありのまま”とは、同年11月に開設されたインスタグラムで表現される姿を筆頭に、その後のステージやテレビ番組などでの振る舞いを見れば、自ずと知れるだろう。化粧、アイメイク、スカート、網タイツ、ウエディングドレスのような純白ドレス、「あたし」と自分を呼称し、愛称は「きよし」から「きーちゃん」へ──。 氷川本人は2019年の雑誌グラビアで、素肌に紫の羽をまとってアンニュイな表情を浮かべる姿を披露したことについて、「『ジェンダーを超えた自分らしさ』を特集してほしいと思っていたので、その夢が叶った」と喜んだ。「氷川さんにとって、自分らしさと、“ジェンダー(性差)を超えること”は切り離せないのです。『年齢や性別は関係ない美しさを追求したい』とも常々語っています。20周年以降は“ありのまま”を実践して、とても充実しているように見えました」(前出・レコード会社関係者) それなのに、突然の活動休止宣言。期限を区切らない活動休止は、音楽業界では「事実上の引退ではないか」とも囁かれる。自分らしさを解放した矢先の、彼のなかで起きた重大な変化とは何か──氷川の知人でプライベートでも親交のある人物がこんな話をする。「最近きれいになったと評判の通り、氷川の外見はここ数年で大きく変わってきました。1年ちょっと前、彼はある芸能界の先輩に相談を持ちかけたんです。“もっと自分らしくなるために、容姿だけでなく、どんどん変えていきたいんです”と気持ちを明かした。もっと美しく、男とか女とかにとらわれない自分らしさに磨きをかけたいということでした。 ただ、その先輩は“まずは親からもらった体を大事にした方がいい”と伝えたそうです。氷川自身は納得のいかない様子でした。今回の活動休止は、彼が性別をも超えて自分らしく変わるために必要な決断なのではないかと思います」「きよしくんは卒業した」 氷川は2000年に演歌歌手としてデビューした。アイドルのようなルックスが注目され、デビュー曲の『箱根八里の半次郎』は大ヒット。同年には日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞して、一躍、お茶の間の人気者になった。ついたあだ名は“演歌界の貴公子”。その後も『大井追っかけ音次郎』や『きよしのズンドコ節』などヒット曲を連発し、平成演歌の旗手となった。 演歌界の未来を背負って立つことを期待され、以来20年にわたりその期待に応え続けてきた青年の変化はまず歌に表れた。2017年2月から放送されたアニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)の主題歌『限界突破×サバイバー』を担当したことは、彼にとって大きな転機だった。20周年を迎える2年前のことだ。「この頃、氷川さんは演歌以外のジャンルにも興味を持つようになっていました。演歌歌手がアニメの主題歌を歌うというのも驚きでしたが、それよりも世間を驚かせたのは、曲調が演歌ではなくロックだったこと。そして、衣装がそれまでの定番である和服でもスーツでもなく、ラメやレース、網タイツを組み合わせたビジュアル系のものに変わったことでした。男性としては線の細い氷川さんに、その衣装はよく似合い、大好評でした」(芸能関係者) この曲で、氷川はアニメファンの喝采を浴びた。「氷川さん自身も演歌ではない衣装を気に入り、“演歌の貴公子”のファンの前でも、披露するようになりました。真っ赤なエナメルのボディースーツでファンを驚かせたかと思えば、濃いアイシャドウを施すなど、女性的メイクで出演することも増えていった」(前出・芸能関係者) 氷川のファン以外からも大きな注目を集めることとなった。そして迎えた2019年の20周年コンサートでは、純白のドレスでブランコに揺られる姿で登場した。「2017年頃はビジュアル系バンドマンのような見た目でしたが、2019年頃になるとさらにジェンダーを感じさせないメイクやファッションを意識していました。それだけでなく、手料理を公開するなど氷川さんのメッセージ性が強く表に出るように。それまでの“演歌の貴公子”から素の自分になっていっていた気がします。一方で、その姿は若者世代にも人気で新たなファン層も拡大していきました」(前出・芸能関係者) 2019年は、英国でカリスマ的人気を誇ったロックバンド、クイーンの代表曲『ボヘミアン・ラプソディ』の日本語カバーを披露したことも、氷川にとっては大きな転機になったという。「音楽評論家でクイーンのメンバーとも交流のある湯川れい子さんが、氷川さんに洋楽のカバーを提案したところ、映画を見て主人公の苦悩や孤独に涙したという氷川さん側から、この曲を歌ってみたいという申し入れがあって実現したものです」(前出・レコード会社関係者) 映画とは、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの人生を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』。アカデミー賞で4冠を達成した大ヒット作だ。「フレディは同性愛者であることに葛藤しながら、音楽の世界で頂点に立ちました。45才の若さで亡くなりますが、その姿が多くの観客の心を打ち、ヒットにつながったのです。クイーンの曲を日本語に訳して日本人が歌うというのは、権利的にもかなりハードルが高いはずです。しかし、湯川さんの丁寧なプレゼンに加え、氷川さんが歌うということもあって、クイーン側も許可したのです」(前出・レコード会社関係者)「きよしくんは卒業した」と公言し、自身に「kiina」というニックネームを付けるようになったのもこの頃だ。「それまでも、歌手・氷川きよしとプライベートの自分は別人格だと口にすることはありました。それでも、演歌のテーマは男の生き様であることが多く、歌い手としてその歌の主人公になりきろうとしてきました。しかし努力する一方で歌手・氷川きよしと本来の自分との乖離に違和感が大きくなっていったようです。 一度マイクを置くと、ファッションやメイク、料理や園芸が好きな本来の自分に戻るというように、切り替えていたようですが、歌でこそ、自由に本当の思いの丈を伝えたいという気持ちとの間で葛藤が生まれていたようです」(前出・氷川の知人) その頃、雑誌のインタビューで「男らしく生きて欲しいと言われると、自殺したくなっちゃうから、つらくて」と赤裸々な心情を語っている。さらに今後について、「今までの苦難も含めて全部をさらけ出し、歌にのせて表現することで、こんな私でもここまで頑張って生きてこられたんだ。そう伝えるのが歌手としての使命。人生の後半は、それを表現していく生き方になる」とも明かした。「男らしさ」「女らしさ」を、本人の気持ちをないがしろにして求めることは、人権を守る上で、厳に慎むべきことであるのは現代社会の当然のルールだ。だがその昔は、平気で固定化された性差の観念を押しつける風潮も存在した。 次第に、性の多様性を認めることの重要さが社会全体に浸透してきたことで、氷川も「ジェンダーを超える自分らしさ」を表現しやすくなったのかもしれない。誰もがジェンダーで悩むことなく、ありのままで生きられる社会は、氷川が「歌手としての使命」と言う通り、実現されなければならない。 その頃は、仕事現場でも、明るい表情を見せることが多くなっていった。それでも、氷川は「歌手」を休止する決断をした。彼の歌声を聞ける日はいつになるのか──。※女性セブン2022年2月10日号
2022.01.27 07:00
女性セブン
氷川きよしと新庄剛志 目が離せないふたりの進化する男
氷川きよしと新庄剛志 目が離せないふたりの進化する男
 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏(72)が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、進化する二人の男、氷川きよし(42)と新庄剛志(48)についてお送りする。 * * *『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)、たて続けに氷川きよし、新庄剛志と出て頂き楽しく喋ったので、ここでは〈進化する男たち〉ってことでふたりの事を書こうかなと思ったら、凄い男が現われた。女体盛りの“グルメ王”アンジャッシュ渡部である。大島じゃない方の?「児嶋だョ」なんて声も届かぬままにすれ違い(のネタが得意)。いくら“多目的トイレ”でもその目的に使っちゃまずいだろっての。私も「またね」と言って1万円札渡しそうになった。渡部の目と耳には“東京アラート”が届かなかったのか。 小池の卒業は一体どうだったのか、コロナ禍騒動の報道が少し収まったかなと思ったら色んなニュースが……手越だってどこかへ行っちゃったし、久米宏75歳も今月いっぱいで静かにマイクを置くんだろ。様々〈進化する男たち〉である。渡部は〈チン化する男〉だな。 玉袋筋太郎が「オレ土曜日ってあいてんだよな。スウィーツとか食べればいいんだろ。タイトルも大して手間かけずに『王』のところに『、』を打ってさ、“玉様のブランチ”ってやれば分からないんじゃない」だとさ。渡部が万が一戻ってきたら“王様のブランク”にすればいい。 それよりも目が離せないのはふたりの進化する男だ。20年演歌を歌い続けトップまで登りつめた氷川きよしが、ポップスへと変化する第2形態。デビュー半年前からずっと私のラジオで曲をかけ続け「なんだ、このえらい歌のうまい奴は?」と思わせ、クチコミで噂を広げといてのドーンとデビュー。 いつもコンサートやら芝居を見に行くのだが、夜の部がなくて昼の部だけだったとき、見終わって帰路につくところで留守電が入っているのに気がついた。あの声で「高田センセー、今日は来て頂いて本当にありがとうございます。今日は夜がないということで、ひとりで電車に乗って帰ってみようと思い(ガガガー)あ~ぁ、どこだ? これどこへ向かってんだ? アーッ、逆~ッ」ガチャリと電話は切れた。迷子になる座長である。憎めない男なのだ。 カバーした『ボヘミアン・ラプソディ』や『限界突破×サバイバー』など、14曲が入った初のポップスアルバム『パピヨン』が出ました。 そしてバリ島に住んで10年、あの新庄劇場と呼ばれた新庄剛志がまた日本のプロ野球に帰ってきます。19日開幕するプロ野球、そこへ突然のサプライズ入団もあるかもしれません。20億円の横領詐欺被害を受けても白い歯で笑う48歳。どんな敬遠球だってサヨナラ安打にしてみせる人生です。■イラスト/佐野文二郎※週刊ポスト2020年7月3日号
2020.06.25 16:00
週刊ポスト
時間はいっぱい!家ごもりでやりたい超おすすめサイト5選
時間はいっぱい!家ごもりでやりたい超おすすめサイト5選
家ごもりが続く昨今。家族で時間をもてあましていませんか?長い時間があるからこそいつもできないことやしていないことにチャレンジしてみては。あなた自身のレベルアップからハリウッドスターの絵本読み聞かせなど、時間がいっぱいある今だからこそおすすめしたいサイトをピックアップしました!ディズニーを体感!「在宅ディズニー」URL:#在宅ディズニー料金:無料世界のディズニーランドは休園している今。ディズニーに行きたくてもいけない状況ですよね。でもこの動画をみれば家にいながらディズニーの楽しさを再現。自宅をホーンテッドマンション風に創りあげているにクオリティに圧巻です!ディズニーいけない悲しみをこの動画が忘れさせてくれるはず。ハッシュタグ「在宅ディズニー」で他のディズニーを検索してみて!下記に人気の動画をのせてますよ。完璧にホーンテッドマンションの世界観を再現!こちらのホーンテッドマンションはゴーストが本格的(笑)ライン講座でレベルアップサイト名:グロービス学び放題URL:https://hodai.globis.co.jp/curriculums料金:新規登録から10日間は無料で利用可能自分に合った受講コースが受けられる学習コンテンツを提供する動画サービス。ビジネスに必要なスキルを9つのカテゴリに分けて用意しています。思考、戦略・マーケティング、組織・リーダシップ、会計・財務、グローバル、変革、キャリア・志、テクノベート、創造などです。自分をアップデートして家ごもりを有意義なものにするのはあなたしだいです。グーグルってすごい!家にいてもバーチャルで美術館めぐりサイト名:GoogleアートプロジェクトURL:https://artsandculture.google.com/料金:無料グーグルのすごさを感じたこのサイト。なんと世界の有名美術館をバーチャルで体験できるのです。しかも高画質なので美術館で鑑賞する以上に細部を見ることが可能。コレクションでは「MOMA」「ヴェルサイユ宮殿」「エルミタージュ美術館」他多数。アーティストは「クリムト」「レンブラント」「ゴーギャン」「マネ」から「手塚治虫」までラインナップは十分!翻訳機能があるので日本語でアートの世界を堪能できます。ひとりで楽しんでもいいし、アート好きなお子さんと感想をいいあいながら一緒に見るのも楽しそうですね。はっきりいって、無料なんて信じられない!!ぜひ煌びやかなアートの世界をのぞいてみて。朝5時から23時まで!すっぴん、部屋着でフィットネスサイト名:SOELUURL:https://www.soelu.com/料金:スクーター:月2回・月額980円~、ベーシック:月5回・月額2,980円~、プレミアム:1日2回レッスン・月額 5,980円家にいながらヨガ、ピラティス、ストレッチを動画で受けられるサービス。インストラクターと画面越しにつながりスタジオ同様のレッスンを受けられるライブレッスンと、動画を見ながら好きなタイミングで体を動かすことのできるビデオレッスンが用意されています。子育てママが安心して家でヨガライフを送れるように、赤ちゃんが泣いてしまって受講できなかった場合の補填がきく「赤ちゃん泣いたら保証」なるものを導入していますよ。これなら外出する手間もないし、すっぴんOK、髪ぼさぼさOK、目あにOK(笑)。家ごもりで増えてしまった体重はフィットネスで減らすしかありません?!ずーとみていたい!英語で絵本の読み聞かせを動画で見られるサイト名:Storypne OnpneURL:https://www.storypneonpne.net/料金:無料なんと絵本を読んでくれるのはショービズ界で活躍する有名な俳優や女優さんなのです。例えば「The Empty Pot(サブタイトル:空っぽの壷)」は【ボヘミアン・ラプソディ】のオスカー俳優Rami MaLekさん、「Clark the Shark」はイケメン俳優 Chris Pineさんと、これだけでもテンションが相当あがるはず・・・。わかりやすく感情を込めながら、ゆっくりと読んでくれる読み聞かせにうっとり。さすがプロの俳優さんたちとってもお上手です。。英語字幕もでるので親子で英語のヒアリング勉強なること間違いなしですよ。おわりにまだまだ続きそうなコロナショック・・・。外にでかけられなくてもディズニーやアート、ヨガなどインターネットがつながっていれば、家ごもりしながら楽しみこともできます。これを機会に好きなことや興味あることに時間を費やしてみるのもいいことかもしれませんね。※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。ご了承ください。
2020.04.03 15:00
たまGoo!
最近は“きよし子”“きーちゃん”という愛称で親しまれている
氷川きよし 本家QUEENが公式カバーを認めた3つのポイント
 演歌歌手の氷川きよし(42才)が『氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜Vol.19~』で、世界的ロックバンド・QUEENの『ボヘミアン・ラプソディ』の日本語バージョンを初披露すると、ファンのボルテージは一気に上がったという。 伸びのある歌声に、SNS上には、《心を打たれた。いや、撃ち抜かれた…》《あの『何でもあり』な曲を日本で歌いこなせるのは演歌もロックもお手の物な、キヨたんが筆頭格かも》 といった絶賛の書き込みが相次いでいる。 氷川が歌ったのは、QUEEN側の認可を受けた初の公式日本語バージョン。氷川だけがQUEENに「公式に認められた」ということだ。 数多いるロック歌手をさしおいて、なぜ演歌歌手の氷川に白羽の矢が立ったのか。「音楽評論家でQUEENのメンバーとも交流のある湯川れい子さんが、数か月前に氷川さんと食事をしている時に、“唯一、やっていないジャンルは洋楽のカバーよね”という話で盛り上がった。その際、氷川さんが映画を見て心酔していた『ボヘミアン・ラプソディ』を歌ってみたいと申し出たそうです。 湯川さんはQUEEN側に自ら連絡し、氷川さんをアピール。“歌がうまい”“2019年で20周年”“自分が責任を持って訳詞する”の3点をアピールして許諾を得たそうです」(レコード会社関係者)『ボヘミアン・ラプソディ』といえば、約6分もの長さに加え、ハードロックやバラード、オペラの要素を融合したQUEENの代表曲。これを氷川はQUEEN側の期待に応え、見事に歌いきった。 2017年にビジュアル系の衣装とメイクで踊り歌う『限界突破×サバイバー』をYouTubeで公開したのをはじめ、近年の氷川は“中性的な魅力”が開花。2019年11月に開設したインスタグラムの公式アカウントでも、その“美貌”に注目が集まっている。「氷川さんは子供の頃から女の子っぽくて、“オンナ!”“オカマ!”などとイジメられ、演歌歌手になってからも“男らしく”していなければならないことに息苦しさを感じてきたそうです。 勇気を持って自らのイメージを打ち壊し、自分らしく正直な生き方をする氷川さんに、共感する女性たちが増えているんです」(音楽関係者) QUEENのボーカル、フレディ・マーキュリーも自分自身のあり方に悩んだ末、ありのままに生きることを選んだ。SNS上には《フレディ・マーキュリーもきっと納得の歌声》《きーちゃんこそ、フレディだ》という書き込みもあった。氷川もありのままに生きる道を進み始めたようだ。※女性セブン2020年1月2・9日号
2019.12.19 07:00
女性セブン
『アナ雪2』に隠された8つの謎とは?(Ph:Getty Images)
『アナ雪2』の見どころ QUEENオマージュや隠れキャラ登場も
「レリゴ~♪」の歌声が日本を席巻してから5年、11月22日に『アナと雪の女王2』が日米で同時公開された。公開10日目で日本国内の興行収入は43億582万円、観客動員数338万人を記録した。緻密に作り込まれた『アナ雪2』の謎を知れば、映画館へ足を運ぶ魔法にかかること間違いなし! 明るくて家族思いのアナと、アナの姉で、雪や氷を作り出す「魔法」の力を持つ一国の王女エルサ。前作では、その特殊な力を恐れて部屋に引きこもっていたエルサが、アナとの「真実の愛」によって「ありのまま」の自分を見つけ出す、姉妹の絆を描いた。 物語の中では3年の時が経ち、アナは21才、エルサは24才に成長。続編となる今作ではエルサの魔法のルーツを明かす旅が繰り広げられる。映画ジャーナリストの立田敦子さんはこう予測する。「前作公開時、高いクオリティーで知られる従来のディズニーアニメーションと比べ、作品の評価はそれほど高くありませんでした。なので、当初から続編の構想があったわけではないと思います。しかし、王子さまとの恋ではなく『姉妹の愛』を選ぶ前代未聞のプリンセスとキャッチーな主題歌が時代に受け入れられ、大ヒットに結びつきました」(立田さん・以下同) 前作をメガヒットに導いたメイン曲『Let It GO』ほど今作には子供にもわかりやすくキャッチーな曲がないともいわれ、「前作ほどリピーターが現れないのでは」というシビアな声もあるが、一方で、「今作の方がよかった」という感想も少なくない。世界が待ち望んだ『アナ雪2』の魅力を解剖したい。◆史上初!パンツスタイルのプリンセスたち「クリスチャン・ディオール」や「アレキサンダー・マックイーン」などのハイブランドのデザインを参考にしていると噂されるアナとエルサの衣装だが、今作では豪華なドレス姿ではなく、タイトなパンツスタイルで冒険に挑む。「エルサのあまりの強さに驚いた人も多いのでは。アメコミ映画でも強い女性はたくさん描かれていますが、パンツスタイルで戦うエルサはまるで“ワンダーウーマン”のようだと評判です」 パンツスタイルのプリンセスが2人も登場するディズニーアニメーションは史上初。さらに、いつもロングドレスだったエルサが裸足を見せるのも今回が初めてだ。◆クリストフのMVはQUEENのオマージュ? アナの恋人のクリストフが、切ない男心を表現した『恋の迷い子』を歌い始めた瞬間、なんとも“クサい”演出に劇場にはどよめきが起こることも。 クリス・バック監督は「この曲は80年代のロックバラードやMV(ミュージックビデオ)にインスピレーションを受けた」と語っており、男性が自分の気持ちを歌い上げる曲が自然だった当時の米国の音楽シーンを再現している。暗闇にクリストフとトナカイたちの顔が浮かび上がるシーンは、QUEENの『ボヘミアン・ラプソディ』のMVをモチーフにしていると噂されている。◆トトロも!? 「隠れキャラ」目撃情報 映画が始まった直後、幼いアナとエルサが遊ぶ氷の人形の中に、ベイマックスやダンボの姿が。さらに、一部の米国メディアによると“トトロ”も潜んでいるという。 そのほか、雪だるまのオラフがジェスチャーゲームを行う場面では、耳が丸くて黒いおなじみの「ねずみ」の姿が。※女性セブン2019年12月19日号
2019.12.06 07:00
女性セブン
私たちが「集団フィットネス」にハマるワケ パーソナルトレーニングと何が違う?
私たちが「集団フィットネス」にハマるワケ パーソナルトレーニングと何が違う?
「レジャー白書2018」によれば、日本のフィットネスクラブ市場は、4610億円と過去最高を記録。2020年の東京五輪を前に健康志向が高まれば、さらに拡大する可能性があるとされている。 特に都心部を中心に増えているのが、「グループレッスン」「集団トレーニング」と呼ばれる業態だ。インストラクターがつきっきりで普段の食事や運動を指導するパーソナルトレーニングと違い、数10名単位の集団で同一のトレーニングを行うのが特徴。大人数で受講するため、月額料金も安価に設定されている。時間も1レッスンが40~50分と、忙しい社会人でも通いやすいため、主要な駅を中心にスタジオの数は増え続けている。ボクシングの動きを中心にした「b-monster(ビーモンスター)」や、エアロバイクでトレーニングを行う「FEELCYCLE(フィールサイクル)」などが、その代表格として知られている。◆出勤前と仕事終わりにレッスンを受ける人も 20代の女性会社員・Aさんは、夫婦で「フィールサイクル」のレッスンに通い始めて約半年になる。自転車をこぐトレーニングが中心だが、自転車の上で腕立て伏せや腹筋、ダンベルなどの運動も行う。レッスンは通いたい放題で、Aさんは週に2回のペース。場内には、同じく仕事帰りのOLや会社員がほとんどだという。 今までも様々なジムに通ってきたものの長続きはしなかったが、フィールサイクルは楽しむことが出来ているというAさん。「食べるものや運動習慣などを口うるさく管理されるパーソナルトレーニングと違い、自分のペースでレッスンに通えるのがいいですね。レッスン中のBGMは流行のクラブ系音楽なので、つられてノリノリで運動することができます。選曲もシーズンごとに変わるので飽きがこない。映画『ボヘミアン・ラプソディ』がヒットした直後は『クイーン』の楽曲が特集されるなど、興味をもてる工夫がなされているように思います。出勤前にスイッチを入れるために行って、仕事終わりにはストレス解消で行くぐらいハマってる友人もいます」(Aさん) 暗闇の中のトレーニングで知られている「フィールサイクル」だが、女性視点ではうれしいことも多いと明かす。「トレーニング中の必死な表情だったり、つらそうな表情を人に見られたくない。あと、少しサボっていても、バレにくい(笑い)。集団の中で適度になまけられるのも、暗闇トレーニングの良さだと思います」(Aさん)◆定時前なのに…仕事よりレッスンが優先 30代の男性会社員・Bさんは、「b-monster」に通いはじめて2か月。すでに、8キロのダイエットに成功している。暗闇の中で踊るように運動することで、全身を鍛えられることが特徴だ。「友人や同僚などの身近な人たちに誘われて、体験レッスンに参加。『これは痩せる』と思い、その場で入会しました。短い時間のなかで集中的に運動して、わかりやすく痩せていける。着られる服もどんどん細身になってるし、自分への自信もつきました。最初は週に2回ほどでしたが、痩せる軌道に乗り始めたのでトレーニングを受ける頻度を増やしています」(Bさん) フレックスタイム制で時間の融通がつきやすいこともあり、最近はすっかりトレーニングが中心の生活を送るようになっている。平日は4~5回と、ほぼ毎日レッスンに参加。仕事もダラダラせず、効率的に進めるようになった。 一方で、フィットネスにはまりすぎたあまり、体調を崩した経験を持つのは30代男性会社員・Cさんだ。「2年前ほどに、週4回ほどグループレッスン型のジムに通い、2か月で8キロ痩せました。ただ、最初こそ順調だったのですが、そこからは体重がなかなか減少しない停滞期に突入。体重を少しでも減らしたい強迫観念に襲われ、スープとプロテイン中心の生活を行いました。するとある日、急激な痛みを伴う腹痛に襲われて病院に……。診断は、栄養不足とストレスによる急性胃腸炎でした」 夢中になれるのは素晴らしいことだが、何事もほどほどに付き合ったほうが良さそうだ。
2019.07.18 16:00
マネーポストWEB
瀬尾さんに「7つの質問」
本屋大賞・瀬尾まいこ氏に7の質問「面白かった本は?」
 血のつながりがない親たちに愛情を注がれ、大切に育てられた17才の女の子が主人公の小説『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)が、第16回本屋大賞を受賞した。著者は、デビュー以来「悪人が出てこない小説」を書いてきたと言われる瀬尾まいこさん(45才)。 そんな瀬尾さんの素顔を知るべく、7つの質問に答えていただいた。Q1:最近読んで面白かった本は? 絵本でもいいですか。『わくせいキャベジ動物図鑑』。編集者のかたが送ってくださって、娘も私も夫もハマりました。Q2:新刊が出たら必ず買う作家は? 文庫本しか買わないんですが、湊かなえさんの本はよく読みます。大学の卒論は山本周五郎の『さぶ』について書きました。Q3:好きな映画は?『ボヘミアン・ラプソディ』。クイーンのファンになりました。妹が先に見て、「子供は見とくから見ておいで」と言ってくれて、夫と2人で行ってきました。何度も見返すのは『ショーシャンクの空に』と『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』。Q4:趣味は何ですか? 食べるのは好きです。おいしいものを食べたいと思いながらネットを見るのも好きで、どこかに出かけるとなったら付近にあるおいしそうなものを調べて出かけます。自分で料理するのは、いまはただただめんどくさい。娘の好きなものと夫の好きなものが違うので、両方を同時には満足させられず、どうしても娘優先でつくりますね。Q5:一番リラックスする時間は? 家にいて、夫が帰ってくるとほっとするかな。すごい夫が好きとかじゃなくて、ものすごく天然な人なので、帰ってきたら「今日も無事だった」ってほんとにほっとするんです。Q6:1日のスケジュールは? 7時に起きると夫は出勤しています。娘と一緒に朝ご飯を食べて、一通り家事をして、娘を送り出したらぼーっとして、ちょっと仕事します。娘が帰ってきたら、ちょっと庭で遊んで。夜ご飯は娘と食べて、お風呂に入れてるころに夫が帰ってくる。9時ごろに寝ますが、元気なときはその後、テレビを見ます。Q7:奈良でおすすめのスポットを教えてください。 奈良はいいところがいっぱいあるのに、アピールがめっちゃ下手じゃないですか。だからそう言われると焦りますね。でも大仏とか奈良公園はみんな知ってるし。奈良県庁の屋上からは、いろんな歴史的建造物が見られるので奈良公園に行く人は県庁の屋上に上ってみてください。お昼ご飯も食べられます。奈良公園だと鹿が寄ってくるけど、屋上だとゆっくり食べられるのでおすすめです。【プロフィール】瀬尾まいこ/せお・まいこ。1974年大阪府生まれ。2001年「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し翌年デビュー。2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を、2009年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞。最新作は『傑作はまだ』。※女性セブン2019年4月25日号
2019.04.12 16:00
女性セブン
世界ネコ歩きの岩合光昭氏が映画監督に挑戦、ねこ名優も出演
世界ネコ歩きの岩合光昭氏が映画監督に挑戦、ねこ名優も出演
 世界中の“そこで暮らす”ねこたちを撮影する『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK-BSプレミアム)などで人気を博す、動物写真家の岩合光昭さんが初めて映画監督に挑戦し、話題となっている。しかも原作は、現在女性セブンで連載されている『トラとミケ』の作者、ねこまきさんの累計発行部数50万部を超える大人気コミック『ねことじいちゃん』。これは、じっとしてはいられない! さっそく岩合さんのもとへ──。「映画監督は男の子の夢の1つですし、やってみたい気持ちは以前からありました。でも、オファーをいただいた時は、ドキュメンタリーしか撮ったことがありませんから、“少し考える時間をください”と言ったんです。なのに、頭の中に次々とシーンが浮かんできて、“ああこれはもう、やる気になってるな”って思ったんです」(岩合さん・以下同) 主人公の大吉は現在70才。ねこと老人ばかりの小さな島で、ねこのタマと暮らしている。日課は、タマとの朝の散歩と、妻が残したレシピノートの料理を作ること。そんなある日、タマが姿をくらましてしまう──。「ねこまきさんの原作を読んで、とてもいい作品だと思っていたところに、映画のオファーをもらって、何か運命的なものも感じて、お引き受けしました」 大吉役は、岩合さん自らがオファーした立川志の輔だ。「以前、食事でご一緒した時、志の輔さんの話し方が学究肌だったことを思い出して、大吉さんは元校長先生なので、“この役は、志の輔さんしか考えられない”と思いました」 原作の舞台は、どこかの小さな島となっているが、愛知県三河湾沖にある3つの島をロケハンし、佐久島に決定。映画に登場する35匹のねこはオーディションで選んだ。「島にもねこはいましたが、野生のねこに演技をしてもらうのは無理なので、動物プロダクションを渡り歩き、100匹以上のねこからタマ役のベーコンを見つけた時の感激は今も忘れられません。本当に嬉しかったですね。この作品は、ベーコンがいなければできなかったと思います。それほど優秀な役者さんでした!」“プロねこ”たちとの撮影は、思いがけない苦労が。「島にいるねこの設定ですから、島の人からもらった魚を食べるシーンがあるのですが、彼らはキャットフードしか食べたことがないんですよ! だから、はじめは生魚を見ても食べ物だと認識してくれなくて驚きました(笑い)。魚を捕るなんて、とんでもない!」 普段の岩合さんは『世界ネコ歩き』で、世界中のねこたちの“暮らし”を撮っている。 タイの寺院で暮らすねこは仏像にたわむれ、イタリアのねこはパスタを食べ、津軽のねこは、りんごの木に登り、山口のフグ養殖場のねこは稚魚を狙う鳥を追い払う。 そんなねこたちのベストショットを撮るために、何時間も待ち、ねこと同じ目線になるため地面に這いつくばる。 だが映画の撮影では、生の魚を食べられるようにすることが、ねこたちの“役作り”の第一歩だったのだ。「映画に出てくれたほとんどのねこが木に登れない。これまでぼくがねこに対して思っていた常識がここでも通じなかった(笑い)」 台本には、人間の俳優と同じようにねこのト書きが入っており「ケンカしているふたりを呆れたように眺めるベーコン」など、難易度の高いものもあった。「でも、ベーコンは一発OKなんです。何があっても動じない。これぞ、スーパーキャットだと思いましたね。ベーコンの演技力には驚かされることが何度もありました」 と、手放しで絶賛しつつ、「それはスタッフと人間の俳優さんたちの協力があってこそですけど」 と、ほほ笑む。◆ねこがハッピーじゃないと人もハッピーになれない 普段、どんな映画を見るのかとたずねると、やっぱりねこが出る映画を好んで見るのだとか。「最近では『ボヘミアン・ラプソディ』。クイーンもよかったけど、ねこがかわいく撮れてましたね。監督がねこ好きなんだと思います。ただ、フレームアウトしたねこがどこに行ったのか、気になって気になって、仕方がありませんでした…」 物語の脇にやられるねこたちは、いつの間にやら蚊帳の外になる映画がほとんどだという。だからこそ、『ねことじいちゃん』では、すべてのシーンにねこを登場させたかった、と岩合さん。「ぼくは、常々“ねこがハッピーじゃないと、人間もハッピーにはなれない”と、思っています。だから、撮影する時もねこがストレスを感じないことを第一にしました」◆岩合光昭が撮る、ねこ映画だから 映画監督に初挑戦した感想を聞くと…。「挑戦というのは、死ぬまでできるんじゃないかと思っています。ぼくの場合、みなさんに喜んでもらえるものを作り続けることへ、挑戦し続けているのかもしれません。 今回の映画も、人だけじゃなく、ねこにも楽しんでもらえる作品になったと思っています」 久しぶりに会ったベーコンを見つけると、目尻が自然と下がる。「本当に素晴らしいねこなんで、撮影後、引き取りたいとお願いしたんですが、断られました。引退するまで待っています」 そう言ってほほ笑む岩合さんは、ねこも、人も、同じように優しい瞳で見つめていた。【映画『ねことじいちゃん』】 2月22日(猫の日)より全国ロードショー。ねこと老人ばかりの小さな島で暮らす大吉と、ねこのタマを中心に、島の人々との日常を描く。岩合光昭が贈る、猫だらけのハートウォーミング・ムービー。監督:岩合光昭出演:立川志の輔・柴咲コウ・小林薫・田中裕子・柄本佑・銀粉蝶/ベーコンほか原作:ねこまき(ミューズワーク)『ねことじいちゃん』(KADOKAWA刊)配給:クロックワークス【プロフィール】岩合光昭/いわごう・みつあき 動物写真家。1950年11月27日生まれ、東京都出身。1979年『海からの手紙』で第5回木村伊兵衛写真賞受賞。日本人として初めて世界的なネイチャー誌『ナショナル ジオグラフィック』の表紙を2度飾る。2012年にスタートした『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK-BSプレミアム)は放送だけでなく関連グッズや写真展も人気。ベーコン(タマ役)/2015年2月3日生まれ。アメリカンショートヘアのオス。どんな場所でも堂々と落ち着いて演技ができる“ねこ名優“。主な出演作はテレビドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)や映画『ねこあつめの家』、太陽生命CMなど。※女性セブン2019年3月7日号
2019.02.22 07:00
女性セブン
どうなる嵐のコンサート ハワイ公演、新国立、映画化の話も
どうなる嵐のコンサート ハワイ公演、新国立、映画化の話も
 2020年をもって活動休止となることを発表した嵐。ファンが最も気になるのは、今後のコンサートの行方だ。現在、32公演残っている『ARASHI Anniversary Tour5×20』のチケットはプラチナ化している。「会場に入れないファンのために、映画館やコンサートホールなどで大型スクリーンを使ってパブリックビューイングを行う案が出ています」(芸能関係者) 海の向こうからは、気になるニュースも届く。「ハワイのローカルニュースでは、“2014年9月に嵐は15周年のハワイライブを行った。だから今年9月の20周年もハワイでコンサートをするに違いない”という報道をよく見ます。実際、今年9月1日の京セラドーム大阪公演から10月30日の東京ドーム公演まで“空白期間”があるので、ひょっとしたらひょっとするかもしれません」(ハワイ在住の日系コーディネーター) ハワイで行われた15周年ライブでは、深夜にもかかわらずテレビ朝日が生中継したので、今回も実現したら放送もあり得るだろう。 2020年7月24日から開催される東京五輪での華々しい活躍も期待される。「櫻井(翔)くんが日テレの五輪特番のMCとなることは決定的といわれています。活動休止を受けて他のメンバーも五輪関連のイベントに起用される可能性が高くなり、開会式と閉会式には5人全員が出席し、歌やパフォーマンスを披露することになるかもしれない」(広告代理店関係者) 五輪後は、新国立競技場の「こけら落としライブ」が噂される。「改修前の国立競技場で、嵐は2008年から6年連続でライブを行いました。来年9月のパラリンピック終了後、アーティストとして初の新国立競技場ライブをするのは嵐が最もふさわしい。フィールド席を含めると8万人収容の大会場で初となるライブを行えば、新たな伝説が生まれるでしょう」(前出・芸能関係者) 五輪関係の新施設では、バレーボール会場の有明アリーナ(約1万5000人収容)、テニス会場の有明コロシアム(約1万人収容)でのこけら落とし公演もあり得る。 他にもスペシャルな場所でのコンサートがありそうだ。「嵐は2009年に東京ディズニーシーとコラボしたライブを開催しており、来年までにディズニーシーでのスペシャルコンサートを行うかもしれません。ファンを喜ばせることを第一に考える嵐なので、実現すれば一大イベントになります」(前出・芸能関係者) 昨年大ヒットした映画の「嵐バージョン」が見られる──こんな声も聞こえている。「活動休止の記念映画を製作する計画があります。イギリスのロックバンドQUEENを描いて大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』のようにライブシーンがふんだんにあり、観客が大声で歌ったり手拍子できる“応援上映”になるかもしれません」(前出・芸能関係者)※女性セブン2019年2月21日号
2019.02.08 07:00
女性セブン
二丁目の伝説のママ、フレディ・マーキュリーとの夜を告白
二丁目の伝説のママ、フレディ・マーキュリーとの夜を告白
「きっとこの店を気に入ってくれたんじゃないかしら!?」。そう弾むような声で、本誌・女性セブンの直撃に答えたのは、世界有数のゲイタウンで知られる東京・新宿二丁目にあるバー『九州男(くすお)』のママ・増田逸男さん(71才)。そこにはバンド「クイーン」のボーカリスト、故フレディ・マーキュリーが何度も足を運んだという。 累計観客動員数が390万人を越え、興行収入は53億円を突破(2018年12月18日現在)。フレディの送った壮絶な人生が描かれた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の勢いが止まらない。当時を知る世代もそうでない若者も、困難にぶち当たっても決して自分を曲げず、信念を貫き通すフレディの激しい生き様に酔いしれている。しかし、増田さんは、そんなフレディ像に違和感を覚えるという。「映画ではわがままな面が目立つけど、実際はとても紳士な人だったわ。私、15才から欠かさず日記をつけているの。彼とのことは昨日のように覚えてる」 フレディが初めて『九州男』に来たのは1985年5月。伝説の音楽イベント『ライヴ・エイド』直前のことだった。「第一印象はおとなしい普通の人っていう感じだったの。平日で店は落ち着いていたから、じっくり話ができて…。私、彼のこと知らないから“バンドマンなら歌いなさいよ”って言ったら“ごめん”って。それで帰る時に“ステージで待ってるよ”って、日本での公演チケットをくれたのよ」 3日後、国立代々木競技場(東京)で行われたライブに足を運んだ増田さん。最前列の特別席で、バーにいる時とは違ったフレディの迫力に圧倒されたそうだ。楽屋へ挨拶に行くと、フレディは気さくに迎え入れ、一緒にお寿司をつまんだという。 その日のライブ終了後、フレディはまたしても『九州男』を訪れた。「深夜の1時頃よ。その日は2人で一緒に大はしゃぎ。お店をハシゴしちゃって、疲れていたはずなのに、一緒に声を張り上げてアカペラで歌ったのよね」 増田さんは、少し顔を赤らめて“夜の続き”を語る──帰ろうと店を出た増田さんの前には、一台のリムジンが。フレディは増田さんを車内に誘った。「ハイテンションの彼は、途中、“ヘイ、バンザイしろ!”と言ってきて。2人して窓から体を出して、バンザイしたままホテルに入ったの(笑い)。そのままホテルで飲んで部屋で夜を明かして…。朝、疲れ果てて寝ていたフレディを起こさないように、静かに帰ったわ」 その後も、フレディは来日するたび、増田さんの店を訪れたという。「実際の彼は、すごく優しくて物静かで、でも、私たちを楽しませようとしてくれた。当時私は、クイーンの曲を1曲も知らなかったけど、“誰も自分のことを知らない世界に行きたい”って言っていた彼は、特別扱いをしないこの『九州男』を、かえって気に入ってくれたのかもしれないわね」 映画では語られない一場面がそこにはあった。※女性セブン2019年1月3・10日号
2018.12.23 07:00
女性セブン
フレディ・マーキュリーの豆知識、ダイアナ元妃も関係
フレディ・マーキュリーの豆知識、ダイアナ元妃も関係
 イギリス出身の伝説的ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45才の若さで旅立ったフレディ・マーキュリーの壮絶な生き様を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット中。観客動員数180万人を記録(12月10日現在)で、2016年公開の『シン・ゴジラ』に匹敵する勢いだ。そこで、知っていればドヤ顔ができるフレディ・マーキュリーに関する豆知識を紹介しよう。◆両親はインド人でゾロアスター教徒 熱心なゾロアスター教徒のペルシャ系インド人の両親のもとに生まれたフレディ。死後は教義により、イギリスのケンザル・グリーン霊園で火葬され、その後埋葬された場所は、元婚約者のメアリー・オースティンのみが知っている。◆恋人だったメアリーの元カレは… 恋人としての関係が終わっても、フレディと終生近しい関係だったメアリーの最初の彼は、実はクイーンの別のメンバーだった。音楽・映画ジャーナリストの宇野維正さんはこう話す。「映画でそう描くと、メアリーに感情移入できなくなるとの配慮だったのだと予想されますが、メアリーはフレディとつきあう前に(ギターの)ブライアン・メイとつきあっていました」◆故・ダイアナ元妃をゲイバーに連れて行った!? 1980年代後半、フレディは故・ダイアナ元妃をミリタリージャケットや革製の帽子、サングラスで変装させ、地元のゲイバーに連れて行った。バーには大勢の人がいたものの、彼女の正体に気づく人はいなかった。楽しいひとときを過ごしたダイアナ元妃はその後、タクシーでケンジントン宮殿へと戻っていったそうだ。※女性セブン2019年1月1日号
2018.12.17 07:00
女性セブン
映画『ボヘミアン・ラプソディ』はクイーンの最新作なのか?
映画『ボヘミアン・ラプソディ』はクイーンの最新作なのか?
 イギリスの伝説的ロックバンド・クイーンのボーカリストであるフレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット中だ。観客動員数180万人を記録し(12月10日現在)、『シン・ゴジラ』(2016年)に匹敵する人気となっている。 クイーンはメインボーカルのフレディとギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラー、そしてベーシストのジョン・ディーコンによって、1971年に結成。デビュー当時は独創的な音楽性が賛否両論を呼び、すぐに大成功となったわけではなかった。そんななか、日本で先に火がつく形で、クイーンの人気は拡大。そして、1975年11月に発売された4枚目のアルバム『オペラ座の夜』からシングルカットされた『ボヘミアン・ラプソディ』が全英1位、全米4位とヒットを記録し、クイーンの人気は不動のものとなった。 フレディはゲイであることをカミングアウトはしていないが、独特の短髪や革の服など、ゲイファッションとされるものの一種を好んでいたこともあり、それは周知の事実だった。映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さんはこう話す。「フレディはHIV感染が原因で亡くなりますが、感染をメンバーに告白する時期は、映画と異なります。そもそも『ライヴ・エイド』の頃はまだ、フレディ自身が感染を認識していなかったのです」 1985年には6度目の来日公演で成功をおさめ、その後、7月には20世紀最大のチャリティ音楽イベントである「ライヴ・エイド」に出演。同ライヴにはデヴィッド・ボウイやエルトン・ジョン、ポール・マッカートニーら、錚々たるアーティストが出演していた。クイーンを何度も取材してきた音楽評論家の東郷かおる子さんが語る。「私も『ライヴ・エイド』の会場にいましたが、全出演者の中で、そのカリスマ性と人を惹きつける力は、クイーンがいちばんでした」 その後も彼らはヒット曲を世に送り出したが、フレディの体調悪化は深刻になっていた。「当時のアルバムを聴くと、その歌詞や歌い方などから、彼の病が末期であることがよくわかります」(東郷さん) そして1991年11月23日、フレディはHIVに感染していることをファンに告白。衝撃的な発表に騒然とする中、翌日、HIVから併発した肺炎により非業の最期を遂げる。45才の若さだった。 残されたメンバーのブライアン・メイとロジャー・テイラーは今もフレディの遺志を引き継ぎ音楽活動を続け、この映画の製作にも名を連ねている。ジョン・ディーコンは活動を休止し、表舞台から姿を消している。「この映画には紆余曲折があり、10年の歳月を費やしてクランクアップされています。史実と異なるところも若干ありますが、ブライアンとロジャーが作品の方向性を決めている。だから、ある意味ではクイーンの最新作といえるかもしれません」(宇野さん) 1991年のフレディ・マーキュリーの死から27年。世界を熱狂させたスターが再び評価され、再びブームが沸き起こっている。※女性セブン2019年1月1日号
2018.12.16 07:00
女性セブン
クイーンの登場で「ロック少女」という概念が日本に誕生
クイーンの登場で「ロック少女」という概念が日本に誕生
 伝説的ロックバンド・クイーンのボーカリストであるフレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット中だ。観客動員数180万人を記録(12月10日現在)。2016年公開の『シン・ゴジラ』に匹敵する驚異的な数字を叩き出している。「クイーン」が、メインボーカルのフレディとギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラー、そしてベーシストのジョン・ディーコンによって結成されたのは、1971年のこと。 それまでにない独創性に富んだクイーンの出現は、衝撃的であり画期的なものだった。しかし、当初は英国でそうした音楽性に賛否両論が渦巻いたため、アルバムはそれほど売れず、初めから大成功したといえるわけではなかった。クイーンを何度も取材してきた音楽評論家の東郷かおる子さんが語る。「デビュー当初、薄化粧とフリルの衣装のせいで、すでにデヴィッド・ボウイらが確立していた“グラムロックの残りかす”というような言われ方をされました。つまり、時代遅れの感があったのです」 むしろ、このバンドの優れた点を当初から評価していたのは、日本のファンだった。「インターネットがない時代ですから、日本には英国での評価や情報が入ってきませんでした。そして日本で音楽専門誌にクイーンのグラビアが掲載されたところ、今までの筋骨隆々な男たちがシャウトするハードロックとはまるで違って映ったのです」(東郷さん) 一方の映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さんはこんな指摘をする。「日本でクイーン人気に火がついたきっかけの1つは、少女漫画誌に彼らをモデルとしたキャラクターが出てくるようになったからなんです。それによって少女漫画ファンの文化圏と、洋楽ファンの距離が近くなり、女性人気がさらに高まったのです。 その頃は男性ロックファンにとっては、あまりにも女性ファンが多いので、近寄りがたい雰囲気さえありました(笑い)」 クイーン人気の決定打となったのは、シングル『ボヘミアン・ラプソディ』の空前のヒットだ。1975年11月に発売された4枚目のアルバム『オペラ座の夜』からシングルカットされたこの曲は、全英1位、全米4位となり、クイーンの世界的な地位を不動のものとした。映画でも、この曲が創作されるエピソードが丁寧に描かれている。 初来日は1975年。東郷さんが述懐する。「羽田空港には2000人近い女性ファンがプラカードを持って押し寄せ、メンバーはあまりに女性ファンが多いことに“違う惑星に降り立ったのかと思った”と、戸惑いを感じたという有名な逸話が残っています。 武道館公演では失神者が続出したほど。そんなロックバンドはそれまでありませんでした。当時、『ロック少年』という言葉はありましたが、クイーンの登場によって、『ロック少女』という概念が日本に誕生したほどです」 その後、『伝説のチャンピオン』『バイシクル・レース』などのヒット曲を立て続けに発表し、1970年代を駆け抜けたクイーン。 1980年代に入ってからは、個々の活動をスタートさせるなど、新たな音楽的アプローチをするようになった。「映画では、フレディのソロ活動にほかのメンバーが反対したように描かれていますが、事実は違います。メンバーは誰もソロ活動に反対していませんでした」(宇野さん)※女性セブン2019年1月1日号
2018.12.15 16:00
女性セブン
映画『ボヘミアン・ラプソディ』 女性客が多い理由を分析
映画『ボヘミアン・ラプソディ』 女性客が多い理由を分析
 世代を超えて異例のヒットを記録している映画がある。11月9日に公開された『ボヘミアン・ラプソディ』だ。 世界的なロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45才の若さで旅立ったフレディ・マーキュリーの壮絶な生き様を描いたこの映画は、観客動員数180万人を記録(12月10日現在)。2016年公開の『シン・ゴジラ』に匹敵する驚異的な数字を叩き出している。 時は1970年代初頭。フレディはバンドを結成し、一気にスターダムへと階段を駆け上る。生涯の女友達となったメアリー・オースティンとの交際や別離、同性愛者として生きていこうとする姿などは息をのむ。1985年に「アフリカ難民救済」のため英米から世界約150か国に衛星中継された、20世紀最大のチャリティーコンサート「ライヴ・エイド」のシーンは特に印象的だ。 周りの人と一緒に歌ったり拍手したりしながら見る「応援上映」は、現在100館以上も実施。時折、すすり泣きや、周囲をはばからず号泣する声で盛り上がりを見せながら、ストーリーがクライマックスに向かうと、隣の人と手を取り合い大きな声で歌ったり、自然に手拍子が起きる。ラストは全員が立ち上がり、スタンディングオベーション。大歓声に包まれる──。 なぜこれほどまでに熱狂的な支持を得ているのか。映画・音楽ジャーナリストの宇野維正さんは、こう解説する。「最後の21分間の迫力あるライブシーンに向かってストーリー展開が盛り上がる秀逸な構成になっていて、当時のスタジアムにいるかのようなライブを体感できます。作品の仕上がりと観客の受け取り方が幸福な一致を見せ、非常に評価できる映画です」 目を腫らしながら映画館から出てきた女性は、こう話す。「通常の上映と応援上映で2回鑑賞しました。最も感動したのは、やはりいろいろな映像ライブが流れるところ。当時足を運んだ武道館ライブの熱狂がよみがえり、涙があふれ出て止まりませんでした。2度目は、目を閉じて、大音量での楽曲を堪能しました」(56才、保育士) 中には10回以上も見たというヘビーなリピーターも少なくない。かつてのファンもフレディの生前を知らない若い世代もストーリーの展開と音楽の両方の感動におぼれ、何度も映画館に足を運びたくなるのもこの映画の特徴といえる。 また、女性の観客が多いのも特徴的だ。その理由を、映画の宣伝担当者はこう分析する。「クイーンは1975年に来日し第1次ブームが起きました。当時追っかけをしていた50~60代の女性たちに加え、木村拓哉さん(46才)主演のドラマ『プライド』(2004年、フジテレビ系)の主題歌『ボーン・トゥ・ラヴ・ユー』でクイーンを知ってファンになった女性たちが多く来場しているようです」 これがクイーンの第2次ブーム。『プライド』でクイーンの虜になり、映画を鑑賞した40代女性はこう言う。「映画を見て、クイーンやフレディ・マーキュリーについて初めて知ったことがたくさんあります」※女性セブン2019年1月1日号
2018.12.14 16:00
女性セブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン