芸能

ヒゲダンはなぜ大ブレイクしたか 染み入る楽曲と硬派キャラ

Official髭男dismのメンバー(写真提供/ポニーキャニオン)

Official髭男dismのメンバー(写真提供/ポニーキャニオン)

 2019年──。2010年代の終わりでもあり、日本においては令和という新時代の始まりでもあったこの年は、様々なシーンを見ていても過渡期であり乱世の幕開けすら予感させた。そんな不安定で不安がつきまとう時代、J-POP界で頭角を現したのが、今年の第70回NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす「Official髭男dism(通称:ヒゲダン)」だ。

 彼らは突然シンデレラストーリー的に世に躍り出たわけではなく、着実に活動を積み重ねてきたうえで現在の地位までたどり着いた実力派バンドである。

 2012年に結成し、2015年にインディーズデビュー。その翌年に本格的に音楽活動を行うことを決意し、地元である山陰地方より上京する。そんな中、2017年にTV番組『関ジャム 完全燃SHOW』内の『プロが選ぶ2017年上半期ベストソング』で音楽プロデューサー・蔦谷好位置が彼らの楽曲「始まりの朝」をピックアップ。放送を受けて、バンド側も瞬時に音源をYouTubeへとアップした。

 その後も蔦谷は同番組内の『売れっ子音楽Pが選ぶ2017年ベストソング10』で彼らの楽曲「Tell Me Baby」を選出する。J-POPとしての親しみやすさに、ブルーノ・マーズを彷彿とさせるファンクセンスやスタイリッシュさが加わったポップソングは、たちまち早耳のリスナーの心を掴んでいった。

 そのスタイリッシュ性の根源にあるのが、コードワークとリズム。メインソングライターでありボーカルとキーボードを担当している藤原聡は、ヒゲダン結成前にドラマーとして活動しており、今もライブでダイナミックなドラムプレイを披露することもあるほどの手腕の持ち主である。

 そして鍵盤は楽器の性質上、ギターよりもコードに自由が利くため、コードの表現も多彩。「Tell Me Baby」はまさにそれをわかりやすく落とし込んだ楽曲で、フレーズのリフレインが続くのにのっぺりとした印象を与えないのは、細かくもなめらかに展開するロマンチックなコードワークに、そこに付随するメロディと、それを引き立てる譜割り(※音符に対しての歌詞の付け方)を兼ね揃えているからだ。

 2010年代の日本の音楽界は、どれだけフックを残すか、大きなファーストインパクトを与えられるかで、聴き手の意識を掴もうとするものも多く見られた。だからこそ聴き手にはヒゲダンのミッドテンポで心地好い、洒落たビート感は新鮮に響き、愛嬌のあるメロディとそれをナチュラルに歌いこなす藤原の歌唱力は安心感を与えた。聴いていると自然と目の前が鮮やかにロマンチックに色づくような感覚も、彼らの音楽を何度もリピートしたくなる理由だろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン