• TOP
  • ライフ
  • 「フェミニズム」の足を引っ張る「悪いフェミ」の特徴を考察

ライフ

2019.12.31 16:00  NEWSポストセブン

「フェミニズム」の足を引っ張る「悪いフェミ」の特徴を考察

働き方も変化している

 2019年も社会構造の大きな変化を実感した1年だった。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *
 先日発表された「世界ジェンダー・ギャップ報告書2020」、いわゆる「男女平等ランキング」の「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は世界153カ国中121位という極めて不名誉な順位になりました。去年の110位から11下がって、過去最低の順位です。

 この指数は、「ジェンダー間の経済的参加度および機会」「教育達成度」「健康と生存」「政治的エンパワーメント」の4種類の指標について男女間の格差を算定したもの。比較の基準や集計方法にケチをつけている人(たぶん全員男性)もいますが、世界的に見て日本がかなり残念な「男女差別大国」であることは間違いないと言えるでしょう。

 ただ、希望がないわけではありません。2019年は「フェミニズム」に今まで以上に注目が集まり、議論や問題提起や抗議などの行動も盛り上がった年でした。素晴らしいことです。女性も男性も手に手を取って、それぞれの既得権益にしがみついたりせず、いい関係を目指していきたいもの。男性としては無自覚な差別意識を反省しつつ、至らない部分はどうにかしていく必要があるかと存じます。

「フェミニズム」という言葉は、辞書によると「男女同権と性差別のない社会をめざし、女性の社会的・政治的・経済的地位の向上と性差別の払拭を主張する論」(『大辞林』より)とあります。「フェミニスト」は、それを主張する人のこと。日本語では、女性を尊重し、大切にする考え方を「フェミニズム」と言うこともあります。

 もちろん、その主張に何の異論もありません。私たち男性としても、まずは日常生活で「フェミニズム」の考えに沿った言動を心がけたいところ。声は小さくても、世の中や自分の周囲をいい方向に変えたいと思っている人たちは、れっきとした「フェミニスト」と言っていいでしょう。及ばずながら、自分もそうありたいと思い続けています。

 10年前の日本、いや5年前の日本と比べて、職場内でのセクハラや女性の地位、父親の育児参加といった「男女の問題」をめぐる状況は、まだまだダメダメな部分のほうが多いかもしれませんけど、ずいぶんマシになりました。「フェミニズム」の大切さを認識している人も、男女ともに確実に増えています。

 それはひとえに、行動力や発言力がある多くの「フェミニスト」のみなさんが、もっと「フェミニズム」を広めたい、性差別をなくしたい、男性と女性のいい関係を作っていきたいと、声をあげて行動を起こしたから。無理解から来る逆風も多い中、その勇気と毅然とした姿勢には心から敬意を表します。自分が男性であるということ以外に心の支えがない一部の男性が、おバカで不愉快な噛み付き方をして本当に申し訳ありません。

 さて、順調に広まりつつあるように見える「フェミニズム」ですが、思いっ切り足を引っ張っている迷惑な人たちが存在します。それは「悪いフェミ」の人たち。「良いフェミニニズム(フェミニスト)」の最大の敵は、頭の固いオヤジでもゆるふわ女子でもなく、一部の「悪いフェミ」に他なりません。……ああ、言ってしまいました。

関連記事

トピックス