スポーツ

「箱根を走るため東大に入った」、阿部飛雄馬が語る意気込み

東大のランナーが箱根路を走る(写真/榎本/AFLO)

 2019年10月の箱根駅伝予選会で出場を逃した大学のエースから選出される関東学生連合に、東京大学のランナーが選ばれた。混成チームで主将も任されることになった岩手県出身の阿部飛雄馬(4年)は「箱根を走るために東大を受験した」という個性派だ。阿部に大会にかける意気込みを聞いた。

 * * *
 気負いは特にはないですね。ただ、箱根駅伝創設100年の記念すべき大会で主将を任されるというのはとても光栄で、一生ものの経験になる。だから出場するだけで終わらせたくないし、強豪校でなければ箱根で戦えないという常識を変えていきたい。東大生でもここまでできるんだと中高生に感じてもらえるような、歴史に残る走りがしたいと思います。

 出身は岩手県西部の人口5万人の滝沢村(2014年に市制に移行)です。陸上競技を始めたのは中学から。真面目に練習したら県大会に出られるようになって、手応えを感じたんです。

 進学した盛岡第一高3年の時の高校総体では、3000m障害に県代表として出場しました。障害走を選んだのは、強い選手が5000mとかを選ぶから“穴場”の種目で狙い目だったからです。

 5つ上の兄が早稲田大の競走部に入部した影響もあって、中学の頃から箱根駅伝に出たいという思いはありました。見るのも好きで、駒澤大学の窪田忍選手(2010年7区、2011年9区で連続区間賞、現・トヨタ自動車)やマラソン東京五輪代表になった中村匠吾選手(2014年1区区間賞、現・富士通)のガッツのある走りに惹かれました。

 ただ、“自分が歴史をつくる”ことへの憧れもあったので、大学受験が近づくにつれ強豪校に行くのではあまり面白くないなぁと。やるなら最高峰の大学から箱根を目指そうと考えたんです。

 とはいえ余裕で受かるような学力はなく、浪人している間は毎日12時間、予備校に篭っていました。

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン