• TOP
  • ライフ
  • サプリと市販薬の組合わせNG例、ウコン・DHA・プロポリス他

ライフ

2020.01.09 16:00  女性セブン

サプリと市販薬の組合わせNG例、ウコン・DHA・プロポリス他

【プロポリス】
 抗酸化作用や糖尿病予防などによいとされるプロポリスは、肝臓で薬が代謝されるのを阻害する可能性が。また、イブプロフェンやロキソプロフェンなどの副作用である胃腸障害、発疹などを増強する恐れもある。

【グルコサミン】
 軟骨のすり減りを抑えて関節の動きを滑らかにし、関節痛を改善する効果が期待されるグルコサミンだが、アセトアミノフェン配合の解熱鎮痛剤と一緒に摂取すると、効果が弱まることがある。

◆『肩こり改善の市販薬』と組み合わせると危険なサプリメント・健康食品

『ウコン』
 筋肉の緊張を緩める作用のあるクロルゾキサゾンは、ウコンと併用すると、吐き気や体温低下などの副作用が起こる可能性がある。

※女性セブン2020年1月16・23日号

関連記事

トピックス