国際情報

ゴーン氏、単独インタビュー「東京拘置所の過酷な生活」語る

単独インタビューに応じたゴーン氏

単独インタビューに応じたゴーン氏

 レバノンに出国した日産の元会長カルロス・ゴーン氏が、日本時間1月10日18時45分(現地時間:同11時45分)ごろから、週刊ポスト・NEWSポストセブン合同取材班の単独インタビューに応じた。会場は、日本時間8日夜に世界各国のメディアを前に共同会見を行ったレバノンの首都・ベイルートにあるレバノンプレスクラブのビルにある、20畳ほどの部屋。

 ゴーン氏は、白いYシャツでノーネクタイ、ダークブルーのスーツ姿で部屋に入ってきた。日本メディアのインタビューに応じるとあって身構えているのか、顔がやや上気している。用意されていた椅子に腰掛けると、肘掛けをギュッと握りしめた。

 記者が「小菅(東京拘置所)での生活について、具体的に教えてほしい」と聞くと、その手を肘掛けから離し、2日前の会見と同様、大きな身ぶり手ぶりとともにこう話した。

「日本人も知っていると思うが、小菅はとても厳しい拘置所だ。携帯電話も使えないし、シャワーも週に2回しか入れない。自分が求める薬ももらえなかった。

 小菅で働いている人たちは、とても良い人たちだった。私に対する扱いもとても良かった。ただ、拘置所での条件は、あまりにも厳しかった。私がテロリストであるかのように扱われていたからだ。それが私にとって一番、理解が難しい部分だった。

 中で何度も、何時間も事情聴取を受けてきた。もちろん弁護士がいない中での聴取だった」

──食事はどうだったか?

「そんなに拘置所の食事は悪くなかった。食事についての不満は持っていない。もっとも苦しかったのは、完全に孤独だったこと。夜になると、紙とペンを取り上げられ、毛布は2枚だけでとても寒かった。それと拘置所の中の枕は、選択肢がなく、一つだけしか与えられなかった。冬はとても寒かった。拘置所の中の状況は、非常に過酷だった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン