ライフ

検便、胸部X線、バリウム検査… 古い検査はリスクも大きい

 2018年1月、杉並区のクリニックで40代女性が胸部X線検査を受けた際、検査画像には腫瘤の影が写っていたが、担当医師2人は「異常なし」と診断した。女性は受診から3か月後に呼吸困難などを訴え、同年6月に死亡した。

 その後、クリニックが約9400人分の検査画像を再検証したところ、新たに70代の男性2人が肺がんと診断された。肺がんは治療が難しく、予後が悪いことで知られており、「X線画像の見逃しリスク」の深刻さを世間に印象づけた。

 バリウムを飲んだ後、胃を撮影する胃部X線検査(バリウム検査)は“時代遅れ”と指摘されている。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師はこう指摘する。

「立体的な胃を様々な角度から撮影し、2次元の平面にモノクロで写し取って読影する検査ですが、胃の表面はデコボコで撮影の角度によって影が重なったり色の違いがわかりにくかったりするため、早期の小さながんを発見するのは困難です」

 厚労省のがん検診の指針に含まれているため、今も広く実施されている検査だが、バリウム検査で胃がんが疑われる結果が出ても、二次検査として胃カメラで検査をやり直すことになってしまうのだ。

 健康寿命に直結するこれらのがんでは、検査の選択を考えたい。

「胃がんと大腸がんでは、画像診断の精度が高く、細胞組織を直接採取して病理検査を行なえる『内視鏡検査』があります。また肺がんでは『低線量CT検査』を行なえば、X線検査で見つけられないがんを発見できます。X線による被ばくを避けられることもこれらの検査の利点です」(上医師)

 新しい検査にも盲点があることを知っておきたいが、古い検査にはより大きいリスクがあるということだ。

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン