国内

新型肺炎、感染規模はSARS超え 東京五輪まで危機続く可能性

武漢市の病院は診察を待つ人たちであふれている(写真/アフロ)

 中国湖北省の武漢市を襲った新型コロナウイルスの感染による肺炎。発症者は日に日に拡大し、中国本土の死者数は132人で、感染者は世界全体で6000人近くとなっている(1月29日時点)。

 このウイルスに関する情報は中国当局が出しているが、そもそも彼らの情報開示を信用するわけにはいかない。

 武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が発生したのは、昨年12月上旬のことだ。

「しかし、武漢市当局が、“職場の許可がなければ感染状況を話してはいけない”と肺炎の箝口令を敷いたことを、武漢在住の医師が証言しました」(日本人ジャーナリスト)

 武漢市当局が新型肺炎の存在を認めたのは12月31日になってからだった。

「しかも感染者を45人、62人、198人と小出しに発表しました。同じ頃、イギリスの研究チームは、武漢市の国際空港の利用者数とウイルスの特性などから、感染者は1700人を超えると推計していました。その後の感染者数から、武漢市当局の数字がデタラメだと大騒ぎになりました」(全国紙社会部記者)

 中国には「前科」がある。2002年に中国の広州地域でSARSが発生した際、中国政府は2か月以上も国際社会に情報を開示しなかった。この間に感染は拡大を続け、最終的に感染者は8000人を超え、700人以上が死亡した。

 中国国家衛生健康委員会は1月27日の会見で感染が疑われるのは5794人と発表したが、この数字もにわかに信じられないという。

「中国当局の隠蔽体質や事なかれ主義はSARSの時から変わりません。武漢市では感染者の増加した1月12~17日に湖北省人民代表大会の会議が開かれましたが、感染対策は議題にもならなかった。27日の会見で湖北省トップは感染の拡大について、“責任を感じている”と謝罪しましたが、国際社会から見たら“何を今さら”という感じです」(前出・全国紙社会部記者)

 今後新型ウイルスはどこまで猛威を振るうのか。

「団体旅行が禁止されて日本へのツアー客が減るとはいえ、個人客の来日は止められません。武漢発成田着の飛行機が飛べなくなっても、中国発の航空機が続々と日本に着陸します。それだけでなく、世界各国に散らばったウイルス感染者が日本に観光に来ることが予想されます。

 現地の医療関係者の中には“感染規模はSARSを超えている”という人もいる。7月の東京五輪まで感染危機は続く、という声すらあります」(前出・日本人ジャーナリスト)

 感染拡大は深刻である。

※女性セブン2020年2月13日号

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン