芸能

ドリフのコント 権力者、悪ガキの人間関係で絶妙のバランス

なぜあそこまで笑えたのか(時事通信フォト)

「東村山音頭」に「バカ殿様」、「アイ、マイ、ミー」、「カラスの勝手でしょ」──。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した志村けん(享年70)の代表ネタの多くは、ザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』(TBS系)から生まれた。

 1969年10月にスタートし、1973年4月には最高視聴率50.5%を記録。お茶間を笑いの渦に巻き込み続けた、まさに“お化け番組”だった。

 いかりや長介(2004年死去)に怒られてばかりの高木ブー(87)、「なんだバカヤロー!」で一世を風靡した荒井注(2000年死去)、ヘラヘラと掴みどころがない仲本工事(78)そしてどこまでも陽気な加藤茶(77)。ドリフのメンバーは個性派揃いだった。

『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS系)で構成作家を担当した江戸川大学教授で演芸評論家の西条昇氏は、『全員集合』の笑いの作り方についてこう話す。

「いかりやさんはよく、『ドリフは人間関係でコントを作っていた』といっていました。“大人の権力者”としていかりやさんがいて、反対側に悪ガキの加藤さんがいる。残りの3人がいかりやさんについたり、加藤さんと一緒に悪さしたり。そのバランスが絶妙でした」

『全員集合』をはじめ、数多くのドリフの番組で台本を手がけた放送作家の田村隆氏は、「番組初期のキーマンはこの加藤だった」と語る。

「加藤さんは何歳になっても子供心を忘れない人だった。『ウンコチンチン』を普遍的な笑いに昇華させられたのも、彼の天性の愛嬌のなせる業。いかりやさんも、自分より加藤さんをどう活かすか、という点を念頭にコントを作っていた」

 加藤の代表ネタである「ちょっとだけよ、あんたも好きね」も、こうしたいかりやのバックアップがあってこそ花開いたのだという。

関連記事

トピックス

アナウンス力、ナレーション技術も高く評価される
中村倫也と電撃婚の水卜麻美アナ、ザワつかせた「結婚発表2週間前の号泣」ようやくわかったその胸中とは?
NEWSポストセブン
岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
10年前の襲名当時の香川と團子
香川照之の息子・團子がテレビデビューの可能性 “父の代わりに一門を食わす”覚悟
NEWSポストセブン
吉村洋文氏
吉村洋文・大阪府知事が春場所千秋楽の表彰式を「欠席」 公職選挙法との関係か、選管の見解は
NEWSポストセブン
成人男性の体重が36.8キロになっていた(大津地裁)
【同居男性虐待事件】懲役24年の判決に“涙なき”嗚咽の被告女性「被害男性にゴキブリの足を食べさせていた」
NEWSポストセブン
卒業アルバムも合成や加工が当たり前に?(イメージ)
いまどきの卒業アルバム 合成、差し替え、加工まで何でもありの現実
NEWSポストセブン
明菜
中森明菜が突如コメント「バカ殿」志村けんさんとのこと「どれだけダメ出しされても大丈夫」のアドバイスも
NEWSポストセブン
腰をくねらせる筧美和子(2023年1月撮影)
筧美和子が腰をくねらせ道路に倒れ込む…映画『静かなるドン』ホテル街での撮影現場で見せた妖艶シーン
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン