ライフ

元刑事×脳科学者対談 新型コロナ自粛でも楽しむ意識とは

元捜査一課刑事という異色の経歴を持つ佐々木成三氏

 元捜査一課刑事で“落としのプロ”と呼ばれた佐々木成三氏が上梓した『優位に立てる「刑事力」コミュニケーション20の術』が話題になっている。。そんな佐々木氏が『サイコパス』『空気を読む脳』などベストセラーを連発する脳科学者・中野信子氏との対談で、新型コロナウイルスの感染拡大によってギスギスしがちなコミュニケーションについて語りあった。

佐々木:今回の対談は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、テレビ電話でやらせていただきました。我々の対談は盛り上がりましたが(笑い)、世間はどうもギスギスしていますね。

中野:コロナ離婚やDVが世界的に増えているそうです。休校措置や外出自粛などで家庭でも夫婦や子供のフラストレーションが凄い。互いに「なぜ私を理解してくれないのか?」という鬱憤が溜まっているのかもしれません。そんな心理がネットでの荒んだ書き込みにも繋がっています。

佐々木:こういう時代だからこそ、他者に寄り添うコミュニケーション術はより重要になってくると思います。それに、外出自粛と言われるとつい悶々としてしまいますが、自分を見つめ直すチャンスだと肯定的にとらえることもできるはず。

中野:感染への恐怖や社会不安を打ち消すことは難しいですが、家での生活を楽しむというポジティブな意識は重要です。

 例えば冬には外出できない北欧の生活をお手本にするのもおすすめ。四六時中家族と一緒も疲弊しますから、敢えて一人でいる空間と時間を決めるのも有効ですね。お風呂やトイレ、部屋の一角を読書する場所と決めたりするなど、楽しんで工夫してほしい。

佐々木:こういう時期だからこそ「好奇心」を失わないことが大事ですね。

脳科学者の中野信子氏

●なかの・のぶこ/1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務後、帰国。現在、東日本国際大学教授。

●ささき・なるみ/1976年、岩手県生まれ。1995年埼玉県警察官拝命。埼玉県警察本部刑事部捜査第一課に10年間、刑事として従事。2017年の退職後は、一般社団法人スクールポリス理事を務め、中高生らが巻き込まれる犯罪を防止するための講演を行なうなど多方面で活躍中。

※週刊ポスト2020年4月24日号

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン