芸能

アイドルグループJO1落選組 引き抜きデビューで塩漬け危機に

渦中のORβIT(公式HPより)

 10~20代を中心に絶大な支持を集めたインターネット発の人気オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から生まれた男性アイドルグループJO1(ジェーオーワン)。11人のメンバーは6500万票もの視聴者投票によって、101人の練習生から選ばれた実力者で、3月4日に発売されたデビューシングルがオリコン初登場1位を飾るなど、破竹の勢いを見せている。

 しかし、あるグループの出現で、11人とそのファンたちは戸惑いを隠せないでいる。

 発端は、JO1のデビュー1か月前のこと。オーディションに参加していたものの最終審査で落ちたり、途中辞退をした7人が、ORβIT (オルビット)という名で活動することがYouTubeで発表された。彼らを応援してきたファンは歓喜したが、一方で、“本家”のお披露目目前というタイミングや、所属事務所が明らかにされていない点に疑念を抱くファンもいた。

「実はORβITは、オーディションの企画・運営を行った吉本興業に無許可で結成し、活動をしているんです」

 とは、さる芸能事務所幹部。そしてこう続ける。

「しかもこのグループを束ねているのはオーディションスタッフだった女性Aさん。つまり、オーディションに参加していたメンバーを元スタッフが秘密裏に引き抜いて、勝手に活動をしている。オーディションそのものを裏切る行為で、あまりにひどいルール違反ですね」

 Aさんはもともと、大手音楽事務所で働いていて、超人気韓流歌手のプロモーションに携わっていた。

「現在はフリーで活躍していて、今回の番組には運営サイドとして参加していました。練習生のスケジュール管理や生活指導を担当した外部スタッフで、練習生にとっては、いちばん身近にいたスタッフの1人です」(制作会社関係者)

 練習生とスタッフは一定の距離を保つことが絶対ルールとなっていた。

「でもAさんは一線を越えてしまった。自分の宿泊部屋に練習生を呼んで相談に乗り、別のスタッフに注意されたこともありました。練習生と親密になっていく一方で、番組のあり方を非難したりオーディションの制度に対して堂々と文句を言うようにまでなっていった」(前出・制作会社関係者)

 Aさんは、当落線上ギリギリのラインにいた少年たちにとっては頼みの綱に見えたのかもしれない。

「オーディション参加者は、不合格の場合でも、今後の芸能活動についてはまず制作サイドに相談する約束になっていた。実際、ほかのグループで活動を始めた落選メンバーもいますが、しっかり筋を通した上でのことです。運営側に何の相談もなく、少年たちにも状況をしっかり説明しないまま芸能活動をさせることは彼らにとっても不幸なことですよ…。JO1サイドも事態がのみ込めず、Aさんに再三にわたって説明を求めていたようですが、応答はなかったようです」(前出・制作会社関係者)

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン