芸能

森高千里「オバさんになってない」奇跡の51才白シースルー姿

シースルーが似合っている

シースルーが似合っている

 歌手・森高千里が、20年ぶりにニッポン放送のレギュラーパーソナリティーに復帰した。同局の「オールナイトニッポン MUSIC10」(月~木曜午後10時)の水曜第2週レギュラーに就任。新型コロナウイルス対策のため、大きなマスクで防備しているが、デニムのロングパンツに白のシースルーのトップスという、春らしい爽やかなコーディネートで同局から現れた。

 夜でも艶やかなショートヘアにスラリとしたスタイル。とても51才には見えない、美しいルックスは健在である。

 同番組での初放送は、森高のヒット曲「ララ サンシャイン」と「私がオバさんになっても」もかかり、往年のファンも歓喜する内容だった。同局関係者は「このMUSIC10は50才以上のリスナーが多い番組で、水曜パーソナリティーは週替り。第1・3週は名取裕子さん、第4週は岸谷香さんと、1980~1990年代に一世を風靡した方々がパーソナリティーを務めています。森高さんと同世代のファンの方々にとって、青春を思い出すような番組になるのではないでしょうか」と説明した。

 森高は、デビュー直後の1990年10月からスタートした「森高千里 ザ・青春」という番組をはじめ、2000年まで同局で夜のレギュラー番組を担当していた。本人も10年パーソナリティーを務めたニッポン放送への思い入れは深いようで、「20年ぶりのニッポン放送でのレギュラー! とっても嬉しいです。聞いて下さる皆様と共に元気になれる番組をお届けしたいと思っています。ぜひ楽しみにして下さいね!!」とコメントを出している。

 森高のモチベーションを上げる理由は、ほかにもある。森高と夫・江口洋介(52才)の子供は現在、大学生と高校生。手のかかる時期は過ぎたのだろう、昨年には21年ぶりの全国ツアーを開催すると、33か所36公演の各所で満員の大好評を博した。強いリクエストに応じて、今年も全16公演の全国ツアーを発表した。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン