• TOP
  • 国内
  • 佐藤優、休校中の子供たちに逮捕・勾留で実践したことを伝授

国内

2020.05.25 16:00  女性セブン

佐藤優、休校中の子供たちに逮捕・勾留で実践したことを伝授

激動の人生を歩んできた元外交官のメッセージ(写真/共同通信社)

 新型コロナウイルス感染防止のため、多くの学校が長期休校となり、子供たちも大きな不安を抱えていることだろう。そこで作家の佐藤優氏(60才)が、子供たちにメッセージを送る。

【プロフィール】さとう・まさる/東京生まれ。1985年、外務省に入省しロシアとの外交問題に注力するが、2002年に背任容疑などで東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。そのときの経験をまとめた『国家の罠』(新潮社)は大きな話題を呼んだ。

 * * *
 アメリカのトランプ大統領は、記者に向かい、「私は戦時下の大統領です」(3月18日)と発言しました。フランスのマクロン大統領もテレビ演説で、「われわれは戦争状態にある」(3月17日)と訴えました。欧米の指導者の多くは、新型コロナウイルスとの戦いを「戦争」に喩えています。

 しかし、第二次世界大戦中すらこんなことはありませんでした。

 学童疎開はありましたが、みんな一緒の移動です。終戦直後の数か月は学校を閉校していましたが、家の外にまったく出られないわけではありません。学校にも行けず、友達にも会えない、というのは、未曾有のことなのです。

 これだけ大きなことが起きたのだから、もはやこれからの世界は「変化」が当たり前になる。以前の元の世界に戻ることは、あり得ません。

 現在の社会も安定とはほど遠く、何度も何度も大きな変化を迎えることでしょう。そのときに動揺しないためにも、「世界は変化し続ける」と思っていてほしい。

 大きな危機に直面したとき、人はまずフリーズして、その後にいろいろ考えようと模索します。その方法は3つのパターンに分かれる。

 1つめは、それでもいままでの考えを変えない人。

 2つめは、権威に従ってしまう人。政府や専門家、識者の意見に従ってしまう人のことです。

 3つめは、自分の頭で考える人。本当にこれでいいんだろうかと考えてみて、チャレンジし、ダメだったら軌道修正するという人です。

関連記事

トピックス