• TOP
  • 国際情報
  • 米議員 駐米中国大使館前の通りを武漢の医師の名に変更提案

国際情報

2020.05.25 07:00  NEWSポストセブン

米議員 駐米中国大使館前の通りを武漢の医師の名に変更提案

歴史ある銭湯が危機に

中国も困惑するしかないか

 米上下両院議員4人がワシントンDCの駐米中国大使館前の通りを、新型コロナウイルスの感染について中国で最初に警報を鳴らした中国人医師(享年44)の名前をとって、「李文亮プラザ」と改名する法案を提出した。議員たちは李氏の名誉を今後も称えるためだとしている。

 しかし、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」がこのニュースを伝えると、ネット上には「素晴らしい提案だ。是非実現してもらいたい」との書き込みがあった一方、「ふざけるな。アメリカ帝国主義の横暴だ。中国の内政に干渉するな」との批判の声も寄せられるなど、賛否の声が出ている。

 李氏はウイルスの発生源とされる中国湖北省武漢市眼科の眼科医で、患者の1人が「原因不明の肺炎」にかかったとして、新たなウイルスの感染拡大の危機を中国のSNS「微博(ウェイボー)」で他の医療従事者に告発していた。

 これについて、武漢市の警察当局は「不法にデマを流した」として李氏を含む8人の医師に始末書を書かせるなどの処分を行った。しかし、中国共産党上層部が調査団を武漢に派遣した結果、李氏の告発が正当であるとして、処分は撤回された。

 その後、李氏は新型コロナウイルスの感染者を治療中、自らもウイルスに感染し肺炎で死亡。これによって、ネット上では中国当局が感染症の情報を隠蔽していたことなどに不満が続出し、「我々に言論の自由を」といった書き込みがネットに溢れ、李氏は一躍、国民的英雄に祭り上げられてた。

関連記事

トピックス