ライフ

コロナ禍おこもりで睡眠・食事が健康的に、肌荒れ改善も

ノーメイクの人が増え、化粧品の売り上げが減

 外出できない、収入が減った、家族ともめ事が増えた――前代未聞の外出自粛期間は、たしかにストレスフルだった。ただ、昔から禍福は糾える縄の如しという通り、「自粛も案外悪くなかった」と感じる人もいるし、実際にそんな研究や統計もある。意外なところに「不幸中の幸い」は転がっていた。

「コロナ太り」に悩む人がいる一方で、毎日の食事が健康的に変化したという人も少なくない。タレントの渡辺直美(32才)も、外出自粛の影響で自炊を始めたことにより、体重が5kg減ったとテレビ番組で報告した。

 ちくさ病院内科医の近藤千種さんはこう分析する。

「仕事が忙しく、外食や買い食いが多かった人ほど、高脂肪、高カロリーな欧米型の食生活に偏りがちでした。しかし、営業自粛で開いている店が減れば、自然と家で食事する機会が増えます。コンビニのおにぎりで手っ取り早く済ませていた食事が、炊飯器で炊いた米と、バランスのいいおかずに変わってきたのでしょう」

 緊急事態宣言が発出された直後は、スーパーから食品が消える買い占め騒動も起こった。一方で、売り上げが減少したものもある。

 全国のドラッグストアなどを対象とした調査では、口紅やファンデーションといった化粧品の売り上げが軒並み低下。在宅中はノーメイク、外出時はマスクを着用するため不要になったことが大きい。

 食事、睡眠の改善とも相まって、自粛期間中に「肌荒れが治った」という声は多い。

「皮膚細胞はつねに呼吸しているので、ノーメイクの時間が増えたことは肌に好ましい。外出しないことで、紫外線によるダメージが減ったことも影響します。ゆっくりお風呂に入ったり、肌のお手入れに時間をかけたり、自分のために使える時間が増えたこともいい効果です」(近藤さん)

※女性セブン2020年6月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン