• TOP
  • ライフ
  • 写真家・七菜乃が新たな表現に挑戦 美女リモート撮影会

ライフ

2020.06.04 16:00  週刊ポスト

写真家・七菜乃が新たな表現に挑戦 美女リモート撮影会

写真家の七菜乃が新たな表現に挑戦

 コロナによる外出自粛生活の中、アーティストたちは新たな表現を生み出している。「ヌードは着衣の一つ」をモットーに一般女性の“女体”を撮る人気写真家の七菜乃(なななの)は、テレビ電話を活用したリモート撮影に挑戦した。

「大人数のモデルさんを呼ぶ撮影会が開けない中で、自宅にいながら撮影する方法を考えました。私のパソコンとモデルさんのスマホをテレビ電話でつなぎ、モデルさんがスマホのレンズを自分に向け、パソコンに映った映像を見ながら私がスクショ(画面保存)するんです」

 モデルを務めたのは、七菜乃の知り合いや過去の撮影会に参加したことのある20~30代の美女7人。

「まずカメラを通じて自宅の様子を見せてもらい、自然光の入り方も考えて撮影ポイントを決めます。モデルさんは自分がどう写っているか見えないので、『もうちょっと右、いや行きすぎ!!』なんてカメラの角度を指示するのが大変でした。でも地方在住の女の子の部屋で撮影する機会なんてあまりないし、自宅で過ごす彼女たちの“現在”が撮れました」

 コロナ時代を後世に伝える貴重な「記録」になるはずだ。

【プロフィール】七菜乃(なななの)/ヌードモデルを務める一方、自らカメラを持ってセルフポートレートや他の女体を撮影する。『七菜乃写真作品集 My Aesthetic Feeling』(芸術新聞社)、週刊ポストデジタル写真集『写真家・七菜乃 女体48人ヌード撮影会』『写真家・七菜乃 女体46人ヌード撮影会PART2』も好評発売中。

※週刊ポスト2020年6月12・19日号

関連記事

トピックス