ライフ

ウユニ塩原ほか 写真家が捉えた「世界の奇跡の絶景」4選

 美しい景色や壮大な大自然で、写真家の予測と準備、好天などの偶然が重なって名写真が生まれることがある。そうした“二度と撮れない”世界中の絶景をとらえた秘話を、写真とともに紹介する。

◆ウユニ塩原(ボリビア):撮影/野町和嘉

無風時にとらえた「天空の鏡」

 標高3700mに広がる「ウユニ塩原」は季節ごとに異なる表情を見せ、いつ撮影しても楽しい地です。この時は雨季を狙って訪れました。湖面に5cmほどたまった雨水が無風によって“天空の鏡”と化し、青空に絶妙なバランスで浮かぶ雲を映し出す瞬間をとらえることができました。

 大雨で水かさが増え過ぎたり、風が吹いて波立ったりすると、このような鏡張りの絶景は撮ることができません。好条件が生んだ奇跡の情景です。

【プロフィール】のまち・かずよし/1946年、高知県生まれ。アフリカ、中近東など世界各地で過酷な風土を生き抜く人々の暮らしと信仰の姿を撮影してきた。2009年、紫綬褒章を受章。

◆スコーガフォスの滝(アイスランド):撮影/高砂淳二

瀑布の轟音だけが轟く星とオーロラの夜

 アイスランドの南部に位置する「スコーガフォスの滝」や山に満天の星とオーロラが降り注ぐ夜の絶景です。ほのかな月の光が滝や山を照らし、幻想的な大自然を写し出すことができました。季節的にオーロラが出現するとは思っていなかったので、興奮しながら夢中でシャッターを切りました。滝は落差約60mあり、轟音が響く中、水しぶきで濡れるレンズを必死にふきながら撮影した思い出が甦ってきます。

【プロフィール】たかさご・じゅんじ/1962年、宮城県生まれ。世界各地を訪れ、海の中から生き物、風景、星空まで地球全体をフィールドに撮影活動を続けている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト