• TOP
  • 芸能
  • 3時のヒロイン・福田麻貴 人生を変えた映画『パッドマン』

芸能

2020.06.08 07:00  女性セブン

3時のヒロイン・福田麻貴 人生を変えた映画『パッドマン』

福田麻貴の人生を変えた映画とは?

 緊急事態宣言は解除されたからといって、不要不急の外出はできるだけ避けるべき。まだまだおうち時間を過ごさなければならないのだ…ということで、人生を豊かにする映画鑑賞でもいかがだろうか。2019年の『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で優勝したお笑いトリオ『3時のヒロイン』の福田麻貴に「人生を変えた映画」を紹介してもらった。

◆人生を変えた映画
『パッドマン 5億人の女性を救った男』
DVD好評発売中 3800円
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【あらすじ】
 インドの小さな村で生活する主人公のラクシュミ。貧しくて生理用ナプキンが買えない妻のために、清潔で安価なナプキンを手作りすることを思いつくが…。実在する人物をモデルにしたヒューマンドラマ。

――この作品を見て、あなたの人生はどう変わりましたか?

「題材はハードルが高く見えるかもしれませんが、内容は愛情に溢れた熱い男の物語です。インド映画ということもあり、音楽や演出も面白い! 主人公のラクシュミが、自作のナプキンに食肉の血をポンプで送り、自転車を漕ぐが気づけば血が漏れていて、村中から指を差されて非難され、川に飛び込む…というシーンが特に印象に残っています。

 いたって真剣なストーリーなのですが、BGMや仰々しい演出が面白く、映画館でお腹を抱えて笑いました。好きな女性を救うため、信念を曲げずに熱量を持ってナプキンを開発するラクシュミの姿に心を打たれ、私も仕事への熱量を高く保つようになり、その結果『THE W』で優勝。まさに、人生を変えた一作です!」

――特におすすめのシーンやセリフは?

「みんな問題が起きないことを神に祈るが、死ねば問題はない。問題がない人生なんてない、問題は生きるチャンスだ」というセリフです。

【プロフィール】
福田麻貴(ふくだ・まき)/1988年10月10日生まれ。お笑いトリオ「3時のヒロイン」のツッコミとして活躍。2019年に『女芸人No.1決定戦 THE W』で優勝し話題に。現在、『ウケメン』(フジテレビ系)、『第7キングダム』(日本テレビ系)にレギュラー出演中。

※女性セブン2020年6月18日号

“生理用品”の普及に生涯をかけた男(C)2018 CAPE OF GOOD FILMS LLP, All Right Reserved.

『パッドマン 5億人の女性を救った男』 DVD好評発売中 3800円 発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連記事

トピックス