キングダム一覧

【キングダム】に関するニュースを集めたページです。

百恵さん「初孫誕生」で長男と歓喜 一方の次男は俳優として心配の声、最近は「ゲーム実況」も
百恵さん「初孫誕生」で長男と歓喜 一方の次男は俳優として心配の声、最近は「ゲーム実況」も
 3月21日、三浦友和(70才)と百恵さん(63才)に待望の初孫が誕生した。長男である三浦祐太朗(37才)の妻で声優の牧野由依(36才)が、インスタグラムで第1子となる女児の出産を報告すると、続いて祐太朗がコロナ禍での過酷な出産だったことを明かし、大きな話題となった。「祐太朗さんは自身のインスタグラムで、“コロナ禍で残念ながら立会い、面会は叶いませんでしたが、妻も娘も命懸けで頑張ってくれました。我が子の誕生にただただ感動しております”と喜びの言葉を綴りました。今はコロナの影響で、出産はお母さんが1人で挑むことが多いようです。祐太朗さんのコメントから、牧野さんが初産の不安と闘いながら、孤独の出産に挑んでいたことが伝わってきます」(芸能関係者) 祐太朗は第1子の誕生とともに、シンガーソングライターとしても節目を迎えている。3月9日にはカバーアルバム『90’s Drip- J-POP COVER ALBUM -』を発売し、13日からソロデビュー10周年のツアー「AND YOU」がスタート。さらなる活躍が期待されている。 長男に私生活や音楽家としての注目が集まる一方で、次男の俳優・三浦貴大(36才)は、ここのところ大人しい印象だ。 貴大は2010年に『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。控えめながら丁寧な演技が評価され、次々とオファーが舞い込んだ。その後、モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞した『わが母の記』(2012年)や、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『永遠の0』(2013年)など立て続けに話題作に出演してきた。「今年も、2019年に大ヒットした映画『キングダム』の続編『キングダム2 遥かなる大地へ』(2022年夏公開)への出演が決定しています。多くの監督さんから評価される演技派俳優なのですが、主役を演じることが少なく、“当たり役”と呼べるものもありません。名バイプレイヤーといったほうがいいかもしれませんね」(映画制作関係者) デビューから12年なら上々の経歴と言えるのかもしれないが、今や所属事務所の看板俳優となった立場から考えると、物足りないという声も聞こえてくる。「彼が所属する芸能事務所は、もともと浅野忠信さんが稼ぎ頭でした。しかし、昨年10月末に浅野さんが独立して業務提携に。それ以前にも、加瀬亮さんや菊地凛子さん、新井浩文さんらがいて、名俳優を抱えるやり手事務所と言われていたのですが、色んな理由で皆さんいなくなってしまい、現在は貴大さんが名実ともに事務所のトップとなりました。彼はいま、“看板俳優”として責任を背負う立場にありますね」(前出・映画制作関係者) そんななか、貴大が俳優業以外の活動にも取り組み始めた。その一つが「ゲーム実況」だという。「貴大さんは子供の頃から大のゲーム好きで、最近では『タカミウラ』という名義で、『エーペックスレジェンズ』などのバトルゲーム実況を動画配信サイト『Twitch』で行っています。プレイの解説だけでなく、お取り寄せグルメやファッションについての雑談など、幅広いトーク力が魅力です」(別の芸能関係者) さらに、趣味のカメラも仕事に繋げている。実は貴大は、中高生に絶大な人気を誇るシンガーソングライター・川崎鷹也(26才)の『ヘイコウセカイ』と『僕と僕』のミュージックビデオの制作に、スチールカメラマンとして参加していた。「浅野さんの独立を始め、他の俳優さんたちがいなくなったのは、貴大さんとしても想定外だったのではないでしょうか。友和さんと百恵さんは、貴大さんが俳優デビューする際に、“自分の力で頑張ってほしい”という思いを持っていました。友和さんの所属事務所に親子で所属しなかったのは、そういった考えがあったからだといいます。 貴大さんが事務所の看板俳優となって重圧を感じる中、百恵さんたちは母親として心配しながらも、きっと“貴大なら乗り越えられる”そんな思いで見守っていることでしょう」(前出・芸能関係者) 祖母と母親の顔を持つことになった百恵さんにとって、新たな家族の物語が始まる。
2022.04.04 16:00
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 本格的な中国進出に向けて「中国で一番有名な日本人」に接触
“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子(28)が、本格的に中国進出に向けて動き出した。中国版ツイッター「ウェイボー」で、小島がファンに向け、流暢な中国語で『中国語を勉強しています!』『中国大好き!』などと猛アピールする動画が次々と投稿されている。「彼女は2018年から本格的に中国語のレッスンを受け始め、当時のインタビューで『(2018年の)クリスマスは祖母とホテルのスイートルームで過ごす予定。ホテルに中国語の家庭教師も来てくれる』と話したこともあるほど熱心に中国語の勉強に励んでいた。ウェイボーを見た現地の中国人からも『こんな短期間でここまで上手くなるのは相当な努力が必要』という声が上がっています」(芸能記者) 小島がこれだけ中国語修得に必死になるのには理由があった。「かつては『バラエティー女王』と言われた小島さんですが、今はレギュラー番組も減り、自身も番組内で『日本だけだと3~5年後くらいに尻すぼんでいく感じがする』と語っていたこともありました。一時は交際していた漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と結婚間近とも言われていましたが、破局した今はふっ切れ、今後は中国を拠点に仕事ができる土台を作りたいと考えているようです」(同前) 小島がそのために接触したのが、中国に拠点を置き、「中国で一番有名な日本人」として知られる俳優の矢野浩二(52)だ。「矢野さんは日本ではまったく無名でしたが、2000年に中国に渡り、中国のドラマや映画で端役の日本人兵役からキャリアを積み重ね、バラエティー番組のMCとなり大人気に。 今ではウェイボーの現地フォロワーは1700万人超えです。最近久々に来日したのですが、このタイミングを逃すことなく、小島さんは早速矢野さんとウェイボーで対談しているのです。中国語での対談でしたが、小島さんは矢野さんの問いにもスムーズに中国語で返答していた。矢野さんも『年も若いのに可愛くて聡明』とべた褒め。中国では歌手になりたいと公言している小島さんですが、矢野さんのサポートがあれば実現するかもしれません」(スポーツ紙記者) 仕事では“良きパートナー”が現われたようだ。※週刊ポスト2022年2月4日号
2022.01.27 07:00
週刊ポスト
羌カイのコスプレをしたこともある小島瑠璃子と、マンガ家・原泰久氏
小島瑠璃子、中国に移住も? キングダム作者と破局でキャリア模索
“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子(27)が、人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(46)との破局が報じられた今年7月以降、出演するバラエティ番組などで共演者たちからいじられ続けている。もともと「『キングダム』の大ファンだった」という小島と原氏は、2019年1月にテレビ番組で対談。昨年7月、本誌・週刊ポストが、福岡の原氏の自宅マンションに小島が2連泊し、2人で地元の「縁結び神社」を仲睦まじく参拝したことを報じていた。一時は結婚も取り沙汰された2人だったが1年足らずで破局を迎えたのだった。  そんな小島は今、中国語のレッスンに足しげく通っているという。 9月2日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で小島は、銀座の個人教室で週1日、1回90分の中国語の個人レッスンを受けており、現在では簡単な会話をゆっくり交わすことができるレベルだと話した。 これに、共演したお笑いコンビ「鬼越トマホーク」の坂井良多(35)が、「元カレに未練があるから中国語を習ってるんじゃないんですか?」と突っ込みを入れた。『キングダム』の舞台が古代中国だからだ。 しかし、実情は違うという。「こじるりは、原さんと交際する前から、中国語をずっと勉強していました。中国に向け日本の文化を紹介するYouTube番組『和飯情報局』には、2020年から数回に渡って出演し、ネイティブを相手に流暢な会話を交わしています。 中国進出にも並々ならぬ意欲を燃やしていて、“このまま日本にいても尻すぼみ。これからは中国のほうが需要がある”と、昨年1月には中国・上海へ物件の内覧にも行っています。本人は中国のバラエティ番組のMCを目指しており、今後は中国の活動をメインにしていく予定だったのですが、そこにコロナ禍が襲ったのです」(芸能関係者) 実際、昨年5月に出演したテレビ番組では、小島本人も「中国語が合っていた」「日本から近いので、日本で仕事をしながら通える」「ハリウッドでウケる顔じゃない。向こうでは小中学生に見られるけど中国なら長い黒髪でごまかせる」と、“次のステージ”に中国を選択した理由を明かしていた。 もともと、努力家として有名な小島だが、「セレブ婚目前か」と言われていた相手との破局により「これからの自分のキャリア」についてさらに考えを深めるようになったようだ。 芸能評論家の三杉武氏はこう予測する。「こじるりはとにかく上昇志向が強いんです。もともと出身高校も、千葉県内で上位3本の指に入る屈指の公立進学校。受け答えもうまく、その頭の良さがバラエティでも重宝されてきた。最近では、“下ネタ”も解禁し、好感度は急上昇中です。 中国のバラエティ番組では、日本ではまったく無名だった俳優・矢野浩二さん(51)がMCとして大人気となりました。彼は、中国のドラマや映画では端役である日本兵の役からスタートして『チャイニーズドリーム』を掴んだ。 こじるりは日本でもすでに絶大な人気を誇り、ビジュアルも満点。そんな彼女が中国に進出したら、まず悪いほうには転ばないのではないでしょうか。現地に物件も探していますし、大成功してそのまま中国に移住……ということも多いに考えられます」  日本を飛び出し、新天地で「覇権」を握るか。
2021.09.13 16:00
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子 破局を機に下ネタOKの“ぶっちゃけキャラ”に路線変更か
「いたさないと怖いです。いたす前に付合うってどういう勇気? と思う。人間性とか出るじゃないですか。いたし終わった後のテンポ感が合う、合わないとか。そういうのを見てから決めたい」──。7月6日放送の『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)での小島瑠璃子(27)の発言が話題だ。 漫画『キングダム』作者・原泰久氏(46)との破局報道が出た直後の同番組で、長谷川京子から「付き合う前にいたすか、いたさないか」を問われた小島のこの答えに、スタジオにはどよめきが起きた。〈こじるり、どうしちゃったんだ〉〈サラッとすごいこと言い出した〉 と、SNSでも驚きの声が上がったが、実はこの放送の1週間前にも小島は“ビックリ発言”をしていた。 6月30日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にゲスト出演した小島は、お笑い芸人・AMEMIYAの所有するテレビのメーカーが「A-Stage」という聞き慣れないものだったことが紹介されると、ポツリとひと言、こう漏らしたのだ。「なんか、AVメーカーみたい」 番組ではテロップ付きで放送されたこのコメントだが、他の共演者は何も反応せず。松本人志だけが苦笑い。芸能ジャーナリストの三杉武氏が語る。「おそらく有力メーカーの『プレステージ』を連想したのだと思われますが、有名女優の名前ならまだしも、メーカー名まで彼女が知っていたとは驚きです。かなり踏み込んだ発言だと感じました」 小島の“キャラ変”についてもこう続ける。「原氏との交際発覚時、一部で略奪愛報道が出たことで、好感度が一気に下がった。とくに同性からのバッシングが多く、これまでのような“いい子キャラ”を貫くのは限界でした。 そこで破局を機に下ネタOKの“ぶっちゃけキャラ”路線に活路を見出したのでしょう。このポジションにはダレノガレ明美がいますが、いまはやや露出が減っている。その椅子を狙いに来たのはさすがです」(同前) 女は恋の数だけ強くなる?※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号
2021.07.20 07:00
週刊ポスト
山崎賢人ドラマを世界的ヒットに導いた「エモい演技」
山崎賢人ドラマを世界的ヒットに導いた「エモい演技」
 山崎賢人(26)は、今まさに俳優としてセカンドステージに突入している最中なのではないか。土屋太鳳とW主演するNetflixオリジナルドラマ『今際(いまわ)の国のアリス』は、同配信サービスの世界総合ランキングでトップ10入りするほどの人気を集めており、彼の新たな代表作となった。 麻生羽呂(あそう・はろ)による大人気コミックを原作とした同ドラマで、山崎が演じるのは主人公の“アリス”こと有栖良平役だ。毎日ゲームに明け暮れるだけの冴えない男が、命を賭けた“げぇむ”を通して人間的な成長を遂げる姿を、山崎は見事に表現してみせた。たくましきヒロイン・ウサギ役を演じる土屋太鳳とは、今回が4作目の共演で、息の合ったやり取りがふたりの絆を感じさせる。 メガホンを取った佐藤信介とも、2019年に公開された映画『キングダム』でタッグを組んだ関係だ。『キングダム』で佐藤監督が「第44回報知映画賞」を受賞した際、山崎は監督とハグを交わし、「これからも世界中の人々を楽しませることができる作品を一緒に作っていけたら幸せです」と語っていた。再びタッグを組んで制作された『今際の国のアリス』によって、「世界中の人々を楽しませる作品を一緒に作る」という山崎の夢はさっそく実現したようだ。 俳優デビューから10年。近年の山崎は演技の面で目覚ましい成長を遂げている。なかでも『キングダム』での佐藤監督との出会いは、彼のキャリアにおいて重要な出来事だったことだろう。 ピース・又吉直樹の小説を原作とした映画『劇場』(2020年7月公開)も好評で、全国18館という比較的小規模の公開でありながら、初日から3日間で観客動員数4000人を超える反響を呼んだ。山崎は、ヒロイン役を演じる松岡茉優とともに、まるで共依存のような状態に陥る未熟な恋愛を熱演。自意識過剰な演劇青年役で新境地を切り開いた。そして、今回の『今際の国のアリス』の大ヒットだ。 山崎の活動を長年チェックしてきたドラマ・映画ライターの小田慶子氏は、彼のキャリアをこう振り返る。「映画『斉木楠雄のΨ難』(2017年)のときに特報で『山崎賢人、(漫画の)実写やりすぎじゃね?』と自分にツッコむセリフを言っていましたが、そのとおり、漫画原作の多い彼。しかし、その2017年に『ジョジョの奇妙な冒険』と『斉木楠雄〜』が公開されたタイミングで、少女漫画原作から少年漫画原作にシフトチェンジし、イメチェンが上手く行きました。 少女漫画原作が続いたときは“ドS王子”のような役が多く、『このまま女子の萌え要員となるのか?』と思っていましたが、むしろ熱血ヒーロー的な男臭い役の方が、彼には合っていたようです。 やはり少年漫画を原作とする『今際の国のアリス』では、家でゲームばかりしていたニートのアリスを演じています。やさぐれてオタクっぽい序盤から、ウサギを守って戦うヒーローとなる終盤まで、山崎さんがこれまで演じてきた役の集大成になっています。特に第3話に大きなターニングポイントがあるのですが、そこでのエモーショナルな演技が素晴らしかったです」(小田慶子氏) さらに小田氏は、山崎自身のキャラクターが演技に反映されることがあると指摘する。「山崎さん本人のキャラクターとしては、長年の友人である菅田将暉さんや、『キングダム』で共演した吉沢亮さんから、その天然ぶりを指摘されています。『あさイチ』に生出演したときは、慌てるあまりNHKなのに「CM!(CMにしてください)」と言ってしまうなど、かなり“自由”な人。しかし、そこが逆に役者らしいというか、ポテンシャルとなって、役柄にハマったとき、見る人の予想を上回る演技になるのではないでしょうか」(小田氏) 小田氏は、そんな山崎を「スター」と評する。「ドラマ『陸王』(TBS系、2017年)で父親役だった役所広司さんや、『グッド・ドクター』(フジテレビ系、2018年)の上野樹里さんのような芝居巧者と組むと、演技がぐっと良くなるので、正統派の人間ドラマにもどんどん出てほしいですね。 山崎さんは、スポーツ選手に例えるなら、フィギュアスケーターのような人。毎回、『今年はこのプログラムに挑戦するの? 難易度高すぎだよ』と驚かせてくれます。どのプログラムでも再現度高く完璧になりきるというより、挑戦をした彼の姿に、見る人は感動し拍手を贈る。一言で言うなら、スターなのだと思います」(小田氏) さっそくシーズン2の制作も発表され、『今際の国のアリス』は、「ついに日本のドラマが世界で評価される時が来たか」と注目されている。本作をきっかけに“スター”山崎賢人は世界へと羽ばたいていくか。◆取材・文/原田イチボ(HEW)
2021.01.02 16:00
NEWSポストセブン
こじるり、前田&板野、長澤まさみらの魅惑の美スタイル
こじるり、前田&板野、長澤まさみらの魅惑の美スタイル
 芸能界でも祝福すべき出来事から不倫騒動新型コロナ感染まで、さまざまなニュースがあった2020年において、見る人に明るい話題を提供してくれる“美スタイル”の女優やアイドルが多くいた。 累計発行部数が7000万部を突破したマンガ『キングダム』の作者・原泰久氏との交際が報じられたタレントの「こじるり」こと小島瑠璃子(27才)は、真夏にぴったりの白Tシャツにデニムのミニスカートという私服姿で笑顔を見せた。すらりと伸びた細い足、Tシャツをフワッと着こなすスタイルの良さに加え、GUCCIのショルダーバッグを前に掛け髪をお団子にするというキュートさが前面に出ていた。 女優・長澤まさみ(33才)も夏の暑い日の夜、カーディガン、ワイドパンツ、サンダルとすべてベージュのワントーンで合わせた2020年らしいコーデ姿が目撃された。この日は俳優のリリー・フランキー(57才)と東京・六本木のステーキ店でディナーだった。映画『コンフィデンスマンJP』シリーズなど話題作への出演も続いている長澤。美スタイルをキープし続けられるのは常に“見られている”からかも。 AKB48の元センターで結婚と出産も経験した前田敦子(29才)は11月中旬、ももまであるオーバーサイズの黒ニット姿で都心に現れた。袖もダボっとさせ、スカートも足元まである超ロングなベイクドカラーのアイテムをまとっていた。さらに、この日は同じく元1期生メンバーの板野友美(29才)とともに出かけていて、板野も白のロングコートにブラウンのロングスカートをはためかせていた。 2人は高級中華料理店でディナーを楽しんでいたが、偶然にも歌舞伎俳優の中村獅童(48才)も家族で同じ店にいたという。居合わせた客によれば、同席ではなかったようだ。前田と板野の満面の笑みが夜の街に弾けていた。 同じく1期生にして唯一の現役AKBメンバーでもある峯岸みなみ(28才)も夏の夜、そのオーラもそのままに、黒ワンピに赤のミュールサンダルをアクセントにするコーデで登場。ぱっちりした目にツヤたっぷりの長い黒髪でスタイルの良さを際立たせていた。峯岸の人気は健在で、グラビア誌ではメリハリボディーを駆使したセミヌードを披露するなど、2021年の活躍が期待できる精力的な活動ぶりだった。 真っ赤でタイトなスカートを合わせた春の私服コーデで外出していたのは、元TBSアナウンサーの田中みな実(34才)だ。“彼シャツスタイル”のようにパーカーの袖を余らせてダボっと着て、足元は美肌の足首を少し見せるスニーカースタイル。カジュアルでも写真集が60万部売れるのもうなずける美スタイルだった。 スタイルもコーデも美しいアラサー女子たちの活躍が2021年も、期待できそうだ。 
2020.12.30 07:00
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
幸せいっぱいの小島瑠璃子、「超美脚スタイル」をキャッチ──NEWSポストセブン2020年白Tシャツおしゃれ部門4位
 NEWSポストセブンで2020年(1月1日~12月7日)に公開した記事の中から、大きな反響を呼んだ記事を紹介します。「白Tシャツおしゃれ部門」第4位は、8月28日に配信した『幸せいっぱいの小島瑠璃子、「超美脚スタイル」をキャッチ』です。超ミニのデニムと合わせたシンプルながらオーラたっぷりのコーデが話題となりました。(以下、年齢などは当時) * * * 8月中旬、都内のラジオ局から出てきたのは、タレント・小島瑠璃子(26才)。お団子ヘアに、GUCCIのバッグを胸にかけて、スラリと伸びた美しい素足を露わにしたデニムの超ミニ姿である。若さあふれる健康的な色気。さすがは、累計発行部数6600万部を誇る人気漫画「キングダム」の作者、原泰久氏(45才)を虜にしてしまうだけのことはある。 幸せいっぱいのこじるり。この日も、スタッフに囲まれながら弾ける笑顔を見せていた。芸能関係者が語る。「こじるりさんにはネットでは“アンチ”もいますが、スタッフ受けはとてもいい。若手のADなどにも笑顔で対応しているから、一緒に仕事をしている人はすぐファンになってしまうと評判です」 バラエティ番組での立ち回りの良さは、多くのテレビ局関係者からも評価されている。キー局プロデューサーはこう語る。「小島さんは、コミュニケーション能力の高さと場の空気を読む力が優れている方です。そんな彼女が、ラジオ番組で交際をあっさりと認めていました。そうすることが番組にとって最善だと考えたからこそのことだとは思いますが、これまでモデルの呂敏さん(30才)や関ジャニ∞・村上信五さん(38才)との熱愛が報じられた彼女が、交際を認めたのは今回が初めて。それだけ真剣で、結婚も視野に入れている証拠だと思います」 最近のこじるりは「計算高い」、「あざとい」とイジられてもいる。友人のSHELLY(36才)にテレビ番組で「お酒を飲むと、絵に描いた“女の子に嫌われる女子”になってニャンニャンしだす」と指摘されたことも話題になった。「あれは、仲のいい飲み友だちだからこそのネタ。こじるりさんは気さくで男女問わずに交友関係が広い。それゆえ、“あざとい”というイメージがつきまとうのかもしれません」(前出・テレビ局関係者) 原氏との真剣交際を追い風に、次なる活躍も期待したい。
2020.12.29 07:00
NEWSポストセブン
木下優樹菜との不倫疑惑がネットで指摘された乾貴士選手は何を語るのか
2020年重大ニュース10【芸能】縦読み不倫疑惑をスペインで直撃
 2020年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2020年の「重大ニュース」を厳選した。ここでは【芸能】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)芸能編1~3位【1位】■木下優樹菜との不倫疑惑を乾貴士に直撃、「不倫? んー」(1月)「コロナで完全に吹っ飛びましたが、2020年初期のネット上の最大の話題って、コレだったんですよ。いちいち木下のインスタグラムの『縦読み』を解析したり、私もこの件でテレビで解説を求められたりしました。あの時、この話題で盛り上がれたのは、当人には申し訳ありませんが、『平和だったな……』という感慨があります」【2位】■ももクロ「お弁当は持って帰ります」現場 謙虚さが強み(3月)「これは、『コロナがヤバい!』という空気感が蔓延し、人々が疑心暗鬼になり、この世の終わりが来るのか……といった焦燥感に襲われ始めた中、『久々のほっこりしたニュース』として注目を集めました。『ももいろクローバーZのメンバーは楽屋弁当を持ち帰る』という話題は、平時だったらヤフーのトップにピックアップされるようなものではなかったかもしれませんが、この時は人々がほっこりニュースを求めていたのでしょうね」【3位】■小島瑠璃子 19歳上キングダム漫画家と「福岡縁結び連泊愛」(7月)「私の仕事相手でもある男性・M氏(40代)は、『こじるりみたいな若い女性と付き合えるのであれば、オレもキングダムを描く!』と言っていましたが、一斉に『それは無理だ』と突っ込まれた案件です。女性芸能人の熱愛が報じられるとこうした暴論というか願望と言うか、妄言が出るのはやっぱり定番なのだなぁ、と思い知らされた報道でした」以下、4~10位【4位】■志村けんさん、子供を授かっていた過去「共演したかった…」(4月)【5位】■にゃんこスター破局 アンゴラ村長はコンビ継続希望か(2月)【6位】■石原さとみロスで悲鳴続々「残された望みはガッキーしか…」(10月)【7位】■渡部建&佐々木希 親子3人で手つなぎ散歩、仲睦まじい姿(8月)【8位】■小倉優子、離婚危機の真相 夫が芸能活動に口出し口論絶えず(3月)【9位】■大東駿介120分告白「子供3人います」、極秘別居婚の理由とは(6月)【10位】■検証『笑点』、リモート大喜利で“好楽のドヤ顔”が消えたワケ(8月)
2020.12.24 19:00
NEWSポストセブン
羌カイのコスプレをしたこともある小島瑠璃子と、マンガ家・原泰久氏
小島瑠璃子 19歳上キングダム漫画家と「福岡縁結び連泊愛」──NEWSポストセブン2020年TOP10
 NEWSポストセブンで2020年(1月1日~12月7日)に公開した記事の中から、大きな話題を呼んだ記事トップ10を発表します。第2位は、7月31日に配信した『小島瑠璃子 19歳上キングダム漫画家と「福岡縁結び連泊愛」』です。小島は、交際報道後の8月8日にニッポン放送『みむこじラジオ』に出演。一緒にパーソナリティをつとめているさまぁ~ずの三村マサカズから「どうなんすか! 写真撮られてましたけど」などと突っ込まれると、「そうですね。人格者で素敵です。もう尊敬」などと堂々の“交際宣言”をしていました。(年齢などは当時) * * * 時は令和2年7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。女性は買い物かごを自ら持ち、食材を選んでいく。レジで男性が支払いをする間、寄り添う女性は自然と彼の腕に自分の腕を絡ませていた。「女性は黒いジャージに細身のジーンズ、男性もストライプのシャツにジーパンというラフな服装でしたが、女性は一際スタイルが良く目立っていました。よく見たらタレントの小島瑠璃子さん(26)でびっくりしました」(居合わせた買い物客) 小島は「こじるり」の愛称で親しまれ、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『サタデープラス』(TBS系)などバラエティから情報番組まで数多くの番組に出演している。 そんな彼女が親しげに寄り添った男性は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)だった。古代中国を舞台に、大将軍を目指す少年と、若き日の秦の始皇帝が力を合わせて中華統一を目指すこの大巨編は、現在58巻まで刊行され、累計発行部数は6600万部を誇る。昨年には実写映画化されて興行収入57.3億円の大ヒットを記録し、2019年の邦画実写作品で1位。続編の制作も決まり、今もっとも売れっ子の漫画家である。 買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。2連泊ということになる。「ずっとお会いしたかった」 小島は以前から大の『キングダム』ファンとして知られていた。2015年5月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場。 これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りがあった。 2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、2人の対談が実現した。 初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。 原氏はかつて『キングダム』単行本のおまけページで妻の存在を明かしていたが、事情を知る関係者が明かす。「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」 小島の所属事務所に確認したところ「プライベートなことは本人に任せております」と回答(集英社は「作家のプライバシーに関することは回答を差し控えさせていただきます」と答えた)。 こじるりが憧れた“キングダム”は、福岡にあった。※週刊ポスト2020年8月14・21日号
2020.12.24 16:00
NEWSポストセブン
好感度タレントはもう卒業(時事通信フォト)
ベッキーは転落 好感度タレント最高峰が勝俣州和である理由
 芸能界において、“好感度の高さ”というのは財産であると同時に、どこか頼りないものでもある。視聴者層が抱くイメージという“実態のないもの”を根拠にしている以上、たった一度のスキャンダルで仕事が激減してしまうリスクがあるのだ。彼らがタレントとして生き残るには何が必要なのか。 バラエティで天下を獲り、“ワイプの女王”と呼ばれた矢口真里は、2013年に不倫報道が出た後、芸能活動を無期限休止する事態になった。メディア露出がゼロになり、当時は芸能界引退も考えていたらしい。しかし、近年は少しずつ仕事も増え、『矢口真里の火曜The NIGHT』(ABEMA)や『YUBIWAZA』(MBS)とレギュラー番組も抱えている。 また、不倫相手だった元モデル男性と2018年に再婚し、昨年8月に第1子男児を出産した際は、「ここまで来たら一途ではないか」という声も寄せられた。不倫愛を貫いたことにより、徐々にイメージが回復していくのかもしれない。 スキャンダル発覚後、新しいキャラをまだ模索中という印象なのがベッキーだ。バラエティタレントの中でも、とくに「明るく元気な優等生」というキャラクターで知られていただけに、2016年の“ゲス不倫”報道は世間に衝撃を与えた。現在はスキャンダルを自らネタにするなど、新たな一面を打ち出してはいるが、「明るく元気な優等生」に代わるベッキー像が世間に浸透しているとは言い切れない。こちらも元プロ野球選手で現在は巨人軍の片岡治大2軍内野守備走塁コーチと結婚し、今年3月に第1子を出産したが、これで世間の心証に変化が起きるかは未知数だ。 最近だと、小島瑠璃子と大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏との“お泊り愛”も注目を集めた。お互い独身で何の問題もないはずだが、もともと『キングダム』読者の間で原氏は別れた妻、子供と家族仲が良いイメージだったために、様々な憶測を呼んでしまっているようだ。 芸能人にとって、“好感度の高さ”というのは、強力な武器であるからこそ、注意して扱わないといけないものなのだろう。少なくとも不倫が発覚してしまったら一発アウトのようだ。 エンタメライターの西澤千央氏は、「好感度の高い芸能人の落とし穴というのは『自分の人気を確かめようがないところ』にあるのではないかと思っています」と指摘する。「テレビにはたくさんキャスティングされる、スポンサーもついている、だけど実際一般視聴者たちはどれくらい自分のことを求めているのか? “好感度”というものの、その実、中身の無さ。これに気づいてしまう人から、転落してしまう気がします。 たとえばベッキー。抜群の勘とセンスでバラエティの女王にまで成り上がったものの、『ベッキー♪♯』名義でスタートしたアーティスト活動の方はいまいちパッとしませんでした。私の人気ってなんなの? 単なるスタッフウケ? スポンサーウケ? そんなときに出会ったのがゲスの極み乙女。だったのでは。CDやライブにお金を払う“ファン”、実体のあるファンに支えられているアーティストに、自分にはないものを感じ惹かれていった面もあるのではないでしょうか。こじるりにも同じことが言えるかもしれません」(西澤氏) 西澤氏はバラエティタレントの理想として、なんと勝俣州和を挙げる。「バラエティタレントは決して自分を掘ってはいけない。そこには何もないことを確かめてはいけない。そういった点から、やはりだれも追いつけない場所に立っているのは勝俣州和なのでしょう。勝俣州和は勝俣州和を疑わない。勝俣州和は勝俣州和を生きることに迷いがない。以前『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で『勝俣州和のファン0人説』というのを放送していましたが、『ファン0人』とは言ってみれば本物のバラエティタレントたる証し。テレビ業界における空気や水のような存在に徹することが、好感度タレントが好感度タレントのまま生き残る唯一の方法と言えますが、それを望む人はあまりおらず、だからこそ未だ勝俣州和の座が脅かされないままなのです」 好感度と自我の間で芸能人は引き裂かれる──。●取材・文/原田イチボ(HEW)
2020.09.22 16:00
NEWSポストセブン
小島瑠璃子
幸せいっぱいの小島瑠璃子、「超美脚スタイル」をキャッチ
 8月中旬、都内のラジオ局から出てきたのは、タレント・小島瑠璃子(26才)。お団子ヘアに、GUCCIのバッグを胸にかけて、スラリと伸びた美しい素足を露わにしたデニムの超ミニ姿である。若さあふれる健康的な色気。さすがは、累計発行部数6600万部を誇る人気漫画「キングダム」の作者、原泰久氏(45才)を虜にしてしまうだけのことはある。 幸せいっぱいのこじるり。この日も、スタッフに囲まれながら弾ける笑顔を見せていた。芸能関係者が語る。「こじるりさんにはネットでは“アンチ”もいますが、スタッフ受けはとてもいい。若手のADなどにも笑顔で対応しているから、一緒に仕事をしている人はすぐファンになってしまうと評判です」 バラエティ番組での立ち回りの良さは、多くのテレビ局関係者からも評価されている。キー局プロデューサーはこう語る。「小島さんは、コミュニケーション能力の高さと場の空気を読む力が優れている方です。そんな彼女が、ラジオ番組で交際をあっさりと認めていました。そうすることが番組にとって最善だと考えたからこそのことだとは思いますが、これまでモデルの呂敏さん(30才)や関ジャニ∞・村上信五さん(38才)との熱愛が報じられた彼女が、交際を認めたのは今回が初めて。それだけ真剣で、結婚も視野に入れている証拠だと思います」 最近のこじるりは「計算高い」、「あざとい」とイジられてもいる。友人のSHELLY(36才)にテレビ番組で「お酒を飲むと、絵に描いた“女の子に嫌われる女子”になってニャンニャンしだす」と指摘されたことも話題になった。「あれは、仲のいい飲み友だちだからこそのネタ。こじるりさんは気さくで男女問わずに交友関係が広い。それゆえ、“あざとい”というイメージがつきまとうのかもしれません」(前出・テレビ局関係者) 原氏との真剣交際を追い風に、次なる活躍も期待したい。
2020.08.28 16:00
NEWSポストセブン
小島瑠璃子と『キングダム』作者のデート、ジブリ映画鑑賞か
小島瑠璃子と『キングダム』作者のデート、ジブリ映画鑑賞か
『週刊ポスト』(8月3日発売号)が報じたタレントの小島瑠璃子(26)と人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)の19歳差熱愛は、その後、小島本人が交際を認め、さらに『週刊文春』(8月27日発売号)が原氏に別の交際相手がいた疑惑を報じるなど、話題が続いている。 小島は、交際報道後の8月8日にニッポン放送『みむこじラジオ』に出演。一緒にパーソナリティをつとめているさまぁ~ずの三村マサカズから「どうなんすか! 写真撮られてましたけど」などと突っ込まれると、「そうですね。人格者で素敵です。もう尊敬」などと堂々の“交際宣言”をしていた。 交際報道の写真の中で小島がバナナマンのTシャツを着ていたことも話題になったが、それについて三村から聞かれると「私あれ、大好きで。(福岡に)私が1番好きな服を持って行っただけなんですよね」と“勝負服”だったことも明かした。 2人は7月下旬に福岡市内で2泊3日のお泊まりデートをしており、映画館を訪れた際には、小島が原氏の肩に親しげに腕を絡めるなど仲睦まじい様子が目撃された。当時は新作映画の公開が少なく、『風の谷のナウシカ』や『もののけ姫』といったジブリ映画が特別上映されていた。いずれかを鑑賞したのだろう。 小島が『キングダム』ファンだったことから交際に発展した2人だが、ともにジブリ映画の大ファンという共通点もある。 小島はジブリ映画『思い出のマーニー』特別上映会に出席した際、「祖父母の経営するペンションの大きなスクリーンで『天空の城ラピュタ』を観たことがきっかけで、ジブリ作品の大ファンになった」と熱く語っていた。一方の原氏も『キングダム』の映画公開を記念したインタビューでジブリ愛を語り、「映画館で観た『天空の城ラピュタ』の面白さには衝撃を受けました」と振り返っている(『キングダム』54巻所収)。 2人のジブリ好きの原点となった『ラピュタ』といえば、主人公の少年少女が手をつないで「バルス」という滅びの呪文を唱え、城が崩れ落ちていくシーンが有名だ。2人の交際にはネット上で大きな反響が広がっているが、まさか2人で滅びの呪文を唱えていたりして……。
2020.08.27 16:00
NEWSポストセブン
19歳差の恋人は人気漫画作者(時事通信フォト)
小島瑠璃子がテレビ業界で重宝される理由は「紅一点スキル」
 タレントの小島瑠璃子(26)と人気漫画『キングダム』作者・原泰久氏(45)の熱愛報道が話題だ。8月3日発売の『週刊ポスト』が、2人が福岡で仲睦まじく過ごす様子を報じ、その後、本人も交際を認めた。『キングダム』といえば、累計発行部数6600万部を誇り、アニメ化・映画化もされた大ヒット作。かねてより同作品のファンを公言していた小島が、作者のハートを射止めた形だ。 とはいえ、19歳の年齢差ということもあって、この交際報道は世間を驚かせた。ネガティブな意見も寄せられたのか、小島は〈SNSだろうと誹謗中傷はしてはいけないし、直接傷つけるのと一緒ということが何故まだ浸透していないのだろう〉(8月10日付のツイートより)と意味深長に呟いていた。 SNSでの「筋トレの意味がわからない」という趣旨の発言(4月)が批判されるなど、この頃は炎上も珍しくない小島。しかし、『サタデープラス』(TBS系)、『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)、『サイエンスZERO』(NHK Eテレ)とレギュラー番組を何本も抱えており、飛ぶ鳥を落とす勢いは変わらない。 なぜ小島はバラエティタレントとして重宝されるのか? テレビウォッチャーとして活動するコラムニストの飲用てれび氏は、小島は2009年のデビュー以来、テレビ業界で期待される“紅一点”の役割を見事にこなしていると指摘する。「小島瑠璃子さんはこれまで男性MCの横や、男性芸人が出演するバラエティ番組などで活躍し、世間に認知されてきました。彼女の健康的で明るいキャラクターや、番組の流れを遮らず盛り上がりどころも作る当意即妙なトークは、とてもテレビ的です。また、男性タレント同士の悪ふざけが行きすぎないように釘を刺す立ち回りなど、テレビの”紅一点”のポジションに馴染みすぎるほど馴染んできました」 ときに小島が「あざとい」と言われてしまうのも、その見事なコミュニケーション能力が理由のようだ。「彼女の高いコミュニケーションスキルに基づく仕事ぶりは、“計算高い女”や“あざとい女”というイメージを与えてしまうこともあります。ただ、その評価はバラエティ番組の中では周囲が彼女をイジる際の定番ネタにもなり、結果として活躍の機会を増やしてきました。“紅一点”としての絶妙な仕事ぶりとそのネタ化を行き来しながら、“こじるり”は現代のバラエティ番組の寵児となったように思います。もちろんそこには、メディアや社会の若い女性に対するイメージの歪みが反映されているとも思いますが」(飲用てれび氏) しかし、小島のバラエティタレントとしての武器が“紅一点”としての立ち回りの上手さにあるならば、今回の交際宣言は、彼女のキャリアにどのような影響を及ぼすだろうか。「恋人ができて残念」とファンを落胆させるのか、はたまた「オジサンに夢を与えた」と好感度を上げるのか……? 頭の回転が速い小島のこと。今後の自身のキャリアについて、しっかり思いを巡らせていることだろう。 ところで小島は5月12日に放送された『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系)で気になる発言をしていた。「パーツは組み終わって、あとはタイヤが擦り切れず何キロ走れるか?」と自身の芸能活動を自動車に例え、「もう1回、組む作業がしたい」「誰かに勝とうとかじゃなくて、『自分はどういうふうにできるかな? どういうふうにテレビに出るのが楽しいか、面白いか?』って考えていた」と語っていた。 また、新型コロナウイルスの影響で見送りになったものの、中国進出も考えていたという小島。収録時点ですでに原氏と交際していたかは不明だが、もともと現状を変化させることに楽しさを見出すタイプのようだ。いずれは、これまでの紅一点とまた違う、新たなポジションを切り拓いていくのかもしれない。●取材・文/原田イチボ(HEW)
2020.08.22 07:00
NEWSポストセブン
【動画】小島瑠璃子と原泰久氏の熱愛 腕絡ませ場面ほか写真4枚
【動画】小島瑠璃子と原泰久氏の熱愛 腕絡ませ場面ほか写真4枚
  熱愛が発覚した小島瑠璃子さんと漫画『キングダム』の作者・原泰久氏の仲睦まじい姿をキャッチしました。以前から『キングダム』のファンだと公言していた小島さん。2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』では小島さんがミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で2人の対談が実現しました。関係者は「最近になって小島さんが猛アタックして交際に発展したようです」と明かしています。
2020.08.04 16:00
NEWSポストセブン
羌カイのコスプレをしたこともある小島瑠璃子と、マンガ家・原泰久氏
小島瑠璃子 19歳上キングダム漫画家と「福岡縁結び連泊愛」
 時は令和2年7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。女性は買い物かごを自ら持ち、食材を選んでいく。レジで男性が支払いをする間、寄り添う女性は自然と彼の腕に自分の腕を絡ませていた。「女性は黒いジャージに細身のジーンズ、男性もストライプのシャツにジーパンというラフな服装でしたが、女性は一際スタイルが良く目立っていました。よく見たらタレントの小島瑠璃子さん(26)でびっくりしました」(居合わせた買い物客) 小島は「こじるり」の愛称で親しまれ、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『サタデープラス』(TBS系)などバラエティから情報番組まで数多くの番組に出演している。 そんな彼女が親しげに寄り添った男性は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)だった。古代中国を舞台に、大将軍を目指す少年と、若き日の秦の始皇帝が力を合わせて中華統一を目指すこの大巨編は、現在58巻まで刊行され、累計発行部数は6600万部を誇る。昨年には実写映画化されて興行収入57.3億円の大ヒットを記録し、2019年の邦画実写作品で1位。続編の制作も決まり、今もっとも売れっ子の漫画家である。 買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。2連泊ということになる。「ずっとお会いしたかった」 小島は以前から大の『キングダム』ファンとして知られていた。2015年5月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場。 これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りがあった。 2019年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、2人の対談が実現した。 初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。 原氏はかつて『キングダム』単行本のおまけページで妻の存在を明かしていたが、事情を知る関係者が明かす。「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」 小島の所属事務所に確認したところ「プライベートなことは本人に任せております」と回答(集英社は「作家のプライバシーに関することは回答を差し控えさせていただきます」と答えた)。 こじるりが憧れた“キングダム”は、福岡にあった。【8月3日(月)発売の週刊ポストでは、小島瑠璃子が街中で原泰久氏の肩を抱いて密着する写真も掲載しています】※週刊ポスト2020年8月14・21日号
2020.07.31 16:00
週刊ポスト

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト