国内

「差別黙認は差別主義者!」ネットで多発する屁理屈の回避法

言葉の暴力から、わが身を守る方法は?(写真/Getty Images)

 SNSでの誹謗中傷などでクローズアップされている“言葉の暴力”。これに対し、「SNSに限らず、マスメディアや国会答弁、実生活でのハラスメントなど、言葉の暴力は私たちの周りに溢れている」と語るのは『屁理屈に負けない! 悪意ある言葉から身を守る方法』(扶桑社)を上梓した慶應丸の内シティキャンパスの桑畑幸博氏。

「だからこそ、今の時代には悪意の言葉から身を守る方法を知っておく必要がある」と続ける桑畑氏が教える、論理学の観点から言葉の暴力を看破する方法とは?

拡大解釈で言い掛かりをつける「わら人形論法」

 言葉の暴力から身を守るには、「まず、あなたを攻撃してくる悪意の言葉が、いかに姑息で卑怯なテクニックを駆使した、相手にする価値もない言葉であるかを知るべき」と桑畑氏。その姑息なテクニックが「屁理屈」と呼ばれるものだ。

「屁理屈には実にさまざまな種類があり、知っておかないと気付かずに言い返せなかったり、傷ついてしまうリスクがあります。例えば、自営業者が『コロナ禍で生活が苦しい』と呟いただけで、『みんな頑張っているのに、自分勝手な奴!』と“自粛警察”が飛んできたりする。当人は経済的に苦しいという事実を伝えただけなのに、まるで自粛解除を要求する非国民のような扱いをする。このように誰かの言動を勝手に拡大解釈して、言ってもいないことを的にして攻撃する方法を『わら人形論法』と呼びます」

 拡大解釈により架空のわら人形をこしらえ、それをサンドバックにすることで優位に立とうとする実に卑怯なやり口だ。冷静に考えるとまったく見当違いな主張だが、相手がわら人形論法を使っていると気付かなければ、言いくるめられてしまう。

「さらに、この『わら人形論法』と大義名分に訴えかける『同情論証』を組み合わせると、非常に厄介な屁理屈が完成します。同情論証とは『差別をなくすために』とか『会社のためを思って』といった反論しにくい大義名分を掲げた上で暴論を展開するテクニックですが、『さすがにそれは乱暴な主張だ』と反論されたら、『差別を黙認する差別主義者だ!』『会社のことを考えない反乱分子だ!』とわら人形論法で攻撃する。誰にでもできる簡単かつ凶悪な言葉の暴力です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン