国内

コロナ感染リスク オフィスや飲食店ではどこに座るべき?

電車はどこがベスト?

 コロナに関する緊急事態宣言も解除され、普段の生活が戻ってきたのは嬉しいものだが、その半面、心配になるのが感染リスク。どうしても外出しなければならない時に知っておくべきは、よく行くスポットには「感染しやすい席、しない席」があることだ。

 株式会社環境シミュレーション代表取締役の阪田升氏が指摘する。

「天井に取り付けられた空調機器(天井カセット型)の場合、冷気を真横に出しますが、同時に人の呼気を含む室内の空気を真下から吸い込んでいます。オフィスの机や会議室で空調の真下にいると、空気の通り道になって感染リスクが高くなるため、避けたほうがよい」

 理化学研究所所属で神戸大教授の坪倉誠氏の報告書では、対面するように机が配置されている場合、床から高さ140cm以上のパーテーションを設置すると、感染予防に役立つと結論づけている。それより低い場合は、ビニールシートなどで簡易パーテーションを設置するだけでも、予防効果を高められるという。

 米疾病対策センター(CDC)が発表した中国・広州市のレストランでの集団感染を分析した論文は、エアコンの風の通り道に座った人には感染が広がったが、それ以外の座席に座った人には感染者が出なかったと報告した。この中国のレストランは換気が悪かったとされるが、換気が良いと思われがちな店舗の入口付近でも、空調の風の通り道は注意が必要だ。

「換気扇の真下」も警戒ポイントだという。

「天井カセット型の空調と同じ理屈で、換気扇の真下の席は店内の空気が通るため、感染リスクが高まる」(前出・阪田氏)

 どの座席に座る際にもマスクを机の上に置いたり、椅子の裏を触ったりするとウイルスが付着するリスクがあるので注意が必要だ。

オフィスにも良い席、悪い席がある

飛行機でベスト場所は?

飲食店はどこに座れば良いのか

コンビニも要注意

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン