• TOP
  • ライフ
  • 定番にひと味プラスで絶品! 爆速で完成の「目玉焼き丼」

ライフ

2020.06.20 07:00  女性セブン

定番にひと味プラスで絶品! 爆速で完成の「目玉焼き丼」

 一見「手抜き?」と思われがちな丼メニューも、料理の専門家がリアルに食べているイチオシの丼なら、おいしさ太鼓判! そこで、料理研究家・しらいのりこさんに、定番丼にひと味プラスした、絶品丼のレシピを紹介します。

【教えてくれたのは……】
料理研究家・しらいのりこさん/炊飯系フードユニット「ごはん同盟」の試作係。おいしいご飯を食べるために日々研究を重ねる。近著に『これがほんとの料理のきほん』(成美堂出版)。

『目玉焼き丼』

爆速でできて間違いなく旨い。これぞ丼の鑑

●材料
ご飯…適量、卵…2個、サラダ油…大さじ2、のり…全形1枚、ちりめんじゃこ…大さじ2、
削り節…1パック、ラー油、しょうゆ…各適量

●作り方
【1】器にご飯を盛る。ちりめんじゃこ、かつおぶし、手でちぎったのりをのせる。
【2】フライパンに油を入れて中火で熱し、卵を割り入れ、蓋をせずに好みの固さまで焼く。
【3】 【1】に【2】をのせ、ラー油、しょうゆをかける。

●時短ポイント
卵を焼いてのせるだけの超お手軽さ。そこに、ちりめんじゃこなど名脇役が加わり、ラー油の香りがさらに食欲をそそる。「夫も大好物。何杯でもいける味です」。

『山かけ鉄火丼』

ゴーヤーのほろ苦さと食感がアクセントに

●材料
ご飯…適量、まぐろ(刺身用、薄切り)…150g、ゴーヤー…1/4本、長いも…100g、白すりごま…適量
A[ごま油…小さじ2、しょうゆ…大さじ1、にんにく(すりおろす)…少量]

●作り方
【1】長いもはすりおろす。ゴーヤーは薄切りにして水にさらしたあと水気を切る。
【2】まぐろと[A]を和え、よくなじませる。
【3】器にご飯を盛り、長いも、【2】、ゴーヤーの順にのせ、白すりごまをふる。

●時短ポイント
「下処理が面倒と思いがちなゴーヤーも、薄く切れば水にさらすだけでOKです」。シャキシャキと歯ごたえもよく、思わずゴーヤーを追加したくなるおいしさ。

『夏の焼き鳥丼』

鶏肉2種に食欲そそる薬味でごちそう感アップ

●材料
ご飯…適量、鶏もも肉(唐揚げ用)…200g、砂ぎも…100g、
にんにく(つぶす)…1片
サラダ油…大さじ1
A[しょうゆ・みりん…各小さじ4、砂糖…小さじ2、豆板醤…小さじ1/2]
B[青じそ(ちぎる)…2枚、みょうが(輪切り)…1本分、万能ねぎ(小口切り)…1本分、貝割れ大根…1/3パック]

●作り方
【1】砂ぎもは筋をとって薄切りにし、鶏もも肉とともに塩小さじ1/2(分量外)でもむ。
【2】フライパンに油を入れて中火でにんにくを熱し、【2】を炒める。4分ほどしたら合わせた[A]を入れ、照りがでたら火をとめる。
【3】器にご飯を盛って【2】をのせ、[B]ものせる。

●時短ポイント
「鶏肉の2種類の部位を使うだけで、味も食感も格段にゴージャスになります。今回はたれ味ですが、塩味でまとめてもおいしいですよ」(しらいさん・以下同)

 

■撮影/寺澤太郎

※女性セブン2020年7月2日号

関連記事

トピックス