ビジネス

新聞販売店の苦境 折り込み広告モデルの未来はあるのか

配達される新聞は折り込みチラシ広告含めて家庭に届く重要メディアだった

配達される新聞は折り込みチラシ広告含めて家庭に届く重要メディアだった

「広告収入は、一番良かった1990年代前半から比較すると半分以下。いや、半分では済まず、3割に満たないこともある。昔は一件数十万とっていた広告も、数万円に下げても入れてくれない」(新田さん)

 さらに、興味深い裁判が地方で進行している。佐賀県で唯一の県紙・佐賀新聞の販売店を経営していた男性が配達分以上の新聞の仕入れを強制された、と被害を訴えたのだ。佐賀地裁は、新聞社が販売店に配達分以上の新聞を強制的に購入させる「押し紙」の存在を認めるとともに、佐賀新聞側に支払いを命じた。その後、佐賀新聞と元販売店の双方が控訴したので判決は確定していない。

「押し付けられる新聞紙、略して押し紙だね。発行部数の水増しのために刷られる新聞で、(新聞社)本部の営業から買い取りを暗に迫られていたと言われている。例えば、1000部しか配達しないのに、1300とか1500部買えと、こうくる。本部から新聞を買えなくなったら困るから言われるがまま買っていたし、多く取る(仕入れる)ことは販売店のステイタスでもあったらしいね」(新田さん)

 かつて景気がよく、どんぶり勘定な商売が普通だった時代の慣行だった、というのが事実だろう。上記の裁判では新聞社から一方的に押しつけられたという販売店側の主張から始まっているが、かつてはその差分を含めた広告料を獲得できて新聞社と利害が一致していたために不満が出なかったという側面もあるはずだ。ところが、配達部数が激減し、ざっくりとした広告販売が通用しなくなってくると事情が変わってくる。これまでは利害が一致していた両者の一方が、ビジネスモデルの終焉とともにもう一方に反旗を翻し、被害者は誰なのか、そして「押し付けられた」と訴える。しかし、利害関係者以外の我々から見ると、どこまでいってもどちらかに肩入れできるものではなく、押し紙が存在していたとしても、その被害者といえるのは読者だけではないかと思わずにはいられない。

 新型コロナウイルスの到来によって新しい生活様式の実践が求められているが、長年、当たり前だったあらゆることに変化が求められている時代だ。新聞やテレビといった大手メディアも例外ではなく、この転換には大きな痛みが伴うだろうし、前述した「仲間割れ」の構図が、あらゆるところで散見されるようになるのかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト