ビジネス

駅中心に広がる「ビニール傘シェアリングサービス」の可能性

西武鉄道本川越駅の自由通路に設置されたアイカサスポット

西武鉄道本川越駅の自由通路に設置されたアイカサスポット

 いま、ここに●●があったら! と願うものの筆頭は、傘ではないだろうか。駅に着いたとたん、雨が降っていて途方に暮れたことのある人は多いだろう。そんなときに役立つ傘のシェアリングサービスが拡大している。ライターの小川裕夫氏が、駅を中心にサービスを拡大する傘シェアリングサービスについてレポートする。

 * * *
 コンビニやスーパーなど、買い物をした際にレジ袋は商品とともに無条件で渡されてきた。そうした当たり前の日常が変わり始めている。スターバックスや、バーミヤンやジョナサン、ガストなどのすかいらーくレストランツでは、お馴染みだったプラスチック製ストローが紙製へと切り替えられつつある。プラスチック製ストローも退潮傾向が鮮明になっている。

 ゴミ削減や環境意識の高まりを受け、政府は7月1日からレジ袋の有料化に踏み切る。有料化の開始前から、すでに有料化に着手している店も出てきている。

 近年、コンビニやスーパーなどで配られるレジ袋は海洋生分解性が意識され、また原材料もバイオマス素材に切り替えられている。そのため、決してレジ袋が非エコというわけではない。それでも、レジ袋の多くが使い捨てられているので、政府はゴミ減量化の観点から削減を呼びかけている。レジ袋の有料化は、そうした背景から始まろうとしている。

 プラスチック製ストローやレジ袋など、それぞれの削減効果は決して大きくない。微々たる効果しかないが、ひとつひとつを積み重ねることで環境改善の効果は大きくなる。

 プラスチック製ストロー、そしてレジ袋ときて、次なる削減課題としてビニール傘の使い捨てが問題視されるようになった。今般、100円ショップでも販売されているビニール傘は、安価であるがゆえに使い捨てされやすい。台風一過の翌朝、街のいたるところで散乱しているビニール傘を目にすることも珍しくない。

 いつの頃からか安価なビニール傘が出回り、本来だったら繰り返し使うはずの傘は使い捨てされるようになった。そこにはライフスタイルの変化や経済的な背景もある。しかし、傘の使い捨てはゴミ削減を目指す今般の社会情勢に反する。

「ビニール傘に使われるプラスチックは、ストローのプラスチック使用量の約200倍とも言われています。また、ビニール傘による年間CO2排出量はおよそ5万トンにも及びます」

 と話すのは、傘のシェアリングサービスを手がけるアイカサの広報担当者だ。アイカサは、スマホにダウンロードしたアプリから、24時間70円、1ヶ月使い放題は280円で傘を借り、返却する。自転車シェアリングサービスと同じように、借りた場所と違う場所へ返却することが可能だ。

関連記事

トピックス

身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
偉業を達成したヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
村上宗隆の弟・慶太が明かす 兄と「寿司100貫」食べながら見せた“気遣い”
NEWSポストセブン
落合博満氏を監督として招聘する球団は出てくるか(時事通信フォト)
もう「落合博満監督」は二度と見られないのか? 「今こそ古巣・ロッテが招聘すべき」の声
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
敏腕経営者に華麗に転身したローバー
深夜番組で一世を風靡したローバー美々が敏腕経営者に転身 コロナ禍で年商3倍に「私にしかできないことをやりたい」
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
誕生日は9月30日(写真/木村圭司)
声優・伊達さゆり ファンに祝ってもらった20歳の誕生日を振り返る「素敵な思い出になりました」
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
2次選考を通過したのはこの4人!
【日本グラビアクイーンコンテスト】2次選考通過者4人を発表 いよいよファイナルへ
NEWSポストセブン