• TOP
  • スポーツ
  • サンケイアトムズの伝説の野球帽 かかわったメンツが凄い

スポーツ

2020.06.29 07:00  週刊ポスト

サンケイアトムズの伝説の野球帽 かかわったメンツが凄い

アトムズの伝説の野球帽

 現在の東京ヤクルトスワローズといえば、前身の国鉄スワローズ(1950~1965年)があるように、親会社が変わっても「スワローズ」の名前は変わらなかったと思うかもしれない。だが、1966年から1968年まで、3年間だけ「サンケイアトムズ」となり、スワローズを名乗らなかった時代がある。

 約700点に上る野球帽の歴史を解説した『野球帽大図鑑』(著/綱島理友、イラスト/イワヰマサタカ。朝日新聞出版刊)から、アトムズ時代の野球帽について紹介する。

 手塚治虫原作のSF漫画「鉄腕アトム」は1963年にフジテレビでテレビアニメ化、子供に絶大な人気を博した。1966年、前年に国鉄からスワローズを買収したサンケイはチーム名を鉄腕アトムにあやかって「アトムズ」に変更、少年ファンの開拓を狙った。

 チーム名変更とともに明るいブルーと赤を使用した新ユニフォームには、袖に鉄腕アトムのイラストも入っていた。ユニフォームを手掛けたのは東京五輪(1964年)のポスターで知られるグラフィックデザイナーの亀倉雄策と、「アイビールック」の生みの親でファッションブランド「VAN」の創業者・石津謙介だった。帽子は小文字のaが印象的。白い飾りひもが目を引くユニークなデザインは、石津の遊び心で生み出された。

石津謙介氏はVANの創業者(時事通信フォト)

※週刊ポスト2020年6月26日号

関連記事

トピックス