ライフ

進化するaibo、スピーカー内蔵サングラス他、「未来家電」4選

 家電はいま、ただその機能を果たすだけでなく、AI(人工知能)やネットワークとの接続により、大きく進化し続けている。もうすぐ「生活必需品」になるかもしれない202X年の「未来家電」を紹介しよう。

【翻訳機】ポケトークS(ソースネクスト)3万2780円

ポケトークS

 名刺サイズの多言語対応翻訳機。AIによる高精度の翻訳で自然な会話をサポートする。カメラを搭載しメニューなどの翻訳も可能。

【ホームクリーニング機】LG styler(LGエレクトロニクス)18万8000円前後

LG styler

 新機軸の衣類ケア家電といえばコレ。ハンガーラックが振動し、同時にスチームが循環。衣類のニオイやシワ、雑菌などを乗り除いてくれる。

【ペットロボット】aibo(ソニー)月々1万1000円(34回払い、初回のみ\13,200)※ソニーストアにて販売

 20年の歴史をもつ犬型ロボットの最新モデル。ルックスの向上に加え、アップデートで、飼い主を玄関までお迎えしてくれるようになった。

【ワイヤレスオーディオ】Bose Frames Alto(Bose)\27,500

Bose Frames Alto

 スピーカー内蔵サングラス。耳を塞がないので、外音が遮断されない。スマホ連動でARデバイスとしても機能。

※価格は原則としてネット通販サイトの実勢価格(税込)

※週刊ポスト2020年7月10・17日号

関連キーワード

関連記事

トピックス