• TOP
  • スポーツ
  • 競泳・松田丈志氏 子育てに奮闘する妻を支えながらの日々

スポーツ

2020.07.15 16:00  週刊ポスト

競泳・松田丈志氏 子育てに奮闘する妻を支えながらの日々

競泳の松田丈志が語った言葉とは

 単に若さや美貌を競うだけでなく、これまでの生き様やライフワークなど内面も大きな評価対象になる「ミセスインターナショナル」は、既婚女性(婚歴のある女性も含む)のためのコンテストだ。米国に本部がある同コンテストは約40年の歴史があるが、日本では2017年にスタート。

 今年の日本大会前日の「ビューティーキャンプ」でセミナー講師を担当したひとりに、五輪で4個のメダルを獲得した競泳の松田丈志氏(36)がいる。松田氏は、4月に2人目の子供となる長男が誕生した。子育てに奮闘する妻を支えながらの日々を語った。

 * * *
 アテネ五輪では北島康介さんの2冠のほかメダルラッシュのなか、自分は結果を出せなかった。帰国後の成田空港で『メダリストの皆さんはこちらのバスへ、それ以外の方は現地解散です』という案内を受け、メダルの有無でこんなに差があるのかと悔しかったです。

 それまでの自分はストイック一辺倒でしたが、それだと肝心の本番で体に疲れを残してしまう。大事なのはオン・オフを切り替えることだと身をもって知りました。

 引退を決意した時は自己ベストが出せない寂しさを感じました。水泳選手の一番の価値は速く泳ぐことだと思っていたので、自分の価値がなくなるかと思うとめちゃくちゃ寂しかったですね。

関連記事

トピックス