• TOP
  • 国際情報
  • ソウル市長だけじゃない 韓国要人「自殺」が相次ぐ背景

国際情報

2020.07.15 07:00  NEWSポストセブン

ソウル市長だけじゃない 韓国要人「自殺」が相次ぐ背景

政府周辺の疑惑や重大事件が起きるたびに自殺者が出ている(EPA=時事)

 失踪していた朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が、7月10日未明、ソウル市内の山中で遺体となって発見され、韓国社会は騒然となっている。死因は明らかにされていないが自殺とみられ、失踪直前、元秘書の女性が市長によるセクハラを警察に告訴したことが理由ではないか、と推測されている。

 朴氏は人権派弁護士の出身で、2011年から3期連続でソウル市長を務めてきた。2017年の共に民主党の大統領候補予備選では現大統領の文在寅(ムン・ジェイン)氏に敗れたが、2022年の次期大統領選の有力候補と期待されていた人物だ。

 フェミニストを自称し、2000年12月に日本の女性団体バウネット・ジャパン(現バウラック)やアジアのNPOが共同開催した民衆法廷「女性国際戦犯法廷」では、韓国代表の検事として昭和天皇を慰安婦の強制連行や虐待の罪で起訴する役を担当している。韓国で「セクハラは違法」という認識を広めたとされ、こうした人物が自らのセクハラを告発され、その後、命を絶ったというのは皮肉であり、痛ましくもある。

 朝日新聞の元韓国特派員で、韓国事情に詳しいジャーナリストの前川惠司氏は、朴氏についてこう語る。

「彼をよく知る人に聞くと、『いかにもソウル大出身者らしい人』との評でした。エリートでプライドが高いが、無茶のできない人ということ。韓国ではこのところ、安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事や呉巨敦(オ・ゴドン)前釜山市長など、与党系首長のセクハラ事件が相次いでいて、彼らは自殺するどころか開き直っているが、朴氏にはそれができなかった。セクハラを撲滅する活動をしてきた人なのに、自身がセクハラで告発されたことに耐えられなかったのでしょう」

関連記事

トピックス