芸能

小倉優子 第三子出産でも離婚騒動終結せず「修復」は困難か

出産を間近に控えるが、悩みは尽きない

 はっきりしない天気の続く東京を黒のサロペットワンピース姿で歩く女性がいた。小倉優子(36才)だ。ふっくら膨らんだお腹が相当重いのか、スニーカーを履いた足元はフラフラとおぼつかない。

「第3子の出産予定は8月なので、間もなくです。ただ小倉さんは、ずっと連絡を取れずにいる夫のこと、そして家族のことで、このところずっと頭を悩ませ続けていて、かなり疲れているようです…」(小倉の知人)

 ことの始まりは3月だった。小倉と2018年12月に再婚した歯科医師のS氏が、昨年12月のクリスマス直前に愛の巣を飛び出したまま別居をしていることがわかったのだ。

「再婚を決めた理由は、小倉さんの連れ子がS氏にすぐになついたからといわれています。当時、小倉さんはインスタグラムで、『ジェットコースターに乗ったような人生を送ってきた』と記し、『山手線に乗ってきたと言う夫から、これからは山手線に乗ってと言われた』などと、仲むつまじいエピソードを披露していたのですが…」(テレビ局関係者)

 再婚から1年3か月──早すぎる別居が注目されたのは、ママタレとして順調に活動していた小倉が、第3子の妊娠を明らかにしたばかりだったからでもあった。

「前の夫は小倉さんが第2子妊娠中に彼女の後輩タレントと不倫をしていたことで離婚につながったこともあり、またか…という感じでした。当初、別居の原因は、部屋が片付いていないことや食事の準備ができてないことを指摘する、夫による小倉さんへの“モラハラ”とされていたこともあって、小倉さんへの同情論も集まっていました。実際に『夫から専業主婦になるように迫られ困っていた』という周囲の声もありました。ところが、夫側がコメントを出したことで風向きが変わりました」(前出・テレビ局関係者)

 夫が『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)に寄せたそのコメントは「詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょう」というもの。別居の原因は小倉にあることを暗に示したともとれる。

「売り言葉に買い言葉で、小倉さんがS氏を『人間が小さい』と罵ったことが別居の引き金になったという報道もありました。モラハラをしていたのは、S氏ではなく小倉さんだったの? という声も出てきたのです」(前出・テレビ局関係者)

 小倉は一連の報道を受けて、インスタグラムで“夫を支える妻として至らない点がありました”などと釈明した。夫婦間の問題は当事者にしかわかりようがないが、ふたりの間にできた亀裂は、あまりに深かった。

 それから約4か月。すっかり季節は変わったが、話は進展したのだろうか。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン