小倉優子一覧

【小倉優子】に関するニュースを集めたページです。

【動画】小倉優子の早大受験 過去の芸能人受験者は不合格ばかり
【動画】小倉優子の早大受験 過去の芸能人受験者は不合格ばかり
 早稲田大学教育学部への進学を目指して、現在猛勉強中の小倉優子さん。 過去に、番組の企画で大学受験に挑戦した芸能人の多くは、不合格という結果に終わっています。 田村淳さんは、青山学院大学を受験し不合格。 オードリーの春日俊彰さんは東大受験に挑戦しましたがセンター試験で基準点に満たず、足切りとなりました。 ナインティナインの岡村隆史さんは筑波大学を受験しようとしましたが、やはりセンター試験で足切りとなり、志望校を早稲田大学第二文学部に変更しましたが、こちらも不合格に。 番組企画での受験は成功しにくいようです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.05.13 16:00
NEWSポストセブン
育児も出産もひとりきりという小倉優子
小倉優子の早大受験“新キャラ”獲得はメリットだらけ 落ちても高まるタレント価値
 来春の早稲田大学教育学部進学を目指して受験勉強に取り組み、その様子がTBS系バラエティ番組『100%!アピールちゃん』で密着されている小倉優子(38才)。3児の母として子育て中でもある小倉は、ブログやインスタグラムで子供たちとの日常や手料理を公開しており、忙しい日々の中で勉強に勤しんでいる姿が垣間見られる。 かつては“こりん星”からやってきた“りんごももか姫”という設定の“不思議ちゃんキャラ”だった小倉だが、ここ数年は“ママタレント”として支持されるようになっている。「“ママタレント”にとって、ブログやSNSは自分の存在をアピールするための重要なツール。そこで一生懸命子育てに取り組んでいる姿を見せれば、世の母親たちの共感を得ることとなり、芸能活動に大きなプラスになっていきます。 ただ、ママタレントのSNSなどをチェックしているのは、実際に子育てに奮闘している女性が多く、表面だけのアピールだとすぐに嘘がバレてしまい、逆に叩かれることも多い。そういったシビアな目が向けられている中で、小倉さんは確実に支持を得ています。さらにインスタのフォロワーはここ最近で3万人も増えているし、今後もどんどん増えていきそう。ママタレントとしては“完璧”だと言えるかもしれませんね」(ネットメディア関係者) 2011年にヘアメイクアーティストの男性と結婚し、2人の子供が誕生するも、2017年に元夫の不倫が原因となり離婚。2018年には歯科医の男性と再婚し、2020年に第3子を出産。しかし、第3子妊娠中に夫と別居状態となった。エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。「夫婦関係にまつわる報道は、少なからずダメージもあったと思います。でも、早稲田大学受験挑戦を始めたことで、また注目度が高まるとともに、忙しい中で育児と仕事と受験勉強に取り組む姿が、新たな支持を生んでいる。“ママタレント”としてのイメージダウンを見事に回避したといえるかもしれませんね」 小倉の長男は有名難関小学校に進学。子供のお受験でもしっかりと結果を残している。「お受験は家族で取り組むものですが、それでもやはり幼い子供にとっては大きな負担になります。そういったなかで、今度は小倉さん本人が大学受験にチャレンジするのは、子供たちに勉強する姿勢を見せることにもなりますし、子供たちと一緒に大きな壁を超えていくことで得られるものも多いはず。そういった姿勢が、さらに同世代の母親たちの共感を呼び込んでいくのだと思います」(前出・ネットメディア関係者)他の番組からのオファーも増える?『100%!アピールちゃん』での密着は、約1年間の長期企画。これから受験本番までの約9か月間は、小倉の動向がつねに報じられることとなるだろう。「タレントの価値を計る指標として、ネットニュースになりやすいかどうかというものがあります。小倉さんの場合、ママタレとしてSNSでの動向が注目されているだけでなく、“受験キャラ”のイメージが乗っかったことで、さらにネットニュースになりやすくなった。小倉さんを起用すればネットニュースになっていい宣伝になるということで、他の番組からのオファーも増えるのではないでしょうか」(大塚氏) また、もしも早稲田大学に合格できなかったとしても、今回のチャレンジがその後の芸能活動にメリットをもたらす可能性も高い。「知的で真面目なイメージが定着することのメリットはとても大きいですね。仮に合格できずに番組企画が終わっても、再度受験にチャレンジして、SNSで発信していけば、“受験キャラ”として支持を増やしていくことも可能です。また、昨今は社会人が大学に入学して学び直すケースも増えており、小倉さんのような“社会人になってからの受験経験者”に対する需要も高まっていくでしょう。受験を目指す人々に向かって、いろいろな情報を発信していくこともできますし、間違いなく仕事の幅は広がると思います」(前出・ネットメディア関係者) 合否に関係なく、小倉のタレント価値は確実に高まっていくはず。育児と仕事と受験勉強を同時にこなすことは本当に大変だが、そのリターンは想像以上に大きいものとなりそうだ。
2022.05.09 16:00
NEWSポストセブン
育児も出産もひとりきりという小倉優子
小倉優子が早大挑戦 過去の受験企画は不合格ばかり、それでも芸能人が受験する事情
 早稲田大学教育学部への進学を目指して、現在猛勉強中のタレント・小倉優子(38才)。その様子はTBS系『100%!アピールちゃん』で密着されており、3児の母でもある小倉は、育児と仕事の合間を縫って、真剣に受験勉強に取り組んでいる。「もちろん番組の企画ではあるのですが、だからといって収録のためだけに勉強をしているわけではなく、実際にプライベートの時間を割いて、週に20時間ほどを勉強に費やしているようです」(芸能関係者) 小倉のように、芸能人が大学受験にチャレンジし、その様子を番組などで密着するケースは少なくない。2018年にはロンドンブーツ1号2号の田村淳が青山学院大学を受験、その様子はABEMA(当時AbemaTV)の番組『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線』で密着された。このとき、淳は不合格となったが、その後、慶應義塾大学通信教育課程に入学。さらに、同大学を退学した後、特別枠で慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修士課程に進学した。 日本テレビ系『得する人損する人』では、2017年から2018年にかけて、オードリーの春日俊彰による東大受験挑戦の様子が密着されている。春日は一次試験となるセンター試験(当時)で東大受験の基準点に満たず、足切りとなった。 もう少し遡ると、1998年にはフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の企画で、ナインティナインの岡村隆史が大学受験に挑戦した。高校卒業後、1年間浪人してから立命館大学に進学したものの、芸人としての活動が忙しくなり中退していた経緯のある岡村。番組企画では当初、筑波大学を受験しようとしたが、一次試験のセンター試験で足切りとなってしまう。志望校を早稲田大学第二文学部に変更したが、こちらも不合格となった。“ほかの受験生の邪魔”と批判されることも エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏は、番組企画におけるタレントの大学受験についてこう分析する。「ある程度年齢を重ねてから大学に進学するケースは、芸能界でも珍しい話ではありません。ただ、番組企画として受験した場合に限ると、合格できないことがほとんどです。やはり、企画となると、あくまでも“仕事で勉強をしている”という感覚になり、本気度が薄れてしまうこともあるでしょう。勉強をしていても、カメラが回っていることが多く、あまり集中できず、学力を高めにくいということもある。さらに、話題性が先行して、“ほかの受験生の邪魔をしている”などと批判されてしまい、モチベーションを保つのも難しい。そういった事情が重なって、番組の難関大学受験企画は成功しにくいのだと思います」 では、合格する可能性が低いにもかかわらず、どうしてタレントの大学受験がバラエティー番組の定番企画となっているのだろうか。「バラエティー番組では、視聴者を長い期間にわたって楽しませることができる企画がつねに求められています。そういう意味で大学受験挑戦は、視聴者が受験するタレントを継続して応援する流れを作ることができるので、“計算できる企画”だと言えるでしょう。そして、最終的な結果がちゃんと出るというのも、番組を構成しやすい要素になっていると思います」(大塚氏) また、受験に挑戦するタレントにも大きなメリットがある。「勉強に取り組んで、成績が上がっていく様子を見せていけば、当然ながらポジティブな印象になりますし、仮に不合格になっても、“知的キャラ”として、新たな仕事を獲得できるチャンスも出てくる。もちろん、あまりにも勉強に対して不真面目だったり、まったく成績が上がらなかったりした場合は、批判の対象になるというリスクもありますが、少なくとも話題になるということは、タレントとしてとても重要。そして、受験勉強をすることで得られるものも大きいはず。仕事と勉強の両立は過酷ではありますが、タレントとしてのメリットは大きいですね」(テレビ局関係者) 4月11日に放送の『100%!アピールちゃん2時間スペシャル』で小倉は、現代文のセンター試験の過去問に挑戦し、50点満点中42点と早稲田大学教育学部の合格ラインをクリア。さらに、英単語200語の暗記も全問正解するなど、受験勉強が順調に進んでいる様子を見せた。早稲田大学合格は簡単なことではないが、本気で取り組む小倉の姿を見ると、その快挙も夢ではないと期待せずにいられない。
2022.05.02 16:00
NEWSポストセブン
【動画】早稲田を目指す小倉優子、カフェで受験勉強姿を目撃
【動画】早稲田を目指す小倉優子、カフェで受験勉強姿を目撃
 早稲田大学教育学部の合格を目指している小倉優子さん。 4月中旬の日曜日、コーヒーチェーンの店内で猛勉強する小倉さんの姿をキャッチしました。 コーヒーカップをテーブルの端に寄せテキストを見ながらノートに英単語を猛スピードで書き進めていた小倉さん。 「じゅけラボ予備校」の番場昭仁さんは「1年での合格は至難の業です。ただ、受験勉強で大切なのは勉強時間よりも集中力です。仕事と子育てを両立させてきた彼女なら合格の可能性も充分にあるでしょう」とコメントしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.04.29 16:00
NEWSポストセブン
ブログを更新し続けている小林麻耶
小林麻耶、福原愛、木下優樹菜…有名人の「家族内ゴタゴタ」を検証する
 有名人につきものなのが“家族内のゴタゴタ”。なかでも小林麻耶による“海老蔵批判”は多くの人から注目を集めている。そこで、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、有名人一家のゴタゴタについて分析する。 * * *“ときぐすり”が効いてきて、やっと本音を吐露 突然始まった小林麻耶サン(42才)による市川海老蔵サン(44才)への攻撃に戸惑っているかたは多いのではないでしょうか。 ご家族内のことなので、本当のところは部外者にわかるハズもありませんし、ああやってYouTubeで暴露するしか方法がなかったと麻耶サンが言うのであれば、それは悲しい。 でも「気持ちはよくわかる」というのが現在のところの私の本音です。 私は麻耶サンがテレビに出るきっかけとなった『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)の構成作家の1人でしたから、同番組のオーディションを受けに来てくれた大学2年生のときから彼女を見続けてきました。 麻耶サンの“ぶりっ子”ぶりが同期メンバーから理解されなかったり、その言動に怒った泉谷しげるサン(73才)から椅子を投げられそうになったりした迷場面も間近で見ていました。明石家さんまサン(66才)から贔屓されているのではないかとのウワサに悩んだりツラかったりしたことも知っていましたが、彼女は本当にがんばり屋さん。最後まで出演してくれたのです。 翌年、妹の小林麻央さん(享年34)が『~から騒ぎ』に出演するようになってからは、自分が麻耶サンからいかに溺愛されていたり、「クリスマスは彼氏より姉や家族と過ごすのが好き」と目を輝かせたりする麻央さんに、さんまサンが「ほんまかぁ?」と大袈裟に驚いていたことも(笑い)。麻耶サンと麻央さんを中心に小林家は本当に仲のよい家族だったのです。 それがいまはどうでしょう。麻耶サンの言葉を100%信じるならば、お母さまは海老蔵サンに洗脳され、お父さまから麻耶サンは絶縁された……と。 大きな悲しみに打ちのめされたとき、人は、千々に乱れる自分の感情のすべてに向き合うことも、悲しみを憎しみに転換することも、すぐにはできないものです。“反撃”を思いついたところで、それをすぐに行動に移せるエネルギーを持ち得る人というのも、そうはいないのでは? たとえば夫を略奪されて、すぐに相手女性を訴えることに気持ちをシフトさせられる人は、本当にすごいと思う。金銭や財産をだまし取られ、すぐに裁判を起こせる人も同様です。 アノ松居一代サン(64才)だって、本当はもう船越英一郎サン(61才)との離婚話に決着がつきそうになっていたのに、その頃から、話を昔に巻き戻して“劇場”をオープンさせましたからね。 そして愛するご家族が突然、自分の前からいなくなってしまったときの“心の復興”ほど時間や年数がかかることはないとも思っています。 とはいえ、一卵性姉妹として、何をするにも一緒だった麻耶サンに、4年という“ときぐすり”が少し効いてきたのでしょう。やっと本音を吐露できるようになったのだなとも思っているところです。 その一方で、こうした家族内のゴタゴタは、実は“よくある話”なのではないかと。私は現在進行形で、ある家族への悔しい想いを抱えているところなのですが、小林家、堀越家のように“役者”が揃っていないし、一般人が絡んでいるので、逆に表沙汰にすることができません。中途半端な有名人(私です)の方がツライんですよ、本当はね。面倒くささの中にも幸せがあるならば輝きを放てる 愚痴はこのへんで終わりにして、いま、ご家族の存在や動向が面倒くさそうな有名人の皆さんのケースについて考えてみましょう。 まずは福原愛さん(33才)です。2人のお子さんを台湾に残して離婚。『女性セブン』がスクープした大谷翔平さん(27才)似の新恋人と結婚したいことを無防備に話し、女友達をドン引きさせていたくらいまでは、まだホノボノしていました。が、“大谷さん”の元奥さまが愛さんへの恨みつらみを話したことから話はいっきに面倒なことに。もともと愛さんを“金づる”だと思っていた元ダンナさまのお母さまやお姉さまを含め、愛さんが再婚して新たな幸せを掴むためには、解決しなければならない面倒なことが、たくさん。そこに気を取られると、前に進めないからでしょうね。 3月23日、『中居正広の3番勝負!レジェンドとガチ対決SP』(日本テレビ系)に出演していた愛さんからは、ダダ漏れと表現したくなるほどのフェロモンがあふれていらっしゃいました。 久々のスポーツバラエティー番組への出演だったので、アスリートとしての一面を全面に出した方が今後のお仕事に役立つと思ったのですが、アスリートとしてではない色気を出さないと心身のバランスがとれなかったのでしょうか。旧家族、新たに作られる予定の家族含め面倒な問題がまだ山積みと拝見しました。 とはいえ、面倒くささの中にも幸せがあるならば、人は、これまでとは異なる輝きを放てるということ。“超有名な一般人”木下優樹菜さん(34才)にも同じことを感じました。慰謝料や養育費の意味もよくわかっていなさそうな木下さんですが、写真集の中の彼女は本当におきれいだったし、ある意味、変わっていなかった。変える気も、変わる気もないのでしょうね。それに、彼女にオファーがあるということは、家族に“面倒くささ”を抱えているかたにはニーズがあるということです。正直もう、タピオカ騒動に興味はありませんが、元夫のFUJIWARA藤本敏史サン(51才)や恋人の年下Jリーガーさんを含めた面倒な今後には、私も興味津々です。 この文脈でいうと、2度目の離婚に向けてまっしぐらというカンジの“ゆうこりん”こと小倉優子サン(38才)も、面倒くささと闘いながら高みを目指す強さを感じます。 当初は、週刊誌報道の「7割はウソです」と言い張るゆうこりんでしたが、最近では離婚することを隠していらっしゃいません。まぁ、家族の面倒くささを許容できなかったのは、ゆうこりんよりもご主人の方だったのでしょうね。独身生活が長かったことを思えば、無理もないのかもしれませんが、家族の場合、こうしたベクトルの異なる人が交ざると、より話が面倒くさくなります。 小林麻耶サンに話を戻すと、「家族とはこうあるべき」「愛する家族には、こうしてあげるべき」という想いが誰よりも強い麻耶サンだからこそ、別の方を向き続けていた海老蔵サンに対し、「許せない」気持ちになってしまうのかもしれません。 そんな中、元妻とのお子さんと一緒に写真におさまる花田虎上サン(51才)の奥さまとか、あれだけ面倒くさい……というか面倒をかける家族がいながらも、春休みになれば、揃って旅行する東尾理子サン(46才)のように、家族の面倒くささを笑顔で乗り越えたかたもいらっしゃいます。 こうして考えると、概して、家族は面倒くさいもの。どこの家族も似たり寄ったりなのかもしれません。 小林麻耶サンには、彼女らしい笑顔が一日も早く戻ってくれることを心から願っています。がんばって!!構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2022年4月21日号
2022.04.09 16:00
女性セブン
【動画】小倉優子、2度目の離婚へ「養育費不要、1人で子育て」
【動画】小倉優子、2度目の離婚へ「養育費不要、1人で子育て」
 早稲田大学合格を目指し、猛勉強中の小倉優子さん。歯科医の夫と3年目の別居中で離婚の決意が固まったようです。別居期間を通して夫から生活費などは受け取っていなかったという小倉さん。 小倉さんの知人は「いまに至るまで生活費も養育費も一切もらっていないんだとか。小倉さんはワンオペ育児に奔走しながらも、仕事はひっきりなしに入ってくるようになったため、お金に困ることはなかったようです」と明かしています。
2022.03.20 16:00
NEWSポストセブン
【動画】小倉優子「早稲田」受験企画に現役予備校講師が「100%無理」
【動画】小倉優子「早稲田」受験企画に現役予備校講師が「100%無理」
『100%!アピールちゃん』の企画で早稲田大学教育学部の合格を目指している小倉優子さん。番組で行った学力テストの結果を踏まえ「1週間で最低15時間の勉強」がノルマとなりました。 早稲田大学の受験に特化した通信教育予備校「早稲田合格塾」の塾長である比良寛朗氏は「かなり厳しい戦い」と指摘。 比良氏は「下手したら中学生レベルの学力からのスタートなわけですし、1日2時間ほどの勉強時間だと合格は100%無理だと言えるでしょう」とコメントしています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.03.19 07:00
NEWSポストセブン
小倉優子、別居3年目で2度目の離婚へ決意「養育費不要、1人で子育て」
小倉優子、別居3年目で2度目の離婚へ決意「養育費不要、1人で子育て」
 ワイドショーの取材に「詳細を話せば妻の仕事への悪影響もあるでしょう」と“意味深発言”を一度したのちは沈黙を貫く夫。自分にも反省すべき点があったと省みながら、育児に奔走する日々や新たな挑戦に向かう姿を発信する妻。その妻こそが小倉優子(38才)だ。「雄弁は銀 沈黙は金」というが、この夫婦の場合はどうだろうか。「最近は楽屋でも英語を集中的に勉強しています。“やらされている”という感じはまったくなく、出番ギリギリまで参考書と単語帳を手放さないほどです(笑い)。受験勉強を楽しんでいるようにすら見えます」(テレビ局関係者) 小倉優子が大学受験に向けて猛勉強を続けている。バラエティー番組『100%!アピールちゃん』(TBS系)の企画で早稲田大学教育学部を目指すことになったのだ。手始めに中学生模試を受けるも、合格ラインの3分の1しか点数が取れないなど、かなり厳しい状況だ。「実はこの企画は、小倉さんからの発案でもあります。3児の母である小倉さんは、教育ママでもあり、小学3年生の長男を全国でも最難関の私立小学校に通わせています。しかし小倉さん本人は、高校時代からグラビアアイドルとして活躍していたため、大学に通っていない。 子供には幼少期から大学進学を見据えた勉強をさせているのに、自分が問題を解けない状況を変えようと思ったみたいです。『来春の受験までは、ほかの仕事を少しセーブしていきたい』と関係者にも相談をしているほどだと聞いています」(前出・テレビ局関係者) 3人の子供をワンオペで育てながら、仕事もこなし、さらに難関大学突破に向けた受験勉強となると、相当な覚悟が必要だ。ここまでストイックになれるのには、別の理由もあるようだ。「小倉さんは、夫である歯科医師のA氏との別居が3年目に入っています。そして実は最近、離婚への決意がようやく固まったようなのです」(小倉の知人) 小倉の結婚生活は、波瀾万丈そのものだった。2011年にヘアメイクアーティストの男性と結婚し、2012年に長男、2016年に次男を出産したが、次男の妊娠中に小倉の後輩タレントと夫の不倫が発覚。2017年に離婚すると、2018年末にA氏と再婚した。「子供のためにも早く再婚したいと思っていたようです。離婚の後、小倉さんは周囲に『次は真面目な人がいい』と言っていましたが、A氏はまさに真面目な人。2人の息子もA氏に懐いていたこともあって、小倉さんは再婚を決めたようでした」(芸能記者) 2020年2月に第3子の妊娠を発表したが、その直後に再びスキャンダルに見舞われた。「2019年12月に、小倉さんが妊娠中にもかかわらずA氏が自宅を出てしまい、別居中だと報じられたのです。原因は、小倉さんが夫に暴言を吐いたからとも、その逆だともいわれ、小倉さんは自身のSNSで《夫を支える妻として私の至らない点がありました》と投稿する事態に。関係修復は困難かと思われていました。 しかし、身重の小倉さんには夫のサポートが必要不可欠で、三男が生まれた際には《主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしておりますので、どうか温かく見守ってください》とコメントするなど、離婚とは違う選択肢を模索する様子も窺えました」(芸能関係者) しかし、小倉の思いもむなしく、ふたりは弁護士を通してでないとやり取りができなくなるなど、状況が好転することはなかった。そんな折、小倉は3人の子供を連れて、都心部のマンションからA氏の職場近くの一戸建てに移り住んだ。「都心から離れたのは、子供を伸び伸びと育てたいという意向のほか、家の中にA氏のためのプライベート空間を確保したいという狙いがあったようです。ギスギスした空気が流れたときにA氏の“逃げ場”があれば、と部屋数が多い一戸建てを選び、夫が戻ってきやすい環境づくりに努めていたようです。しかし、A氏が戻ってくることはありませんでした」(前出・芸能関係者)長すぎた別居期間 そこまでして復縁を望み、努力も続けていたはずなのに、なぜ、小倉の気持ちは離婚へと傾いたのか。前出の小倉の知人が語る。「結局、何をしても夫は戻ってこないと悟ったようです。復縁を諦めただけでなく、もう結婚そのものがこりごりだと言っています。別居が3年目に入ったことで、小倉さんも気持ちが切り替わった。しかも、離婚に際して養育費などのA氏からの支えを受けるつもりもないようなのです」 小倉は、別居期間を通してA氏から生活費などを受け取っていなかったという。「別居当初から、とにかく早く戻ってきてほしいと小倉さんは考えていました。なので『月額いくら』などと決めてしまうと、お金さえ払えば別居は続けられると思われ、その結果、離婚に至ってしまうのではないかと恐れていたのです。 そのため生活費も養育費ももらわない別居生活が始まり、いまに至るまで一切もらっていないんだとか。小倉さんはワンオペ育児に奔走しながらも、仕事はひっきりなしに入ってくるようになったため、お金に困ることはなかったようです」(前出・小倉の知人) 別居報道以降、『好きなママタレランキング』で圏外に落ちていた小倉だが、昨年には上位に返り咲いている。暗礁に乗り上げた結婚生活についても包み隠さず話すようになったことが、多くの人の共感を呼んだのだろう。「世論の反応を感じとって安心したことも大きいでしょう。小倉さんはもはや、経済面だけでなく精神面でも、夫に頼る必要がなくなりました。経済面でいうと、もともと彼女はマネー雑誌で連載をしたり、積み立て投資などもしていて、マネーリテラシーが高いですからね。あとはタイミングだけでしょう。急いで離婚をしたいわけでもないでしょうから、今年中に離婚するかはわかりませんが、決意は揺るがないでしょうね」(前出・芸能関係者) こうした小倉の心境、そして置かれた環境の変化を、別居中のA氏はどう捉えているのか。『女性セブン』は話を聞こうと試みたが、声を掛けようとすると高級外車を急発進させ、走り去ってしまった。夫婦関係専門のカウンセラーが語る。「別居婚は、同居に伴うストレスを感じずに伸び伸びと暮らせるだけでなく、既婚者であり続けられるので世間体も保てる。芸能界でも、上沼恵美子さんや壇蜜さんが別居婚を選んでいます。ただ、別居婚によって軽減されるのはストレスだけではありません。相手が不在の時間が長く続くことで、相手への愛情や、頼りたい、頼られたいと思う気持ちも減っていってしまうのです。 小倉さんの場合も、仕事が順調であったり、ワンオペ育児を応援する世論の声に触れることで『A氏がいなくても生活できる』という自覚や自信が芽生えたのでしょう。それにより、離婚という二文字に向き合えるようになったものと考えられます」 その自信が、早稲田大学を目指すことのモチベーションにもつながっているのだろう。不惑の年を目前にしたワンオペ母の決意は固そうだ。※女性セブン2022年3月31日号
2022.03.17 07:00
女性セブン
好感度大だった小倉優子の装い
小倉優子、早稲田大学受験企画に予備校講師「週15時間じゃ合格は無理」
 タレントの小倉優子(38)が、1年後に早稲田大学教育学部に合格することを目指して受験勉強中だ。2月21日に放送された『100%!アピールちゃん』(TBS)で密着企画がスタートした。 2018年12月に歯科医の男性と再婚した小倉だが、現在は別居し、息子3人をひとりで育てている。同企画では子どもの教育をする上で、「私にもうちょっと知識があったら」という感情が湧いたと説明。「5年頑張ったら、この先の人生が違う」と受験・進学に意欲を燃やした。 しかし、番組で行った学力テストの結果を踏まえ、中学レベルの勉強からやり直すことに。今後は国語、英語、現代社会の3教科に注力し、「1週間で最低15時間の勉強」をノルマとすることになった。 小倉をサポートするテレビドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の監修も務めた現役東大生の西岡壱誠氏は、「合格させてみせます!」と宣言。番組を視聴しながら「その気になれば自分だって早大生になれるんじゃないか」と夢をふくらませた人もいるかもしれない。しかし、早稲田大学の受験に特化した通信教育予備校「早稲田合格塾」の塾長である比良寛朗氏は、「かなり厳しい戦いになる」と冷静に指摘する。「やはり勉強時間が少ないかと思います。『1週間で15時間の勉強』ということは、1日あたりの勉強時間は2時間ちょっとですよね。1日で12時間くらい勉強している受験生は大勢います。高校入学レベル、下手したら中学生レベルの学力からのスタートなわけですし、こういう言葉はあまり使いたくありませんが、1日2時間ほどの勉強時間だと合格は100%無理だと言えるでしょう」(比良氏、以下同)教育学部は「早稲田受験の天敵」を避けられる 西岡氏の「まずは偏差値が高いところを目指す」「教育学部は全て4択問題。100点満点中25点ぶんは鉛筆転がしても当たる」というアドバイスにより、小倉は早稲田大学教育学部を目指すことになっている。 早稲田の受験対策を熟知する立場として、比良氏も教育学部を狙う作戦には賛成だ。「『早稲田の中でも教育学部は比較的受かりやすい』というのは、僕もそう思います。4択問題という入試形式もそうですし、『早稲田の受験生の間で第1志望に選ばれにくい学部』という点も理由として挙げられます。多くの受験生は、政治経済学部や商学部、法学部といった人気学部を第1、第2志望にして、教育学部は第3志望あたりに入れています。そのためライバルの受験生たちは、教育学部対策が手薄になりがちなのです。 また、早稲田を受験する上で一番の天敵と言えるのが、東大や京大、一橋といった超難関国立大の滑り止めとして早稲田を受ける層です。しかし、こういった受験生たちが教育学部を受ける可能性は低いでしょう。こういった点から、あえて教育学部を第1志望に“逆張り”する戦略は正しいと言えます」 もちろん教育学部を狙うデメリットもある。「頻出の出題傾向があるわけではなく、求められる知識の幅が広い。そういった難しさはありそうです」 比良氏は予備校講師として、多忙な芸能人の受験をサポートすることも少なくない。その経験から、「僕が小倉さんに個人的に勧めたいのは、他大学のAO・自己推薦入試、もしくは早稲田大学の通信教育課程です」と語る。 「ペーパーテストでは測れない特殊な経歴を持った人材を募る方法として、多くの大学がAO・自己推薦入試を実施しています。ただ早稲田大学は自己推薦入試のハードルが少し高く、グローバル色の強い人材か、高校での評定に重きが置かれます。タレントという小倉さんのバックグラウンドを強みとするなら、他大学のAO・自己推薦入試を受けるほうが向いていそうです。慶應大学のAO入試を含む『総合型選抜入試』はひとつの選択肢かもしれませんね。通信だと自宅で授業を受けることができるので、芸能活動や育児との両立も比較的楽なはずです。かりに小倉さんが現在の週15時間の勉強で目指すとしたら、『日東駒専ライン』に合格できたら御の字かと思います。あとは慶應の通信課程から大学院に入り直したロンドンブーツ1号2号の田村淳さんのルートは大いに参考になるんじゃないでしょうか」 早稲田合格を目指して、困難な道を歩み出した小倉。来年の今頃は、“サクラサク”となっているか──。
2022.03.07 19:45
NEWSポストセブン
【動画】小倉優子、涙で「別居」認めるも「逆効果」の声
【動画】小倉優子、涙で「別居」認めるも「逆効果」の声
 11月8日放送の『100%!アピ~ルちゃん』で夫との別居を認めた小倉優子さん。別居報道が出た際、三男を妊娠中だった小倉さんは当時のことを振り返り「ひとりで3人どうしようかなって」と涙ながらに語りました。 この放送を受けて、同情の声がある一方で、夫に対するアピールとして受け止めたネットユーザーもいるようです。ネット上では〈こんなの放送されたら修復不可能〉〈夫が悪者になるから逆効果だと思う〉などの厳しい声もあがっています。 3人の子育てをする小倉優子さん、幸せになって欲しいですね。
2021.11.14 16:00
NEWSポストセブン
好感度大だった小倉優子の装い
小倉優子が涙で「別居」認めるも「逆効果」の声が出るほどこじれた理由
 タレントの小倉優子(38)が、11月8日放送の『100%!アピ~ルちゃん』(TBS系)で夫との別居を事実上、認めた。1年前から暮らす賃貸の一戸建てを初公開し、「本当はこんなに広くなくていいんですけどね」とぽつり。「実質、私ひとりじゃ足りない。もっと子どもたちにしてあげたいことがいっぱいあるのに、私はひとりしかいないから」と息子3人をひとりで育てる難しさについて語った。 別居報道が出た当時は三男を妊娠中だった。小倉は「本当に一時期は自暴自棄じゃないけど……。仕事を出産で休んでいて、『もう私は芸能人として戻れないんだな』って思っていた。ひとりで3人どうしようかなって」と涙ながらに振り返り、「最近やっと仕事も少しずつ戻ってきて、力になってくれるママ友もいて、ありがたいし感謝しかない」と語った。〈頑張り屋さんだな〉と小倉に同情する声の一方で、今回の告白を夫に対するアピールとして受け止めたネットユーザーもいるようだ。〈こういう番組に出て、戻ってきてってことなのかな〉〈夫が悪者になるから逆効果だと思う〉〈テレビの影響力の強さはわかっているだろうに〉〈こんなの放送されたら修復不可能〉という厳しい意見もある。 2018年12月に再婚した歯科医のA氏との話し合いは長引いている。「Aさんが家を出てからも、話し合いは平行線でした。別居が始まった当時、Aさんは周囲に“芸能人と結婚するんじゃなかった”とこぼしていたようです。一方の小倉さんは“まだやり直せる”と思っていたけれど、Aさんは弁護士を立てて離婚に向けた話し合いを進める姿勢を見せてきた。小倉さんは、2020年1月、Aさんがいなくなった新居から親子で引っ越しました。幸せに満ち溢れていたはずの新居は、3か月も住まず、3月上旬に解約されたと聞いています」(小倉の知人) コロナ禍もやり取りの長期化に拍車をかけたようだ。『女性セブン』2020年7月30日・8月6日号では、芸能関係者がこのように証言していた。「離婚問題は全く進展していません。小倉さんとしては、子供たちのためにも夫の気持ちが変わること、元のサヤに収まることを望んでいるのですが、弁護士に相談しようにも、コロナのせいで打ち合わせがなかなかできない状態で、1か月近く足踏みをしているようです」(芸能関係者) コロナ禍のせいで実家を頼ることもできず、小倉はワンオペ育児で苦しい期間を過ごした。ようやく感染状況も落ち着き、話し合いも一気に進みそうだ。
2021.11.09 19:00
NEWSポストセブン
【動画】小倉優子、まるで20代の私服姿 「12分5万円」のエステ効果か
【動画】小倉優子、まるで20代の私服姿 「12分5万円」のエステ効果か
 昨年のクリスマス直前。 都内の繁華街に小倉優子さんが現れました。 20代の時のグラビアアイドル時代と変わらない抜群のスタイルにアラフォーには見えない若々しさをキープする小倉さん。 美しさの秘密は、この日持っていた紙袋にあるかもしれません。 有名女性ヘアメイクは「表参道にある芸能人ご用達の高級スパのものですね。『12分5万円の施術』をうたっていて他にも12万円、30万円以上といったコースがあります」と解説しています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.01.27 16:00
NEWSポストセブン
小倉優子、まるで20代のルックス「12分5万円」のエステ効果か
小倉優子、まるで20代のルックス「12分5万円」のエステ効果か
 昨年のクリスマス直前。都内の繁華街を、マスクをつけて歩く小顔の美女。清潔感に溢れたロングコートが、キュートさを一層引き立たせている。タレントの小倉優子(37才)である。 昨年は大変な年だった。2月に第3子の妊娠を発表するも、直後に2019年の年末から夫と別居していたことが発覚。1年前に再婚した40代男性歯科医の夫からは、離婚と前夫との間に生まれた2人の息子との養子縁組解消を求められていたなどと報じられた。 小倉をよく知るある芸能関係者は、「結局、別居したまま7月に三男を出産。今でも1人で3人の息子を育てていますよ」と明かす。出産後は、別居中の夫が実の息子となる三男に会いに来ているという情報があり復縁説も流れたが、苦しい1年だったと言えるだろう。 ただ、この日の姿や日々投稿されるインスタグラムからも分かるように、アラフォーには見えない若々しさ。スタイルも20代の時のグラビアアイドル時代と変わらない細さをキープしている。 その若さや美を保つヒントが、小倉が左腕に下げている水色の紙袋にあるのかもしれない。美容に詳しいある有名女性ヘアメイクは「この紙袋は、表参道にある芸能人ご用達の高級スパのものですね。『12分5万円の施術』をうたっていて、他にも12万円、30万円以上といったコースがあります」と解説した。「最短12分で小顔に導くモナコで話題の美容施術」をセールスポイントにして、バラエティー番組『マツコ会議』(日本テレビ系)でも紹介された同店には、数多くの著名人が通っているという。「中でも奥菜恵さんは常連で、夫の木村了さんと一緒に同店のインスタグラムにも何度も登場しています。ゆうこりんは、このエステで販売している美容グッズでも持っていたのかな」(前出・有名ヘアメイク) 小倉がスパの常連客なのかは不明だが、毎日の子育てで忙しいながらも、きっちり美容にも手をかけているからこその若々しさなのだろう。 インスタグラムで公開される手の込んだ手料理に、ケーキなどの手作りスイーツの数々。セレブな日々を送っているが、夫との関係は不透明なまま。家庭と美を守り続けてきた小倉に、今年は良い展開が訪れるのだろうか。
2021.01.21 16:00
女性セブン
【動画】小倉優子、離婚寸前から一転、復縁へ! 食事写真が4人分に
【動画】小倉優子、離婚寸前から一転、復縁へ! 食事写真が4人分に
 今年3月、一昨年末に再婚したばかりの夫との別居報道で世間を騒がせた小倉優子さんに、関係修復の兆しが見えているようです。 小倉さんの知人は「最近、頻繁に更新しているインスタグラムが変化のバロメーター」と指摘。 知人によると「ゆうこりんは食事の写真を頻繁にアップするのですが、最近4人分になっているんです。第3子は生まれたばかりなので食べられません。これは夫への“復縁アピール”ではといわれています」とのことです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2020.11.07 16:00
NEWSポストセブン
小倉優子
小倉優子、別居の夫と復縁へ インスタでも関係修復アピール
 今年3月、一昨年末に再婚したばかりの夫との別居報道で世間を騒がせた小倉優子(37才)だが、状況が変化しているという。「最近のゆうこりん、人が変わったように明るいんです。“暗黒状態”だった春から状況が一変していますよ」 小倉の知人は、彼女の近況をそう明かす。「当時の小倉さんは妊娠していたのに、歯科医の夫Aさんが突然家を出てしまい、弁護士を通じてしか話せないほど不仲になったと報じられました。小倉さんがAさんに“人間が小さい”と罵ったことが原因などとも報じられていました」(芸能関係者) 小倉には前夫との間に長男と次男がいるが、この7月にはAさんとの間に授かった男児を出産。夫不在の中での出産とみられ、離婚は避けられない状況ともいわれていた。だが、このとき、夫婦仲は改善されつつあったという。「お子さんが生まれてから、Aさんと会っているんです。厳密には、“Aさんがお子さんに会いに来てくれた”ということで、別居が解消されたわけではないようですが。でも、いまは弁護士を介さずに直接話もできているし、ゆうこりんは“絶対に離婚はしないから”とまわりに言っています」(前出・小倉の知人) 7月の出産後、小倉は3月から休止していたインスタグラムを頻繁に更新しているが、これが“復縁”へのバロメーターになると知人は指摘する。「ゆうこりんは食事の写真を頻繁にアップするのですが、それが最近4人分になっているんです。第3子は生まれたばかりなので、食べられません。これは夫への“復縁アピール”ではといわれています。あらゆる手段を使ってAさんとの関係修復に励んだ、ゆうこりんの剛腕が発揮されたのでしょう。インスタの写真からAさんとの距離感がみえるという人もいます。 彼女は記念日を何より大事にする人。次のクリスマスは結婚記念日でもあるので、それまでにはいまよりもっと夫婦仲が改善されているのでは」(前出・小倉の知人) 小倉のインスタグラムで復縁が報告される日も来るかもしれない。※女性セブン2020年11月19日号
2020.11.04 15:55
女性セブン

トピックス

逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
巨人に13.5ゲーム差でヤクルトが首位独走 「CS開催の必要あるのか」の指摘も
巨人に13.5ゲーム差でヤクルトが首位独走 「CS開催の必要あるのか」の指摘も
NEWSポストセブン
左から主演のオースティン・バトラー、妻役のオリヴィア・デヨング、バズ・ラーマン監督、トム・ハンクス(EPA=時事)
『トップガン』『エルヴィス』大ヒットが示すアメリカの“昭和ブーム”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”“のスキル
週刊ポスト
判決が出る前に謝罪動画をYouTubeに公開していた田中聖(公式YouTubeより)
出身地を隠さないアイドルだった田中聖 罪を償い寛解したなら帰る場所はある
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン