• TOP
  • ライフ
  • 冷凍食品の炒飯、プロが実食判定 コンビニは苦戦?

ライフ

2020.07.18 07:00  女性セブン

冷凍食品の炒飯、プロが実食判定 コンビニは苦戦?

中華料理店の品格を感じる本格派。ニチレイフーズ『本格炒め炒飯』

 在宅ワークが続き、少しでも手間を省きたい人々にとってありがたい存在の冷凍食品そこで、人気の冷凍食品をその道のプロに実食してもらい、4項目5点満点(満点は60点)で評価してもらった。ガチでおいしい冷凍食品はどれだ? 今回は「炒飯」を判定する。

【実食したプロ3名】
菰田欣也さん/ファイヤーホール4000、4000 Chinese Restaurant 店主。巨匠・陳建一の元で四川料理を極め、2018年に独立。火鍋専門店と四川料理レストランのオーナーシェフに。レシピ本の著書多数。

管理栄養士・川村郁子さん/病院勤務を経て、独立。栄養専門学校講師やサイト運営で食に関する情報を発信。冷凍食品にも詳しい。

冷凍食品ジャーナリスト・山本純子さん/ウェブサイト『冷凍食品エフエフプレス』編集長。冷凍食品の取材を38年続け、進化の様子を見てきた。

●炒飯
 定番人気のため、いまや数十種類以上の商品が発売され競争も激しい。「コンビニPB系も有名メーカーが製造していますが、コストカットで質の差がハッキリ出ています」(山本さん)。

◆ニチレイフーズ『本格炒め炒飯』
450g 268円(編集部調べ)

総得点:58点

【菰田さん】
米のパラパラ感:5点、香ばしさ:5点、具のボリューム:5点、味のバランス:5点
合計:20点
「お店のように全体に卵がきれいに散っていてご飯にもコーティングされ、品があるね。甘めのチャーシューは広東風の本格派」(菰田さん)

【川村さん】
米のパラパラ感:4点、香ばしさ:5点、具のボリューム:4点、味のバランス:5点
合計:18点
「シンプルで香ばしく、塩分控えめなのもうれしい」(川村さん)

【山本さん】
米のパラパラ感:5点、香ばしさ:5点、具のボリューム:5点、味のバランス:5点
合計:20点
「煮汁まで使う自家製チャーシューは旨みたっぷり」(山本さん)

◆マルハニチロ『あおり炒めの焼豚炒飯』
450g 298円(編集部調べ)

総得点:51点

【菰田さん】
米のパラパラ感:4点、香ばしさ:4点、具のボリューム:4点、味のバランス:4点
合計:16点
「全体的にニチレイの方が格上。卵の塊はやや大きめで、少しボソボソ」(菰田さん)

【川村さん】
米のパラパラ感:4点、香ばしさ:4点、具のボリューム:4点、味のバランス:4点
合計:16点
「塩分が少し多め」(川村さん)

【山本さん】
米のパラパラ感:5点、香ばしさ:5点、具のボリューム:4点、味のバランス:5点
合計:19点
「赤坂璃宮オーナーの炒飯づくりに関するデータを数値化し、再現できる機械を作る徹底ぶり。それゆえに本格的な炒め感アリ」(山本さん)

◆セブン-イレブン『直火炒め極上炒飯』
300g 298円

総得点:50点

【菰田さん】
米のパラパラ感:5点、香ばしさ:5点、具のボリューム:3点、味のバランス:4点
合計:17点
「ご飯を炒めた香ばしさが強いけれど、具はそこまで目立たない印象」(菰田さん)

【川村さん】
米のパラパラ感:4点、香ばしさ:4点、具のボリューム:3点、味のバランス:4点
合計:15点
「卵がふわふわ」(川村さん)

【山本さん】
米のパラパラ感:4点、香ばしさ:5点、具のボリューム:4点、味のバランス:5点
合計:18点
「お米が一粒一粒際立っています。コンビニ商品でこのクオリティーなら満足」(山本さん)

関連記事

トピックス