• TOP
  • 芸能
  • 三浦春馬さんの“ある言葉”に感じた生への危うさと脆さ

芸能

2020.07.28 07:00  NEWSポストセブン

三浦春馬さんの“ある言葉”に感じた生への危うさと脆さ

三浦春馬の“遺作”となった『Night Diver』のMVは7月27日までに830万回再生を超えた(Imaginechina=時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は、7月18日、30才の若さで亡くなった俳優の三浦春馬さんについて。

 * * *
『ミュージックステーション 夏の3時間半SP』(テレビ朝日系)で7月24日、8月26日に発売される三浦春馬さんのセカンドシングル『Night Diver』のミュージックビデオ(MV)が放送された。30才で亡くなった三浦さんの最後のパフォーマンスだ。

 大量の雨を降らせたセットの中、ライトの明かりを背に受けながら、白いシャツに黒いズボンというシンプルな衣装で画面に現れた三浦さん。裸足の足先や指先にまで神経を行き届かせ、繊細に丁寧に、それでいてダイナミックにキレのあるダンスを披露した。揺れるシャツの裾、足先から上がる水しぶきや顔を伝っていく水滴さえ、彼の感情を表すように操られていく。その表情は切なくも美しく、見事なまでのパフォーマンスに心を掴まれ、突然の訃報がさらに悲しいものになっていった。

 本当ならこの日、三浦さんは生出演で同曲を披露する予定だった。三浦さんのスタッフが、「彼が最後に残した楽曲やパフォーマンスを記憶に残してほしい」と番組に相談し、放送されたという。YouTubeで公開されたMVは、既に再生回数830万回を超えた。

 仕事では役にのめり込むあまり、役から抜けるための時間が必要だったというほど真面目でストイック。あるインタビューでは、思ったことを抱え込んでしまう、溜めこんでしまうタイプと自らを評していた。人には優しく心を配り、誰からも好かれていたという。コロナ禍で中止になったものもあるが、仕事は順風満帆で予定が目白押しだった。だが、お酒の量が増えていたという報道や、友人や後輩の活躍に焦っていたのでは、と報じるメディアもあった。

 なぜ三浦さんはこんな結末を選んでしまったのか、自ら命を絶ってしまうほど何に追い詰められ悩んでいたのかは分からない。だが、悲報とともに流されたある映像での三浦さんの言葉が引っかかった。それは、彼の誕生日、4月5日に行われた初めてのインスタライブでのことだ。彼が今も元気でいれば何ら気にも留めない言葉。誰もがスルーし、その言葉を使った彼でさえ何気なく口から出ただろう言葉。

「皆さまのおかげで無事に30才を迎えました」

 三浦さんはそう言いながら、カメラに向って照れたようにはにかんだ笑顔を見せ、小さく自分に拍手した。これだけ聞けば何も問題はない。だが、“無事に”という言葉を誕生日に使ったことが、妙に気になったのだ。

関連記事

トピックス