国内

電通の“中抜き”が小悪党に見える麻生、二階氏らの私腹肥やし

コロナ禍でもパーティー(時事通信フォト)

 コロナ危機に国民が苦しんでいるのを尻目に、“私腹”を肥やしている政治家は国民への裏切りも甚だしい。

 麻生太郎・副総理にはこれまで森友事件にからむ財務省の文書改竄問題の対応やコロナでは「民度のレベルが違う」発言など政治家としての資質が問われる言動は枚挙に暇がない。しかし、とりわけ国民にとって許しがたいのは東京の感染者数が最多記録を更新していた7月16日、都内で参加者1000人規模の盛大な麻生派資金集めパーティを開いたことだ。

 政府はコロナ不況に苦しむ業界や企業などに総事業費200兆円もの経済対策を打ち出した。その巨額のバラマキ補正予算を組んだ財務大臣の麻生氏が、せっせと業界にパーティ券を売りさばいて政治資金を肥え太らせていたのである。

「庶民感覚でいえば、一番必要ないのは危機のドサクサに利権を貪る火事場泥棒のような政治家です」

 そう語るのは経済ジャーナリスト・荻原博子氏。

「問題になっているGo Toキャンペーンを推進したのは観光業界のドンである二階俊博・幹事長です。この政策は感染が終息してからやるべき。ところが、感染第1波が来て、死ぬ思いをしている人、困っている人を助けるために4月に組まれた1次補正予算にはもうGo To予算が1兆7000億円も盛り込まれていた。休業補償の雇用調整助成金8000億円より多い。

“おっ、この火事場でカネが使えるぞ。だったらオレの業界にも流そう”とばかりに族議員たちが補正にねじ込んだ。そのトップが二階さんという図式です。それに比べれば電通がやった持続化給付金の中抜きなんて小悪党レベルです」(荻原氏)

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン